トップページ | 2006年10月 »

2006年8月26日 (土)

約束の家

障害者にとって「自分の家」は本当に垂涎の的です。

賃貸物件の場合、大家からの差別もありますが、特に私と同じ障害を持つ人はたとえ知能が高かったとしても海千山千の不動産屋を相手にうまく折衝することができません。その能力が生まれつき欠落しています。どんなトラブルに巻き込まれるか…。と考えると、「自分の家があったらどんなに気楽だろうか」という気持ちになるのです。一生、誰からも追い出されることのない住処。Photo_28

そんな夢を図にしてみました。クリック→

18畳ほどのワンルームです。敷地は
一般的な狭小地を想定。

両隣にピッタリと近接して隣家が建て込んでいるので、トップライトからの採光を考えました。

障害をもつ人たちの居住環境

9坪ハウス 小さな家で大きな暮らし

小住宅の構造―Integrated identity

ありえない家 トーキョー狭小住宅物語

GA HOUSES―世界の住宅〈96〉

エレガント・ハウス―フランク・ロイド・ライト

世界の住宅〈別冊02〉MASTERPIECES 1971‐2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

50年代へタイムスリップ!

この2週間ずっと欲しかっPhotoた「メカナイズド・ロボット」が今朝届いた(左の写真をクリック)。

映画『禁断の惑星』のロビー・ザ・ロボットがモデルの定番ブリキ玩具で、世界中に愛好家やコレクターがいるという、名誉ある趣味。

ブリキのロボットに興味を持ってから、初めて手に入れた1号機がコレ。

私としては「メカナイズド・ロボット」よりも「スパーキー・ロボット」が目当てだったが、それを手に入れるまでのつなぎとして注文した次第。

しかし今ではこの「メカナイズド・ロボット」にもすごく惹かれている。(マニアックにいえば「スペース・トゥルーパー」という商品であり、「メカナイズド・ロボット」とは違うのだが、観念的には同じアイテムである。今回の「スペース・トゥルーパー」以外にも「プラネット・ロボット」や「ピストンアクション・ロボット」など様々なブリキ製ロビーがある)

ロビー・ザ・ロボットの魅力は玩具っぽさとリアリティという相反する長所を、高い次元で併せ持っていること。と、理論的に考えて注文したが、実際に商品が届いて「自分のメカナイズド・ロボット」と対面した瞬間、理論は吹っ飛んで無条件に嬉しい感覚に捉われた。素晴らしいロボットである。

禁断の惑星【ワイド版】

ロビー・ザ・ロボットバンク

ロビー・ザ・ロボット・ダイキャストフィギュア ノーマル

改・ブリキロボット 北原照久コレクション

BANDAI(バンダイ) お酌ロボット シャクライ君

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

90年代へタイムスリップ!

アンジェラ・アキの洋楽カバー“KISS FROM A ROSE”最高!
私の父が大好きな「青い影」のカバー入っているが、これは凡庸。
驚いたのは私の青春時代を彩ったフィオナ・アップルのカバーまであること!
そして黒縁メガネの女性シンガーソングライターというキャラも、懐かしの90年代洋楽の雰囲気で大興奮!!
とにかく“KISS FROM A ROSE”のカバーは最高の出来。
デビュー曲“HOME”もミーハーな気分の時にいいね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

ブログ考

ブログには資料的価値が不可欠だが、素人には難しい。

三流ブロガーの目的は何なのか?

理屈の上では、堅気の一般人が専門的でない情報を発信しても梨のつぶてになるはず。

みんなブログ作り自体が目的なのだと思われる。私は不安だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロセス派のみなさまへ

みんなは過程に生きている。

結果を求めない努力ばかりしている。

アスペルガーがキリギリスなら健常者はアリ。

美意識の違いか?

前者は必ず行き詰まり、後者は死ぬまで発展途上。

一長一短だがどちらが幸せか?

「機会の平等」から「結果の平等」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の生物

P8090206庭先に謎の生物が横たわっているのを発見した(左の写真をクリック)。

最初、細くて長い脚を見て昆虫の死骸かと思った。しかしよく見てみると哺乳類のような表情豊かな顔がある。

  全長8センチ くらいか。この生物の正体は何か?

幻獣辞典

幻獣大全〈1〉モンスター

幻獣・UMA・妖怪/幻想世界の扉―妖怪画集シリーズ〈2〉

幻獣絵巻~日本の物の怪(もののけ)シリーズ~≪動画付きPDF版≫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年10月 »