« ジヘイ騎士の階級 | トップページ | くたばれ!閲覧者たち »

2007年9月29日 (土)

不確定性原理

アスペルガーおじさん達(知能が高いだけで療育は受けていない中高年アスピー)は未だ学問にすがりつづけている。

人の気持ちは分からないが IQは高い。そこで他人(健常者、俗物、集団など)の行動パターンを体系化、学問化して、一定の分かりやすい法則を見出そうとしてきた。

ところがこの、予定が決まっていることに安心する自閉オヤジ達を脅かす、恐るべき魔物が立ちはだかっている!「不確定性原理」である。

1927年にドイツの物理学者ハイゼンベルクによって発見された量子力学の定理で、測定時に起きる反作用によって正確な測定値が得られないという理論。

方角を知ろうとして磁石を置いたら磁界が乱れる。

電流を測ろうとして電流計をつないだら電流が変わる。

体温を測ろうとして体温計を接触させたら体温が変わる。

心理学の心理は、被験者の心理に過ぎない(-_-;)

碩学バカのアスペルガーおじさん達がどんなに勉強しようとも、その知識は不確定性原理によって「100%の客観性」では有り得ない。ほんのわずかでも条件が違えば結果は変わってしまうから、IQ10000の超人でも未来を予測することは不可能ということになる。カオスだ。

人間関係に悩んで宗教・哲学を勉強してきたアスペルガーおじさん達の知能などタカが知れている。無駄な抵抗はやめろ!

かくて自閉人は嫌われ者であり続ける。←この予測も不確定だよ (^O^)/

不確定性―ハイゼンベルクの科学と生涯

不確定性原理と秩序

不確定性原理―運命への挑戦

不確定性原理―量子力学を語る

ハイゼンベルクの顕微鏡~不確定性原理は超えられるか

|

« ジヘイ騎士の階級 | トップページ | くたばれ!閲覧者たち »

ふしぎだね!?中高年アスペルガーのおともだち」カテゴリの記事

コメント

すべてこの世は不確定

だからこそ人は人生の「確かな手ごたえ」を得ようとしてあがくのでしょう。

「お金」「地位」「権力」「愛」「平和」「安定」「食糧」「平和」「反抗」「自己実現」「ささやかな幸せ」「義務」「悟り」「無」・・・

さて、ジヘイ騎士は?

投稿: mr-BJ | 2008年6月 8日 (日) 18時27分

mr-BJさん、こんにちは!
コメントありがとうございますm(__)m

あなたの「リクツ」の記事は参考になりました。

>すべてこの世は不確定
>(中略)
>さて、ジヘイ騎士は?

ジヘイの騎士たちは多くのジレンマを抱えています。

mr-BJさんのおっしゃる「確かな手ごたえ」がないと、
自閉症者は特に不安を感じやすい。

ところが“変節発達”が支配するこの社会では確かなもの、本質的なもの、理想的なもの、原理原則に忠実なものは一切許されず、万事つかみどころがない。

名探偵コナンよろしく「真実はいつも一つ!」と決め付けて、曖昧な“変節発達”を認めず、リクツの力で勧善懲悪!

まさに、あ・き・ら・め・な・い!

平和と個人主義のガーディアン(保護者)、
それが“ジヘイ・オーダー”なのです!<(`^´)>

投稿: 管理人 | 2008年6月 9日 (月) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/16187871

この記事へのトラックバック一覧です: 不確定性原理:

« ジヘイ騎士の階級 | トップページ | くたばれ!閲覧者たち »