« モーツァルトの居場所 | トップページ | イザベラ王女 »

2007年7月24日 (火)

アスペルガーの正体

子どもの脳がねらわれている―今なぜ発達障害なのか

 “大人の発達障害 陰謀説 が持ち上がった。

一部の玄人が「障害」のレッテルを使って地域のコミュニケーション弱者を囲い込み、商売のネタにしているというのだ。

某日、筆者の家族が地域の発達障害者支援センターに初めて出向き、「面談」が執り行われた。「支援者」と名乗る2人の職員が応対したが、筆者の家族はこの2人が名刺を出さないので不審の念を持った。

初対面なのに失礼ということもあるが、それ以上に職業的な資格や肩書きが無いのがおかしいと筆者の家族はいぶかった。

イカこども氏も2人の肩書きは知らないという。
「聞いちゃマズイのかなと思って…」とおっしゃっていた。筆者も何となく問わずにきた。

筆者の家族には、この2人の職員の態度が「話を聞いてやる、教えてやる、説得してやる」といった傲慢に映り、「支援センターが説得してくるのはおかしいと思った」と違和感を訴えている。

そういえば筆者が有料を理由に障害者の作業所へ行くのを渋っていると、支援者サンが「アパートを借りるのにお金が要るように、みんなお金を払って居場所を確保しているんですよ」と説得してきたが、そもそも作業所へ行くことを説得するのはおかしい。これでは英会話学校の勧誘と同じだ!

8ヶ月前に発足したばかりの同センターのスタッフが、実績を挙げるために筆者を作業所へ行かせようとしたのではないか?

筆者の家族はこうも指摘する↓

「あの雰囲気では本当の気持ちを言えなかった」

「こちらが相談している身分なので遠慮があった」

「反対の意見を言ったらケンカになると思い、説得に応じてしまった」

「その場の空気に逆らって反論したら、支援者の2人が怒って本人にイジワルするようになるのではと懸念した」

「“本人の性格だと思います”と家族が申告しても、支援者サンは “本人を追い詰めるから、そういうことは言わないでください”と言って、取り合わなかった」

「地域の支援センターなのに、そこのグループ活動に参加しているのが本人とイカこどもさんの2人だけというのはおかしい。地域にいっぱいいるコミュニケーション弱者の中で2人だけが対象になるのは、同センターが間違っている証拠ではないか」

「本人のサポートブックやアスペルガーの本を読んだが、そこに書かれている症状は私たちにも当てはまるようなものばっかり。これを障害といってしまったら、すべての人が障害者になってしまう」

家族の不審は医者にも向けられている。筆者が自ら高機能自閉症を申告すればその診断を下し、筆者が自ら障害者手帳を要求すればその取得を手伝った。医者が患者の“注文どおり”にした。抗生物質の濫用と同じだ。と筆者の家族はいぶかっている。

医者と支援センターが結託して、地域の落ちこぼれを「障害者」に仕立て上げる巧妙なスキームがあるのではないかと筆者の家族は推理する。

そして、「大人の発達障害」といわれている人々は確かに劣る部分はあるものの、社会的に障害者のレッテルを貼ってしまうほどの劣等ではないと結論づけた。

ひょっとしてハローワークの玉田氏が筆者を障害者の求職枠から追放したのは、実は“スキーム”の存在を知っている彼女が玄人の欺瞞から筆者を救い出そうとした善意だったのかも知れない。だとしたら玉田氏はヒーローだ。

筆者は自分が高機能自閉症であることを今でも確信しているが、それでも家族が提起した陰謀説は筋の通った説明であり、これを否定する証拠は何も無い。

先頃、東京にある梅ケ丘病院の研究チームと理化学研究所が、自閉症の原因の一つとして「CADPS2」という遺伝子の異常を発表したが、今はまだ遺伝子検査による診断はできない。

家族は“面談の反省”の最後を教訓で締めくくった。
「母さんたちは長く人生やってきて、人の欲望や駆け引き、社会の裏表をよく知っているのよ」 と。

|

« モーツァルトの居場所 | トップページ | イザベラ王女 »

高機能自閉症」カテゴリの記事

コメント

>一部の玄人が「障害」のレッテルを使って
>地域のコミュニケーション弱者を囲い込み、
>商売のネタにしているというのだ。


我々を囲い込んでも、基本的に誰も得しない。

よって、そんな陰謀はない、と思いますけど・・・。

投稿: イカこども(AS) | 2007年8月 2日 (木) 21時23分


でも、私の家族は「医者は診療代や書類作成代を、
支援センターは給料を儲けた」と言っているんですが…。

投稿: 管理人(HFA) | 2007年8月 3日 (金) 00時17分

初めまして。ASのRyuと申します。
よかったらブログを見に来てください。
http://submariner-spirit.cocolog-nifty.com/

投稿: Ryu | 2007年8月 5日 (日) 09時36分

仰っている陰謀説に近いようなことを言っている専門家の方もいます。「子どもの脳がねらわれている―今なぜ発達障害なのか」という本を読んでみてください。

投稿: Ryu | 2007年8月 5日 (日) 09時45分

Ryu様

コメントありがとうございますm(__)m

>よかったらブログを見に来てください。

海のデザインが綺麗なブログですね。まだ本文を読んでおりませんが、ウツが良くなったらゆっくり読ませていただきたいと思っています。

>仰っている陰謀説に近いようなことを言っている
>専門家の方もいます。「子どもの脳がねらわれて
>いる―今なぜ発達障害なのか」という本を読んで
>みてください。

貴重な情報をお寄せくださいまして、ありがとうございます。ぜひ読ませていただきたいと思います。

自閉症スペクトラムの仲間として、これからもどうぞ
よろしくお願いいたします(^o^)丿

投稿: 管理人(HFA) | 2007年8月 6日 (月) 09時07分

はじめまして。

私も自分に発達障害の診断を下し、福祉受給のための診断書を書く医師が、私のためじゃなく、自分の病院が儲かるためにやってるんじゃないかという被害妄想にとらわれることはままあります。診断書料は一回限りですが自立支援医療受給者になれば、気軽に病院に来させることが出来るようになりますからねえ。

それ以前に発達障害について、精神科医の間でも百家争鳴状態であるということで、精神科医療全体への不信感が募ってゆくということのほうが大きいですが。

投稿: | 2008年7月18日 (金) 23時14分

私は自分が何なのか、真実を知りたいです。

セロトニンが少ないということ以外に、
何か科学的根拠はあるのでしょうか?

投稿: 管理人 | 2008年7月19日 (土) 22時39分

はじめましてこんにちは。
私はアスペルガーだと診断されています。
錬金術のイラストを探している途中にここによってみました。
確かに私も自分の業績のために私を「支援」しているような人と関ったことがあります。

それではまた?

投稿: miyoshino36 | 2011年2月 4日 (金) 21時39分

miyoshino36様

はじめまして。コメントありがとうございます。
実は私、今では福祉的な支援を受けることをあきらめ、このブログの発達障害関連記事もすべて削除または非公開にしようと思っていたのですが、こんなトピックがあったんですねぇ、忘れてましたw


>確かに私も自分の業績のために私を「支援」している
>ような人と関ったことがあります。

miyoshino36さんも現在は何の支援も受けられていない状態ですか?
このコメント欄に出てくるイカこどもさんによれば、面接に受かって職場に入れば、何となく障害者として大目に見てもらえる部分があるとのことで、彼は障害者枠での就労を勧めていますよ。私は勧めませんがw


>錬金術のイラストを探している途中にここによってみ
>ました。

錬金術のイラストを検索するとこのブログがヒットするんですか?
私もイラストを描き始めた人間なので、miyoshino36さんからも何か教えていただければ幸いです(^-^)

投稿: 管理人 | 2011年2月 7日 (月) 05時35分

とりあえず説明しときます。
私は父の元で大工してます。
苦しいですが一応生活には困ってません。(大学卒業後彷徨っていた時期がありましたが)

今通っている病院が営む支援所が最近出来たのでそこに顔を出すことがあります。

「自然に従え」を意味するイラストを探していました。

うちのブログにもいくらか書いてるかもしれないです。よかったらどうぞ。

投稿: miyoshino36 | 2011年2月 8日 (火) 02時18分

飾り気のないブログですね。
器用な人というのは大抵そうです。
なんか、発達障害当事者や関係者のブログって、圧倒的にヤフー・ブログが多いような気がするんですけど、なんか理由があるんですか?

投稿: 管理人 | 2011年2月 8日 (火) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15860010

この記事へのトラックバック一覧です: アスペルガーの正体:

» 【自閉症 アスペルガー症候群】アスペルガー症候群に関するQアンドA⑤ [自閉症 アスペルガー 症候群 ってな~に?@ 自閉症 アスペルガー 症候群 レポート ]
自閉症 アスペルガー 症候群 ってな~に@ 自閉症 アスペルガー 症候群 レポート 【自閉症 アスペルガー症候群】アスペルガー症候群に関するQアンドA⑤◆Q 5.広汎性発達障害と診断されたのですが? 広汎性発達障害に自閉症もアスペルガー症候群も含...... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 00時24分

» 自閉症とは? [3] [自閉症とは?~アスペルガー症的偏屈者の自閉症考 ]
自閉症の症状言語の発達の遅れ、対人面での感情的な交流の困難さ、反復的な行動を繰り返す、行動様式や興味の対象が極端に狭いなどの様々な特徴がある。「自閉」という言葉から、他者とのかかわりを一切持たない、寡黙というイメージを連想することもあるが、実際の自...... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 03時55分

« モーツァルトの居場所 | トップページ | イザベラ王女 »