« インナーリミッツ | トップページ | 続・モーツァルトとクジラ »

2007年6月 1日 (金)

モーツァルトとクジラ

“あなたは普通の人と同じになろうとしてる。だから別れるわ” イザベル

ジレンマに苦しむ孤高のSFヒロインを演じて筆者を虜にした『 ピッチブラック 』の主演女優、ラダ・ミッチェルがまたまたやってくれた!

自閉映画『 モーツァルトとクジラ 』である。

ナントカをつなごうの比ではない、これこそ
画期的な自閉症啓蒙&娯楽映画である!

この映画、ホントに、ホントに、筆者が自分のことのように共感できる“奴ら”の物語だ。

ジョシュ・ハートネット演じるドナルドの部屋はモノが散らかり、シャワー・カーテンはカビや水垢だらけ。
筆者の一人暮らし時代にソックリである。

ラダ・ミッチェル演じるイザベルが、誰もいないビルのワンフロアを自分の居場所にしているのも、筆者が若い頃やっていたことである。まるで同じだ。懐かしい!

イザベルのことを狙っていたのに、ドナルドに取られた自閉オヤジが、それでも負けじと「オデと付き合え!」みたいな態度をとっちゃうのも筆者っぽいなぁ(^_^;)

ピッチブラック』のキャロリンにも共感したものだが、
今回のイザベルは本当に「自分と同じだ!」と感じた。

絵や音楽が好きで独自理論を展開する。
レイプされた被害を懸命に訴える。
お仕着せの自己実現を嫌がる。
自閉症の集団でも馴染めない。
独特の高笑いをする。
気宇壮大な部屋の模様替えを計画する(これに対してマジメに予算を気にして怒るドナルド。AS丸出し!)。

小さな家を見つけてドナルドと同棲するが、就職を果たしたドナルドから「今夜は家に上司が来るから、お前もエエカッコせぇよ」と馴れ合いを強要され、イザベルはこれ反発!わざと上司の前で皮肉を連発するのである。これでは筆者の女バージョンだ。

ひょっとして、ラダ・ミッチェルは隠れアスペルガーなのでは?と思ったほどである。とにかく演技力は抜群。

この障害の関係者には必見の映画だが、関係者以外の無知蒙昧な人にもお勧めできる、さわやかな大人の青春映画に仕上がっている。面白いぞ!

ミニシアターの音響は意外とマトモで、大劇場ならスクリーン裏にあるスピーカーが、表にポンッと置かれ、筆者の部屋のオーディオに似た音がした。音量も大き過ぎず適当。映写画質は家庭用の液晶プロジェクターに勝る、お金払って観に行く価値のあるものだった。映像美を堪能できちゃったのである!ミニシアターの方が調整し易いということ? とにかく幸いであった。

今回の観覧は久方ぶりの大成功である。テレビっ子の筆者としては吹き替えでも観てみたいので、今月末に発売されるDVDも買おうと思う。

モーツァルトとクジラDVD ←25%割引

原作本↓ 実は実話なんです!

ちなみに『 ピッチブラック 』はヴィン・ディーゼルの吹き替えの声がイマイチだった。遺憾である。

ピッチブラック

リディック / ピッチブラック ツインパック

|

« インナーリミッツ | トップページ | 続・モーツァルトとクジラ »

モーツァルトとクジラ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。http://blog.goo.ne.jp/rika0624/e/99d5eaacd111c5d901602a581967170bにトラバありがとうございます。
自閉傾向をもつ息子がいます(16歳)。
思春期になって急に攻撃的になり、総合失調症系の薬を処方され、今は少し安定しています。
療育手帳を持っているのでまだ援助が期待できますが、とにかく未だにわからないことが多いです。
この映画を観て、「結局みんな違うんだ」と思いました・・・。
ブログまた覗かせてもらいますね。

投稿: rika | 2007年6月 1日 (金) 06時35分

TB、ありがとうございました。

『モーツアルトとクジラ』から始まって、しばし『自閉世界』を旅させていただきました。

ドラえもんさんが買ってきた無印良品のどら焼きをめぐる「某氏」とのやりとり。
自閉ネコとふくろうの形の鏡、これは笑えた。
勉強不足な精神科医と無知なハローワークのオバハン、これは困ったものです。

などなど、興味深く読ませていただきました。

ジェリーさんのことは、映画でも本でもとても感動しました。「レインマン」もレンタルして初めてみました。

私が思っていること?
それは、とにかく知りたいということ。

ガンバレ、『自閉世界』!

私のブログもTB致します。


では、また。

投稿: mr-BJ | 2007年6月 1日 (金) 10時50分

はじめまして、アンマリーといいます。
TBありがとうございました。
こちらからもTBしてみたんですが、残念ながらできなかったようです。すみません。

この映画を観るまで「アスペルガー症候群」のこと、知らなかったです。
映画でいろんなことを教えてもらってます。

投稿: AnneMarie | 2007年6月 1日 (金) 13時42分

rika様

コメントありがとうございますm(__)m

ご子息の健やかなる、そして「自然な」ご成長を心よりお祈りしています。

攻撃的な結果より、それに至るプロセスにこそ問題があるのだと思います。

話し合い。話し合い。理屈がすべてですよ!

自閉症児に曖昧な理解は無いのですから。

投稿: 管理人 | 2007年6月 1日 (金) 13時50分

mr-BJ様

コメントありがとうございます。

たくさんお読みくださったようで、我の強い私でも
さすがに恐縮です^_^;

>ガンバレ、『自閉世界』!

おぉ、ありがとうございます!このような暖かな激励は生まれて初めてです。感動しました!

これからも、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

投稿: 管理人 | 2007年6月 1日 (金) 13時58分

アンマリー様

コメントありがとうございますm(__)m

この映画のおかげで、知能に遅れのない自閉症のことが少しでも一般に知られるようになって嬉しいです。

自閉症の私でも、他者と関わりたいという気持ちがあります。これからも交流していただければ幸いに存じます。

アンマリー様、ご芳名は「あんまりだ」から由来したモノですか?

投稿: 管理人 | 2007年6月 1日 (金) 14時15分

トラバック、ありがとうございました。
この映画、私にとってはとても感動的でした。
もっと、長期間、全国で公開されていれば、観客はふえたはず。こういった映画こそ、もっと見てもらうべきですね。
甥っ子がかなりの自閉症です。でも、この世に生を受けたのですから、偏見なしに、支えてあげたいと思います。だいたい、「正常」の基準なんて、どこで決めたのでしょうね。
応援してます。

投稿: ねこじむ | 2007年6月 2日 (土) 23時55分

ねこじむ様

コメントありがとうございますm(__)m

>だいたい、「正常」の基準なんて、どこで決めたのでしょうね。

いや、逆に決まっていれば安心なんです。曖昧にされてるから不安なんです。

「ホンネとタテマエの使い分け」なんて、私には悪意としか思えない。理解できないんです。

>応援してます。

ありがとうございます。励まされました!
今後とも、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

投稿: 管理人 | 2007年6月 3日 (日) 06時40分

こんにちは♪
TBできました!

「BLUE CRUSH 」という映画が大好きで、その主人公の名前AnneMarieを拝借してます。
これからもよろしくお願いします♪

投稿: AnneMarie | 2007年6月13日 (水) 14時23分

オールドニックさんへ
コメント&TBありがとうございました!
障がい施設で支援をしております。
アスペルガー症候群の方も結構
利用されているので、間接的ですが
話をすることもあります。臭いなどに
固執する人、場面が変わると動けなくなる
といった人とさまざまな症状がありますね。
利用者さんは、小学生や中学生でほとんどが
男性です。
オールドニックさんのブログに出逢えて
良かったです。当事者の目線でのご意見や
思いを聞かせて頂き、支援に役に立てたいと
思います。映画、良かったですね。
もっと上映期間や場所が増えるといいのですが。
ではまた、お邪魔致します!

投稿: mezzotint | 2007年6月14日 (木) 00時08分

AnneMarieさんこんにちは!

>「BLUE CRUSH 」という映画が大好きで、
>その主人公の名前AnneMarieを拝借して
>ます。

お名前、ダジャレじゃなかったんですね。私の知能が低すぎたか…(^_^;)

>これからもよろしくお願いします♪

こちらこそ、どうぞよろしく!

投稿: 管理人 | 2007年6月14日 (木) 09時52分

mezzotint様

コメントありがとうございますm(__)m

>障がい施設で支援をしております。

不躾ですが質問させてください。
巷では「障害」を「障がい」と表記しているのをよく見かけます。「障」は漢字なのに「害」を平仮名にして一体何になるのですか?

>オールドニックさんのブログに出逢えて
>良かったです。当事者の目線でのご意見や
>思いを聞かせて頂き、支援に役に立てたいと
>思います。

そう言っていただけると、私はブログを書いた甲斐がありました。親切なご声援に心から感謝いたしますm(__)m

これからも、どうぞよろしく!

投稿: 管理人 | 2007年6月14日 (木) 10時03分

オールドニックさんへ
何故?「障害者」を「障がい者」と言って
いるかというご質問ですが。これは「害」
という文字が持つ意味には、“利害”“公害”
“害虫”などマイナスの意味合いが多いという
ことで、「障がい者」「障がい児」をマイナス
の存在として捉えることのないようにしたい。
ということで、私が仕事している施設の主張
であります。私自身もその主張に賛成して、
そこで支援活動をしています。

投稿: mezzotint | 2007年6月14日 (木) 21時43分

mezzotintさんこんにちは。

「害」が不吉な字というのは理解できますが、それをいうなら「障」も不吉な字ではありませんか?「障壁」「支障」「お障り」など。

投稿: 管理人 | 2007年6月15日 (金) 10時53分

言われてみれば、「障」も・・・・。
そうなると、ひらがなにしないと
いけませんね。う~ん(^_^;)

投稿: mezzotint | 2007年6月16日 (土) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15271769

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルトとクジラ:

» モーツァルトとクジラ [空想俳人日記]
障害を 健忘すれば 健常者   前知識なしで、タイトルだけで「よし、観よう」と決起することがある。この作品も然りだ。そのタイトル、「モーツァルトとクジラ」、面白い。私は偏にモーツァルトである役者とクジラである役者が観られれば満足するのである。  ただ昔と違... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 07時17分

» 『モーツァルトとクジラ』 [京の昼寝〜♪]
すこしだけ不器用でちょっとだけ遠回りでも、幸せはきっと見つかる ■監督 ペター・ネス■脚本 ロナルド・バス■キャスト ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル、ゲイリー・コール、アレン・エヴァンジェリスタ、エリカ・リーセン、シーラ・ケリー、ジョン・キャロル・リンチ □オフィシャルサイト  『モーツァルトとクジラ』 発達障害の一種であるスペルガー症候群のために平穏な日常生活を送ることができないドナルド(ジョシュ・ハートネット)は、同じ障害を持つ仲間たち... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 08時07分

» アスペルガーを越えて [病院で働く人の休憩室]
こんにちは。休憩室の話題:その61は、「普通であること」です。 言葉に遅れはないが、コミュニケーションに困難を抱える発達障害「アスペルガー症候群」。 その障害を持つ男女の不器用な恋愛を描いた作品が「モーツァルトとクジラ」。 原作者は、米国ニューヨーク生まれのジェリー・ニューポートさん。 自身がアスペルガー症候群であり、同じ障害の妻メアリーさんとの出会いや結婚、人生を本に描いた。 タイトルは出会ったパーティでの二人の仮装からとった。 (3月5日付 朝日新聞より改変) この本をもとに映画が... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 10時53分

» モーツァルトとクジラ/ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル [カノンな日々]
「子宮の記憶」を観にシネスイッチ銀座に行ったときに、この映画の予告編に出会い、これは泣けそう、それもかなり泣けそう、そんな予感がして絶対観たいと思っていた作品。主演は最近絶好調な「ラッキーナンバー7」「ブラック・ダリア」のジョシュ・ハートネット。ヒロインは...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 11時57分

» 『モーツァルトとクジラ』を観たよ。 [【待宵夜話】++徒然夢想++]
シェアブログminiに投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  こういう作品に出逢うと、「映画ファンやってて、よかったなぁ」と素直に実感する。 『モーツァルトとクジラ』 原題:"MOZART AN... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 12時11分

» モーツアルトとクジラ [シャーロットの涙]
ちょっとだけ不器用で・・・ [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 17時22分

» モーツァルトとクジラ [カタログ]
監督 ペター・ネス 出演 ジョシュ・ハートネット ラダ・ミッチェル ジョン・キャロル・リンチ アスペルガー症候群(参考URL)のドナルドは、タクシー運転手として働くが、数字が目に入るとそれが頭の中一杯になって... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 19時01分

» モーツァルトとクジラ [とりあえず、コメントです]
ちょっと個性的な人たちの物語は、思っていたよりもキュートでした。 ドナルド(ジョジュ・ハートネット)はアスペルガー症候群の青年。 数学には天才的な能力を発揮するが、その反面、 数字に関することになるとつい夢中になってしまい、働いていても失敗が多くて長続きしない。 そして、自宅など自分の居場所に大きな変化があると、強い不安感に陥ってしまったりもする。 でも、彼は同じような傷害を持つ人たちとサークルを作り、 彼らが社会と上手くコミュニケーションを図れるように努力していた。 そんなささやかな集会に新... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 17時23分

» MOZART&THE WHALE モーツァルトとクジラ ジョシュの演技が光っている! [銅版画制作の日々]
5月25日、京都みなみ会館にて、鑑賞しました。上映が一週間限定だったので、慌てて観にいきました。今や、ハリウッドで人気若手俳優のジョシュ・ハートネットが、今までとは違ったイメージの役を演じるのも、非常に興味もあり、また相手役のラダ・ミッチェルも「サイレント・ヒル」や「フォーン・ブース」といった人気作品に出演している有名な女優さんなので、二人がどのような感じで絡むところも・・・・・。 アスペルガー症候群って、皆さんご存知でしょうか?知的な遅れや言葉の遅れも伴わない自閉症の人のことを言います。最近... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 00時28分

» モーツァルトとクジラ(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
イカは見逃してしまったけれど、モーツァルトは・・・と、9日に 「モーツァルトとクジラ」を観たよ。ギリギリ上映最終日。 ( → 公式HP  ) 出演:ジョシュ・ハートネット 、ラダ・ミッチェル 、ゲイリー・コール 、シーラ・ケリー 上映時間:94分  アスペ... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 14時18分

» #26.モーツァルトとクジラ [レザボアCATs]
「自分は普通だ」、とか、「常識の範囲内で生きている」、とか、そうであることを誇りに思っている、という人には決して、いい作品だとは思えないかもしれない。私には、ひさびさに、心に響く、とても変わったラブストーリーだった。ラブストーリーであると同時に、ヒューマ....... [続きを読む]

受信: 2007年6月16日 (土) 15時41分

« インナーリミッツ | トップページ | 続・モーツァルトとクジラ »