« 実録!オールドニック | トップページ | 消費者スクール »

2007年6月13日 (水)

自閉年代記

1943年、米国の児童精神科医レオ・カナーが論文で初めて自閉症を報告した。「自閉症」という名前は、この症状が器質性のものとは分からなかった時代にカナーが精神分裂の症状から命名したモノである。ゆえに今日では不適当との声も高い。

一般的には知的障害を伴った自閉症をカナー型と呼んでいるが、最初に報告されたカナーの症例11件の中にはハイファンクションも含まれていた。

1944年、オーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーによって知的障害の無い自閉症が報告された。今でいう高機能自閉症である。しかし当時のオーストリアは敗戦国であったため、この報告が英語圏で脚光を浴びるのは1980年代になってからである。

ハンス・アスペルガーの論文は書籍『 自閉症とアスペルガー症候群 』で読むことができる。

1960年代後半、英国の精神医学者マイケル・ラターによって自閉症が先天的な脳の機能障害であることが指摘された。それ以前は自称心理学者のブルーノ・ベッテルハイムらによって自閉症は精神障害のレッテルを貼られ、当事者とその家族は迫害を受けていた。ゆえにラターが唱えた脳障害説は画期的であり、以後この考え方が主流となっていった。ベッテルハイムは自殺した。

先天的な脳障害である自閉症は、現在では精神分析の対象外である。米国の一部の研究では父親が高齢であるほど自閉症児が生まれやすいというデータもある。

1980年、ハンス・アスペルガー死去。

1981年、英国の児童精神科医ローナ・ウィングによって、かのハンス・アスペルガーの論文が英訳・再発表され、高機能自閉症の存在が広く知られるようになった。

近年では日本でも自閉症が器質障害であることを認知する人が増えつつある。

1988年、映画『 レインマン』がアカデミー賞主要4部門受賞。

1990年、ブルーノ・ベッテルハイム窒息自殺。

1995年、ジェリーとメアリーの自閉症カップルがロサンゼルス・タイムズ紙に取り上げられ話題となる。

2005年、映画『 モーツァルトとクジラ 』米国公開

そして2006年、ハンス・アスペルガー生誕100周年・論文再発表25周年・国際アスペルガー年のまさにその年、ブログ「自閉世界」は誕生したのである!

|

« 実録!オールドニック | トップページ | 消費者スクール »

高機能自閉症」カテゴリの記事

コメント

私が生まれた年に
亡くなったんや…

投稿: 未来 | 2009年1月 5日 (月) 22時39分

未来さんはハンス・アスペルガーが亡くなった年に
生まれたんですか?

それに反応したってコトは
あなたもアスペルガー?

投稿: 管理人 | 2009年1月 6日 (火) 00時49分

生まれ変わりかしら…?

投稿: 未来 | 2009年1月 6日 (火) 10時52分

私はただのオペラ歌手志望ですよ。

投稿: 未来 | 2009年1月 6日 (火) 11時05分

「やらないで後悔よりも
やって後悔する道を選ぶ」ですか…

私なら「絶対に後悔しない道」を選びます。

投稿: 未来 | 2009年1月 6日 (火) 11時08分

あ。また変わった!

投稿: 未来 | 2009年1月 6日 (火) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15405614

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉年代記:

« 実録!オールドニック | トップページ | 消費者スクール »