« 職業要塞 デス・ワーク | トップページ | プリンシプルのない俗物へ »

2007年8月15日 (水)

自然嫌いの日本人

いつぞやアスペルガーとしか思えない職場の同僚が、「日本人は自然を破壊する!」と嘆いていた。

当時の筆者は彼の言っている意味がよく分からなかったが、ひょっとすると、森林伐採とかそんなレベルの話ではなかったのかも知れない。

定型発達者が「自然であること」を嫌い、軽蔑することは自明の事実だ。

定型発達者に好かれる人とは、教育によって加工された人のこと。

純朴な人は定型世界、特に日本では野蛮人でしかない。より世間擦れした、より複雑化した人間でなければ、日本人の仲間として受け入れてもらえない。

ほとんどの場合「不自然」が良いとされる。

血統書つきが良い。
ブランド物が良い。
流行のファッションが良い。
礼儀作法が良い。
多機能が良い。
仕上げに凝るのが良い。
我を出さないのが良い。
意見を言わないのが良い。
ダイエットが良い。
トレーニングが良い。
プロも真っ青!が良い。
グルメが良い。・・・etc.

しかしこういった「不自然」が分相応になっている人は少ない。だから不自然?

定型発達者、とりわけ日本人にとって、似合っているかどうかは関係ないらしい。

「関係の空気」 「場の空気」

口に出せない習慣、不自然な行為

世間の目

人間を幸福にしない日本というシステム

菊と刀―日本文化の型 (講談社学術文庫)

日本という方法―おもかげ・うつろいの文化

冒頭のアスピー(?)同僚は「田舎の農場へ行く」と言っていたが、その後どうなったのだろう?

|

« 職業要塞 デス・ワーク | トップページ | プリンシプルのない俗物へ »

ふしぎだね!?定型発達のおともだち」カテゴリの記事

コメント

日々、「不自然」を装っております。
不本意ながら。
とはいえ、かなりの部分ぼろが出るもので、化粧したりくせ毛を直したり・・・ができません。
もちろん、定型発達の方の微妙なニュアンスなんて分かりかねますが、とりあえずおとなしそうな、ニコニコ、やばいと思えば、しおらしくしております。
でも本当の私はそんなんじゃないので大変なのです。

衝動性や多動、独特の認知を正す(と医者はいうけど、私からしたら定型にちかづける)ために、薬を飲んでいますが、正直、飲みたくないです。
自分が自分でなくなる感じがして・・・・不自然極まりないです。なので、勝手に量を減らしているんですが、それを正直に言ったら医者に怒られちゃったし。

時々すごーく辛くなることがあるので、薬は助かってもいるんですが、薬は飲んでも、魂は売らないようにしたいものです。

投稿: れいんぼのはは | 2007年8月15日 (水) 20時02分

れいんぼのはは様

再びコメントありがとうございますm(__)m

>かなりの部分ぼろが出るもので、化粧したり
>くせ毛を直したり・・・ができません。

私の思ったとおり、発達障害者の女性は化粧で顔を作ったり、髪形を整えたりするのが大変なんでしょうね?

ただでさえ社会的行動がとれないのに、その上、仲間との横のつながりが無いから、身だしなみに関する知識や技術も習得できないのではありませんか?

>定型発達の方の微妙なニュアンスなんて分かりかね
>ますが、とりあえずおとなしそうな、ニコニコ、やばい
>と思えば、しおらしくしております。

そんな “努力” をしちゃえば、みんなは「なぁ~んだ、
やれば出来るじゃん。次からはもっとみんなに近づけよ!」って思って、際限が無い!

>でも本当の私はそんなんじゃないので大変なのです。

その気持ちを、みんなに理解させなきゃいけない!

>衝動性や多動、独特の認知を正す(と医者はいうけ
>ど、私からしたら定型にちかづける)ために、薬を
>飲んでいますが、正直、飲みたくないです。

薬? 自閉症を治す薬なんてモノがあるんですか?
それを飲めばみんなからチヤホヤされる多数派の
イケメンになれるんですか? ほ、欲しい!

これからも、どうぞヨロシク(^o^)丿

投稿: 管理人(HFA) | 2007年8月16日 (木) 06時08分

>薬? 自閉症を治す薬なんてモノがあるんですか?

治すわけではなくて、「困った症状」を抑えるためのものです。

>それを飲めばみんなからチヤホヤされる多数派の
>イケメンになれるんですか? ほ、欲しい!

残念ながら多数派のイケメンとは程遠いです。
「愛される障害者」にはなれるでしょうが・・・・
理屈を並べ立てたり、パニックを起こしたり、自分の世界に浸りきったり・・・・するのではなく、ニコニコボーっと支援者のいうことにうなずけるようにはなります。多少特性とずれた対応をされても、ぱにくらず、
「嫌だなあ」と心の中でつぶやけるようになります。
それで幸せかは非常に微妙なところです。
重度の自閉症の人の家族は「幸せそうに見えるし、なによりみんなから可愛がられるようになった」とおっしゃっています。その方本人は言葉がうまく使えない人なので感想はいえません。言葉がしゃべれる私は、その薬を飲んで、なんだかだんだんゾンビになったような気がしてきました。もちろんあうあわないがありますので、個人的感想ですが・・・・

投稿: れいんぼのはは | 2007年8月18日 (土) 20時07分

れいんぼのはは様

こんにちは。

>理屈を並べ立てたり、パニックを起こしたり、
>自分の世界に浸りきったり・・・・するのではなく、
>ニコニコボーっと支援者のいうことにうなずけるよ
>うにはなります。

恐いクスリですねぇ(;O;)


>「愛される障害者」にはなれるでしょうが・・・・

>それで幸せかは非常に微妙なところです。

確かに「微妙」ですね。自閉症児にも愛されたいという願望はある。でもそれは健常児ほど強烈じゃない。
信念を捨ててまで不自然に愛されたいとは思わない。

日テレの『24時間テレビ』を観ていて思ったのですが、障害者とは社会的には「芸をする動物」に過ぎない。

だから自閉症のように何の芸もやらない障害者は
「かわいくない動物」なのでしょう。

乙武サンなどは「メチャクチャかわいい!イルカみたいな動物」なのでしょう。

生産性の低い者はタダの動物だ。動物は芸をやって
人間を楽しませなきゃ価値が無い。というような暗黙の了解が確かに存在します。

この障害の難しいところは、支援者さえも「かわいい動物」を望んでいるのに、その要求に報いることができず、下手をすれば嫌われて支援が受けられなくなる危険性をはらんでいるところです。

障害者や弱者にも、みんなと同じ権利があるはずなんですが、多数派の教養では「最近の若者は権利ばかり主張して義務を果たさん。甘えは許さんぞ!」となっています(ハローワーク玉田みたいな奴が圧倒的多い)。

障害児学級の教育では、通常学級とは逆の知識を授けるべきだと思います。すなわち、

「日本は民主主義の文化じゃない。個人や弱者に権利は無い。ちょっとでもみんなと違う意見を言ったら許さないぞ。個性はいっさい認めないぞ!」と。

健常者の本当の気持ちを、暗黙の了解を、すべて言葉にして理屈で説明してあげないと、自閉症児には理解できないのです。

だから「ハートをつなごう」が許せない。明るいウソばかり言って健常者の本当の気持ちを説明してくれない。

真実を説明しろ!リクツと共にあれ!

投稿: 管理人(HFA) | 2007年8月20日 (月) 10時36分

むしろ、そういう人達を過剰に気にする人の心のほうが心配です

投稿: | 2013年6月19日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15799828

この記事へのトラックバック一覧です: 自然嫌いの日本人:

« 職業要塞 デス・ワーク | トップページ | プリンシプルのない俗物へ »