« 羅経盤 | トップページ | 方位取りアラカルト »

2007年5月 6日 (日)

約束の地

イカこども氏より教えていただいた耳寄り情報がある。

東京では理屈が通じる(!)のだそうだ。確かに全国から、世界から、いろいろな人間が集まる都市であることを考えれば、理屈の正しさが共通の言語として使われるのは理の当然といえる。筋が通る。

日本中の少数派、自閉難民は首都を目指せ!

自閉都市トーキョーこそ、私達の約束の地である。

異国トーキョー漂流記

東京で暮らす 23区全詳細〈’96〉

トーキョー・リアルライフ 42人の消費生活

東京生活カタログ〈Vol.1 暮らす〉

東京で暮らす―都市社会構造と社会意識

Tokyoで図太く暮らす法―都会生活がオ・イ・シ・クなるノウハウ&データ満載

ライフスタイルで決める住まい―誰と・どこで・どう暮らす?

僕、トーキョーの味方です―アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由

トーキョー・フリータースタイル 東京に暮らす49人の「時間」と「お金」 マーブルブックス

|

« 羅経盤 | トップページ | 方位取りアラカルト »

発達障害・マイノリティ」カテゴリの記事

コメント

管理人さん、さっそく私の自説を紹介くださってありがとうございます。

私は東京の中心に5年ほど住んでおりましたが、
今思うと(就労継続の難しさは別にして)自閉症スペクトラム者にとっては
実に生活しやすい都市だと感心しております。

全国各地からのみならず、世界中からいろんな文化を持った人が集まる国際都市だから、
誰にでもわかる共通のルールを作って、それを守ってさえいればとりあえずは誰も文句を言わないわけです。
そりゃ陰で何言われてるかわからない面はあるかも知れませんが、法律を遵守している限りは全く問題なしです。
古い土地柄や歴史ある地縁血縁共同体にありがちな「シキタリ」だの「慣習」だの
「暗黙の了解」だのの影響力が相対的に低いと言うのはほぼ間違いないでしょう。

生活の糧(収入)さえ確保できるのであれば、間違いなく東京は住みやすいはずですよ。
ただ、職場には東京といえども、その組織内独自の暗黙の了解とか空気を読む文化はあります。
そこさえクリアできれば、東京ほど住みやすい都市はないかと思います。

ブログの読者さんで、地方都市で「ここは東京以上に住みやすい(はず)」というのがあったら理由も添えて教えて欲しいです。

それでは、また。

投稿: イカこども | 2007年5月 6日 (日) 23時05分

イカこどもさん、解説どうもありがとうございます。

詳しくお話を伺って、ますます東京へ移住したくなりました。

これを見ている自閉症スペクトラムの方々、みんなで協力して「約束の地」を目指しましょう!

投稿: 管理人 | 2007年5月 6日 (日) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/14969336

この記事へのトラックバック一覧です: 約束の地:

« 羅経盤 | トップページ | 方位取りアラカルト »