« 弱者の結婚 | トップページ | アスペルガーの正体 »

2007年7月22日 (日)

モーツァルトの居場所

“何軒物件を見ても「」じゃないなぁ。さみしい!”
                  久本雅美(オールドミス)

自閉映画『 モーツァルトとクジラ 』を観ると、筆者はことさら自分の居場所を要求する意向を強くしてしまう。

女主人公イザベルのHome(Houseではない)に対するこだわりは相当なものだ。

イザベル:「私たちには家が必要なの。庭にお花を植えて、二人で小陰に座り、星を見ながらキスするの!」

ドナルド: 「あぁ」

イザベル:「心が安らげる場所が欲しくて、小さな家を見つけたわ。家賃もそんなに高くないし」

ドナルド: 「僕は失業中だよ!」 ←情緒が無い。

このやりとりは自閉症同士でも話が噛み合わないことを示す適例と思うが、それはさておきドナルドとイザベルの無邪気な30代(!)カップルは小さな可愛らしいテラスハウス(と筆者が呼んでいる則に建つ一軒家)を見つけて同棲し始める。

コレが現在筆者の暮らしている家にそっくりなのだ!

擁壁(ようへき)の上から階段を下りて、広めのバックヤードに出る構造が、筆者の住環境とまったく同じだ。

この裏庭が自閉ネコの居場所になっており、擁壁の鉄階段が母ノラ猫の教育現場だ。タカくんは裏庭に面したポーチに吊ってある。

イザベルの家も、筆者の家も、この手の則(のり)住宅の特徴として挙げられるのは、正面から見たときの外観がとても小さく、可愛らしく見えること。それゆえ『 モーツァルトとクジラ 』の二人の家は、大変チャーミングに映って作品の雰囲気に華を添えたと筆者は思っている。

しかし奥に広がるバックヤードは、二人のケンカの場所となってしまう。

イザベル:「まるで変人扱い!何が “感じよくしろ”よ!」

ドナルド:「君こそ、マトモな人間のする言動が一度でも
       あったか!」

イザベル:「他の男と同じね。本当の私にビビッてる」

その後もイザベルはドナルドと衝突を繰り返してしまう。同じアスペルガーの仲間だと思っていたドナルドさえも自分のことを理解してくれないと感じたイザベルは、絶望のあまり自殺未遂を起こす。

イザベルが落胆した気持ちは、筆者には痛いほどよく分かる。自閉症同士でも仲間になれないものなのだ。

|

« 弱者の結婚 | トップページ | アスペルガーの正体 »

モーツァルトとクジラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15681276

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルトの居場所:

« 弱者の結婚 | トップページ | アスペルガーの正体 »