« 好かれる人、嫌われる人 | トップページ | 自然嫌いの日本人 »

2007年8月11日 (土)

職業要塞 デス・ワーク

Photo デス・ワーク。定型軍が誇る難攻不落の巨大宇宙要塞

銀河皇定タマダの牙城であり、その莫大な建造費、
維持費には発達市民の血税がつぎ込まれている。

クロート戦争後の“ジヘイ狩り”を逃れた民主主義者の残党を一掃する理不尽なパワハラ政治の本拠地である。

直径は140kmにも及び、数百機もの戦闘機「カイ・ファイター」や各種レーザー砲で武装している。

まさに金城鉄壁と呼ぶにふさわしい弱者迫害兵器であり、邪悪な多数派文化の象徴でもある。

北半球に位置するクレーター部分からスーパー・アカデミック・レーザーが発射される。その破壊力たるや一撃で障害者の就労機会を奪ってしまうほどである。

もしもこの巨砲が、発達同盟軍の秘密基地ヤバイ第4衛星に炸裂すれば、発達障害者の社会進出は永遠に退けられるであろう! Photo_2

|

« 好かれる人、嫌われる人 | トップページ | 自然嫌いの日本人 »

発達ウォーズ・メカ図鑑」カテゴリの記事

コメント

トラックバックをありがとうございます。
今後、読ませていただこうと思います。

投稿: kenari | 2007年8月12日 (日) 10時15分

kenari様

コメントありがとうございますm(__)m

これからもどうぞヨロシク!

投稿: 管理人 | 2007年8月12日 (日) 11時47分

TBありがとうございました。

こういう雰囲気、実は大好きです。
また遊びに来ますね。

投稿: れいんぼのはは | 2007年8月13日 (月) 11時22分

れいんぼのはは様

コメントありがとうございますm(__)m

>こういう雰囲気、実は大好きです。

「実は」ってことは、普段は体制派を装ってるんですか? 批判精神を隠してはいけませんよ!

>また遊びに来ますね。

こちらこそ!どうぞヨロシク(^o^)丿

投稿: 管理人 | 2007年8月13日 (月) 15時51分

オールドニックにとって、職業要塞:デス・ワークが怒りの最大の標的であることは理屈では理解できる。定型人の私でも。

それよりも自らをパラドックスの中にあると分析しているフォースに驚いている。

「怒りはダークサイドにつながる」
とベーダー卿は言っていた。

デス・ワークへの怒りが、銀河定型に対する敗北につながる、ともとれる。

デス・ワークの設計図を盗んだ後、同盟軍はどういう戦略にでるのだろうか。

オールドニックは、ダース・ノッブに対してリクツセーバーも使わないで負けてしまうのか。

物語の展開を待つ。

が、あせらず戦略を練るのもよいのではないかと思う。


投稿: mr-BJ | 2007年10月18日 (木) 01時07分

mr-BJ様

>オールドニックにとって、職業要塞:デス・ワークが
>怒りの最大の標的であることは理屈では理解でき
>る。定型人の私でも。

多数派による理不尽なパワハラ、テクハラの象徴デスワーク!


>それよりも自らをパラドックスの中にあると分析してい
>るフォースに驚いている。

>「怒りはダークサイドにつながる」
>とベーダー卿は言っていた。

>デス・ワークへの怒りが、銀河定型に対する敗北につ
>ながる、ともとれる。

mr-BJさんは、デス・ワークの残虐行為よりもオールドニックの復讐心の方を問題にされているようですね(?)

ジェダイの掟では復讐は禁止されています。

しかしジヘイの掟では、理屈が通じない定型サンによる悪辣無比なパワハラに対抗するためにテロや内ゲバが大いに奨励されています。そこがジェダイとは異なるところ!

私に言わせれば、多数派を批判
しないジェダイは生臭坊主です。

もともとは哲学者集団だったジェダイとジヘイは、いつしか悪に対抗するために武器をとって戦うようになった。しかしジェダイが防御に徹したのに対し、ジヘイは悪の根絶を目指したのです。そこが決定的に違う!ジェダイとジヘイは似て非なるモノ。


>物語の展開を待つ。

ありがとうございます!
もうすぐ第2話を投稿する予定ですので、
また来てくださいね!

ヨロシクお願いしますm(__)m

投稿: マスター・オールドニック | 2007年10月18日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15666581

この記事へのトラックバック一覧です: 職業要塞 デス・ワーク:

« 好かれる人、嫌われる人 | トップページ | 自然嫌いの日本人 »