« オールドミッス | トップページ | モーツァルトの居場所 »

2007年7月20日 (金)

弱者の結婚

関西テレビ制作のTVドラマ『 僕の歩く道 』では、自閉症を取り巻く人間たちのリアルな描写がけっこうあった。

特に第五話の結婚のエピソードはリアルに徹し、冷厳である。

知的障害のある31歳の自閉症男性・テルが、幼馴染の健常者女性・ミヤコちゃんと結ばれない

ミヤコちゃんは妻子ある甲斐性者と不倫しており、この俗物との略奪婚を果たしたのだ。エリート同士の結婚、都会的で洗練されたお似合いのカップルである。

10才児の知能しかないテルが母親に
「僕も結婚するの?」と訊ねると、母親は泣いた。

息子は一生結婚相手に恵まれないのだ。
母としては悲しかろう。

筆者は邪気の無い人間を高く評価するが、多数派の定型発達女性は知能の低い自閉症男性など相手にしない。当たり前だな。これはセックスアピールの問題だ。

昔、筆者が定型発達(?微妙)の女性に交際を申し込んだところ、「あなたは良いことをするときはすごく良いことをするけど、悪いことをするときはメチャクチャ悪いことをするから付き合いたくない」と言われ、断られた。当時の筆者は自分が自閉症とは知らなかったから、 彼女の言った意味がサッパリ分からなかった。オデは悪いことなんかしてないのに。っていうか逃げ口上だろう。その実、セックスアピールの問題だ。

筆者は男性だから、40才までに20才代の女性と結婚しなければならない。果たせねばみんなから嫌われる。

そして健常者の女性は筆者が悪いことをすると思っているから、筆者の結婚相手になるのは自閉症の女性しかいない。

20代の美人アスペルガーはとっくに“売り切れ”だろうから、筆者のところへ来るのは不細工カナーということになる。

と、ここに至ってやっとみんなが弱者を嫌悪する気持ちが分かったような気がする(-_-;)

感情よりも理性が正しい。それが当為なのだが。

|

« オールドミッス | トップページ | モーツァルトの居場所 »

恋愛・結婚・仕事」カテゴリの記事

コメント

>筆者は男性だから、40才までに20才代の女性と結婚しなければならない。果たせねばみんなから嫌われる。

これは、違うと思います。
そういうことは嫌われる理由にはならない。
少なくとも、私は嫌わない。


>筆者の結婚相手になるのは自閉症の女性しかいない。

自分の弱点を補ってくれる存在としては、健常者の方が望ましいと思います。
自閉症同士のカップルだと、生活していくうえで、不便な事が結構出てくるように思いますがどうでしょう?

自閉症+健常者のカップルは存在します。
自閉症とは違うけれど、同じような症状を持つ女性と健常者のカップルも知っています。

人間的魅力があれば、大丈夫。
セックスアピール・・・があってもそれだけでは靡かないなぁ。
恋人と夫は違うから。
自分を大事にしてくれそうな人であることのほうがポイントが高いです。

以上、既婚者としての意見です。

投稿: 宮木 京子 | 2007年10月 5日 (金) 14時52分

宮木 京子 様

コメントありがとうございますm(__)m

>そういうことは嫌われる理由にはならない。
>少なくとも、私は嫌わない。

ホントですかぁ?(ーー;)
実際に独身のオジサンを目の前にしたら、気が変わるんじゃないですか? 定型発達のアナタは!

>自閉症同士のカップルだと、生活していくうえで、
>不便な事が結構出てくるように思いますがどうでしょ
>う?

確かにそうですね。
自閉症同士でも話が通じないし、障害に理解のない外部の人と接するとき妻や夫が通訳になれない。

>自閉症+健常者のカップルは存在します。自閉症
>とは違うけれど、同じような症状を持つ女性と健常者
>のカップルも知っています。

そう。そうなんです。発達障害の女性に会うと必ず
“彼氏いる”ことを強調するんです。負け惜しみでしょうか?

TVに出てくる発達障害の女性も既婚者が多いですね。

女性の場合は発達障害が恋愛や結婚の障害にならないみたいです。

なぜ女性だけが結婚できるかを私が理屈で説明したところ、健常者の女性陣がメチャクチャ怒り出して(ホントまじギレ!)、私を責めて追い出しました。

向こうが質問してきて、それに答えてあげたのに
この仕打ち!

くたばれ健常者! オデは彼女なんか要らん!

これからもどうぞヨロシクお願いします(^o^)丿

投稿: 管理人(HFA) | 2007年10月 5日 (金) 18時34分

…一年以上前の記事ですか。

京子さん既婚者でよかった。。なんて。

>くたばれ健常者! オデは彼女なんか要らん!
いやだね! うっ。何か失恋した気分。
でも、結婚はなさりたいのですかね??


投稿: 未来 | 2009年1月 6日 (火) 19時52分

>うっ。何か失恋した気分。

未来さんはどこまで本気なんですかね?
バーチャルな恋愛がしたいんですか?


>でも、結婚はなさりたいのですかね??

そうですね。 家庭生活が大事ですから。

でもみんなが結婚するのは、もっと社会的理由が
デカいんだと思います。

投稿: 管理人 | 2009年1月 7日 (水) 00時03分

>>うっ。何か失恋した気分。

>未来さんはどこまで本気なんですかね?
バーチャルな恋愛がしたいんですか?

どこまで? これまた難題。。
…はずかしながら、どこまでも本気です。
バーチャルってものが正直、分かりません。

>>でも、結婚はなさりたいのですかね??

>そうですね。 家庭生活が大事ですから。

>でもみんなが結婚するのは、もっと社会的理由が
デカいんだと思います。

みんなはどうでもよくないですか?
お気持ちを聞けて、安心いたしました!

投稿: 未来 | 2009年1月 7日 (水) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15801854

この記事へのトラックバック一覧です: 弱者の結婚:

» 自閉症とは [自閉症児のいる暮らし]
3歳位までに症状があらわれ、社会的な相互交渉の質的な障害 コミュニケーション機能の質的な障害 活動と興味の範囲の著しい限局性 の3つを主な特徴とする行動的症候群である。分類自閉症は症例が多彩であり、健常者から重度自閉症者までの間にははっきりとした壁はなく、虹のように境界が曖昧であるため、その多様性・連続性を表した概念図を自閉症スペクトラムや自閉症連続体などと呼ぶ。知的障害を伴う場合が多いが、知的能力(一般的にIQで判断される)が低�... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 23時01分

« オールドミッス | トップページ | モーツァルトの居場所 »