« アンジーへの手紙 | トップページ | 自閉ネコのイレギュラーな日常 »

2007年4月22日 (日)

自閉症の子猫

Photo_45自閉ネコがこんなに大きくなりました。Photo_47

←出会った頃はこんなに小さかったのに(クリックで画像拡大)。

といっても閲覧者のみなさまには何のことか分かりませんよね。実はウチの庭先に高機能自閉症としか思えない子猫が現れるようになったんです。

ある日、私は何の気なしにウチの庭先へ出たところ、勝手に入り込んで遊んでいた母ノラ猫と数匹の子ノラ猫とばったり出くわした。驚いたノラ猫家族は一目散に逃げ出して、アッという間にいなくなってしまった。

ところが一匹だけ、ポツーンと取り残されて動かないチビ猫がいる。私は逃げられるのを覚悟で恐る恐る近づいてみるが、全く逃げる気配がない。

むしろ(雌である)彼女の方がこのイレギュラーな状況を飲み込めずに不思議そうな表情を浮かべている。ついに数センチの距離に迫った。それでもその場を動かない。私は意を決して触ってみた。無抵抗である!こんなノラ猫は初めてだ。

Photo_48

←ここまで近づいても逃げも抵抗もしない!危機意識が無いのだ。極めて珍しいノラ猫!教室に取り残される自閉症児そっくりではないか。ネコにもいた!

その後も同じようなことが何度もあった。一番多かったのは他の兄妹が単独行動できるようになってもまだ、この子だけが母親と一緒に階段の上り下りを練習していて、その足音に気づいた私が庭へ出て行って母親だけがパッと逃げ去るケースである。

あとに残された「大きな子猫」を私がかわいがっていると、遠くから母親が心配そうにこちらを見つめている。私が近づくと母親は完全に撤退して、いなくなってしまう。

私がかわいがるのをやめて屋内に引き揚げ、自閉ネコがひとりでボンヤリしていると、そのうち母親が迎えに来てスゴスゴと帰っていくのである。毎回、同じパターンで練習が中断してしまう。私が悪いのかな?

発達障害の子を育てる母の気持ち

発達障害かもしれない 見た目は普通の、ちょっと変わった子

お母さんの学習室―発達障害児を育てる人のための親訓練プログラム

↓我が家で使ってみたら糞害がピタリと治まった!  『キャット逃げら~Ver2.0』乾電池式

|

« アンジーへの手紙 | トップページ | 自閉ネコのイレギュラーな日常 »

自閉ネコ」カテゴリの記事

コメント

可愛い子ネコちゃんですね
そんなに近づいて逃げないネコもびっくりです

お母さんネコも心配だろうな~~

投稿: 花李 | 2007年4月28日 (土) 13時59分

花李様
コメントありがとうございます。
あなたは自閉世界で最初のコメンテーターです。本当に嬉しいです。
世間では自閉症といえば人間嫌いで口をきかない人という事実誤認がありますが、私は人と繋がりたいのです。
これからも自閉ネコの記事を書いていこうと思っておりますので、応援の程どうぞよろしくお願いしますm(__)m

投稿: オールドニック | 2007年4月28日 (土) 21時23分

けがれを知らない天使ってこの子のことかしら

かわいいですね 成長を楽しみにしています

投稿: 9dq123-2 | 2007年5月16日 (水) 14時09分

自閉ネコへのご声援ありがとうございます。

“けがれを知らない”

とは、まさに言い得て妙ですねぇ。

本当のことをいえば、私は子供のままでいて欲しいと思っているんです。お嫁にいって欲しくないんです。

この気持ち分かりますか?

投稿: オールドニック | 2007年5月16日 (水) 23時30分

びっくりしました。
そっくりな仔猫が、うちにいます。
顔つき(目つき)がソックリです。
ノラの母猫が、うちの納戸に連れてきました。
あきらかに、動きがスローで、ホワ~ンとしてて、あぶなっかしいです。
ノラとして、生ていけるのか心配です。
母猫が、子離れしたら、保護してあげようか、迷っています。

投稿: あずきママ | 2015年7月 1日 (水) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/14814930

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉症の子猫:

» 自閉症 [自閉症(広汎性発達障害)の子と暮らす]
自閉症(広汎性発達障害)と診断された U氏のゆったりマイペースな成長記録。 症状や特徴、書籍、知育玩具情報も。 [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 12時22分

« アンジーへの手紙 | トップページ | 自閉ネコのイレギュラーな日常 »