« アンジェラ・アキ暗殺計画 | トップページ | 自閉ネコのちょっとハーフタイム »

2007年6月 9日 (土)

大日本人

Photo_99

“その男はけっこう優しく、仕事には真面目に取り組むのに、ちょっとしたミスが多く、周りの人に勘違いされる”

発達障害者のことではない。かの『大日本人』である。

パンフレットは封印されていた↓Photo_100

心が痛い。松本人志は人間の悲しみを分かっている。

筆者は劇場からの帰り道もずっと、胸がドキドキしていた。

感じやすい人は観ない方がいい。鬱になりますよ。

大日本人の家の軒先に貼るステッカー付きPhoto_101

1時間53分はアッという間だった。陰湿なブラックユーモアである。

注文を付けるとしたら、ラストにもう少しロジカルなオチが欲しかった。

ラスト直前まで主人公の悲痛・悲哀が壮絶を極めたから、オチも主人公で完結して欲しかった。

これは筆者の想像に過ぎないが、主人公の名前“大佐藤”は、古代ローマの軍人“大カトー”から取ったものではないか? だとしたらスター・ウォーズしかり、所詮サブカルチャーも学のある奴らがプロデュースしているという冷厳な現実が見え隠れする…(-_-;)

ちょっとだけネタばらしすると、『大日本人』は切ないマイノリティの物語である。日本版『 X-MEN 』って感じ!?

Photo_103 Photo_104 Photo_105

大日本人アート&シナリオブック

|

« アンジェラ・アキ暗殺計画 | トップページ | 自閉ネコのちょっとハーフタイム »

邦画&テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15296763

この記事へのトラックバック一覧です: 大日本人:

» 映画『大日本人』 [遠い海から来た・・]
松本人志第一回監督作品『大日本人』公式サイト大日本人デザイン:天明屋尚音楽:テイ [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 20時51分

« アンジェラ・アキ暗殺計画 | トップページ | 自閉ネコのちょっとハーフタイム »