« 自閉ネコの母親 | トップページ | 不確定性原理 »

2007年9月28日 (金)

ジヘイ騎士の階級

ジヘイ騎士団には三段階の階級がある。

 

ジヘイ・マスター: 知能の低い自閉症

 ジヘイ・ナイト : 知能の高い自閉症

ジヘイ・パトロン: 自閉症に理解ある健常者

 

我がパトロン(閲覧者諸賢)よ、リクツと共にあれ!

スター・ウォーズの心理学Q&A50

|

« 自閉ネコの母親 | トップページ | 不確定性原理 »

発達ウォーズ・コンセプション」カテゴリの記事

コメント

おぉ。私はジヘイ・マスターですな。
やったー!!

投稿: アスラ | 2007年11月28日 (水) 17時14分

>おぉ。私はジヘイ・マスターですな。
>やったー!!

生まれつき低機能な私たちにとって、IQが低いことは
大切なアイデンティティーだと思うんです。

私に言わせれば多数派の方がマイナス志向。
弱者のことを悪いように悪いように考える癖がある!

くたばれ!ハートをつなごう。
くたばれ!大橋!

知能の高い奴がホンモノの馬鹿だ!
ガッハッハッハーッ\(-o-)/

投稿: 管理人(HFA) | 2007年11月28日 (水) 18時55分

お久しぶりです。
ジヘイ騎士にはこういう階級があったのですね。
パトロンの意味がわかって納得!です(^^)

投稿: ハッブル | 2007年11月29日 (木) 19時53分

>ジヘイ騎士にはこういう階級があったのですね。
>パトロンの意味がわかって納得!です(^^)

えぇ!? あなた、今までパトロンの意味も分からずに「馬丁から務めさせていただきますm(__)m 」なんて
調子のいいコトを言ってたんですか!

は、話あわせてるだけじゃないですかーッ (;O;)

ハッブルさん、これであなたのアスペルガー疑惑は
払拭されました。あなたは正真正銘のいい加減な
“健常者(定型発達のオバサン)”です。

あるいはアスペルガーなのに、暗玄面に堕ちて社交辞令を弄するようになったのかも…(-"-)

投稿: 管理人 | 2007年11月29日 (木) 23時35分

>あるいはアスペルガーなのに、暗玄面に堕ちて
>社交辞令を弄するようになったのかも…(-"-)

フッフッフッフッ。
バレちゃ、しょーがない。

ハッブルはダース・ノッブに次ぐ余の四人目の弟子
ダース・アンウェルフェアじゃ。

ルーズにほだされた愚かなアスペルガーに代わり、
この世を集団主義の闇で支配する偉大な俗物卿に
なるべく修行中のシセイ・メイトなのじゃ。

ハッブルよ、ヘリクツと共にあれ!

投稿: 玉田のオバハン | 2007年11月30日 (金) 01時40分

ち、ばれたか。
前の美猫に気を取られてこのページを見落としたのが手落ちだったわ。
そう、アスペ疑惑者でも、処世術にパターン処理能力と記憶力をフルに活用していけば、なんとかこの程度の社交辞令は使えるようになるのですよ。
それでも職場ではKYだの変人だのと言われ、地球外生命体疑惑まで生じてしまうのですがね。
ヘリクツとは、個人内では体系化されているが他人には通用しないがゆえにヘリクツなり。
ジヘイ騎士様のヘリクツと、わがハッブル星のヘリクツは体系も使用言語も似て非なるものなり。
お互いのヘリクツに祝福を!

投稿: ハッブル | 2007年12月 1日 (土) 20時11分

>処世術にパターン処理能力と記憶力をフルに活用し
>ていけば、なんとかこの程度の社交辞令は使えるよ
>うになるのですよ。

ムッ! そ、その技はまさに、中高年アスペルガーの
卑屈なオヤジたちの常套手段ではないか!

出たな、シセの俗物卿!
そこへ直れ!神妙にしろ!
我がリクツの薫陶を受けよ!


>ジヘイ騎士様のヘリクツと、わがハッブル星の
>ヘリクツは体系も使用言語も似て非なるものなり。
>お互いのヘリクツに祝福を!

祝福なぞするものかッ<(`^´)>
言語が違うなら翻訳して説明するのが真心ってモンだろ!

アイマイな俗物たちを根絶するその日まで、
正義の戦争“発達ウォーズ”は続くのだ!

閲覧者諸賢、リクツと共にあるように!

投稿: マスター・オールドニック | 2007年12月 1日 (土) 23時29分

このブログのスタイルに合わせた表現方法を取っていたつもりでしたが、慣れないことをすると伝えたいこともうまく伝わらないようなので普通に書きます。
過去の記事を読んでみましたが、管理人様の中高年アスペルガーに対するイメージはかなり限られた人種に対するイメージのような気がします。
中高年アスペルガーは必ずしも碩学のおじさんばかりではないし、知能が高くない中高年アスペルガーだってもちろん存在する。
「自閉症」なんて言葉もなかった時代に育ち、学校では周囲の友だちや先生はじめ大人たち、家庭においてさえ違和感を持ちながら、なんとかその社会に合わせようとしていろんな手を試してきた、その結果、自分なりになんとか手に入れてきたささやかな技を持って定型発達社会で暮らしてきました。
私の処世術とは、そういうことです。

>言語が違うなら翻訳して説明するのが真心ってモンだろ!
管理人様のヘリクツ体系にあわせて翻訳することは私には無理です。フランス語しかわからない人に英語に翻訳しろというようなものです。

「祝福を」を共通語の日本語で表現すると、「お互いのヘリクツを尊重しましょう」ということです。
もしかしたら、リクツ、ヘリクツの定義からズレがあるのかもしれませんが私なりにかなりの努力を持って翻訳してみました。

投稿: ハッブル | 2007年12月 4日 (火) 22時20分

ハッブルさん、こんばんは(^o^)丿

>過去の記事を読んでみましたが、管理人様の中高年
>アスペルガーに対するイメージはかなり限られた人種
>に対するイメージのような気がします。
>中高年アスペルガーは必ずしも碩学のおじさんばか
>りではないし、知能が高くない中高年アスペルガーだ
>ってもちろん存在する。

私の自閉症の症状に「何でも理屈に置き換えないと陳述できない」ということがあります。この症状があることは主治医すら気づいていないのですが…(-_-;)

症状をもっと詳しく説明します。
例えば健常者の会話スタイルでは「碩学のオジサンを見たよ!」というような“報告文”で喋りますよね?常に。

ところが私の脳では「碩学のオジサンを見たよ!」と
言われても、意味が分からない。このような表現には
強い違和感を感じます。

私が陳述するときは自閉スタイル“説明文”で表現します。くだりの例なら「オジサンは碩学である!」と説明します。

ところがみんなは、私の説明陳述に違和感を感じるようで、私がちょっと何かを説明しただけでカンカンに怒るんです。

自閉症者の多くは、みんなが駄弁る“当たり障りの無い話”について行けず、「冷たい人」と誤解されて、嫌われて、仲間はずれになっています。

私も、めちゃくちゃ困っています(ーー;)

家族から嫌われて、福祉の支援者からも嫌われて、
最低限の社会生活すらままならぬ状況です!


>「自閉症」なんて言葉もなかった時代に育ち、
       ~中略~
>私の処世術とは、そういうことです。

健常者として社会生活を営んでいらっしゃるハッブルさんが、みんなに違和感を感じているんですか?


>>言語が違うなら翻訳して説明するのが真心って
>>モンだろ!

>管理人様のヘリクツ体系にあわせて翻訳することは
>私には無理です。フランス語しかわからない人に
>英語に翻訳しろというようなものです。

賢明なる太田光が「言葉はつたなくても、相手に伝えようとする姿勢が大事だ!」と発言していました。私も同感です。

フランス語しか分からないからといって、英語しか分からない人に対して“話し合いで解決しようとする姿勢”を崩してもいいのか!

君たちには何故、いつも怒る選択肢しかないのか?

みんなは自閉症の私に、ちゃんと説明しろ!


>「お互いのヘリクツを尊重しましょう」ということ
>です。

私のはヘリクツじゃなくて、リクツです!
正論には正論で答えていただかないと困ります。
玉田のオバハンみたいに、自分から議論を始めておいて、私が完璧な説明をするやいなや「これ以上話し合っても平行線です!」と怒る理不尽な定型発達者たちは酷い!

おまえらは、いつも、いつも、コチラがちゃんと説明しているにも関わらず、なぜか激昂して私のことを誤解し、嫌いになり、必ず、即、イジメを開始する!

アホアホ健常者、一度死んだ方がいいじゃないのォ?

投稿: 管理人(HFA) | 2007年12月 5日 (水) 00時11分

うーむ、管理人様のリクツ体系はそういうツクリだったのですか。それは苦労されるでしょうねえ。
私もまだ十分、管理人様のリクツを理解したとは思えませんが、ジヘイ世界を知らない健常者にはなおさら理解してもらえないところだと思います。
私は今のところ健常者として生活していますが、ある程度マイペースで働ける、自分にあった職にたまたまつくことができ、理解ある同僚に恵まれたからだと思います。
結婚して数年、夫は私に対して「はあ~、やっぱりアンタは変や」としょっちゅうため息をついていましたし、前の職場では不適応を起こしてうつ状態になり、病院にも通っていました。
子どもの頃から感じていた違和感は、多分、管理人様が「当たり障りのない話についていけない」とおっしゃるのと似ていると思います。
でも、自分では何がどういけないのかよくわからないのですよね。今は、親しい同僚たちが、「あれはいかんよ」と教えてくれるのでわかるのですが、子どもの頃は、自分ではなにがいけないのかわからないまま気持ち悪がられていじめられていたのだと思います。
幸い、私は何でも忘れっぽいので、いやな目にあってもわりとすぐ忘れてるみたいで、おかげで気楽にしていられます。(忘れっぽくて困ることももちろん多いですけど^^;)

投稿: ハッブル | 2007年12月 6日 (木) 23時12分

>ジヘイ世界を知らない健常者にはなおさら
>理解してもらえないところだと思います。

ハッブルさんが敢て「ジヘイ世界」とカタカナで表記されたのは差別への配慮ですね?

しかし私には、障害を「障がい」などと書いて満足する、定型発達者独特の細やかな瑣末主義的福祉には感心しません<`ヘ´>

細木数子がよく言っている“枝葉末節論”です!

それはさておき、誤解を解くにはどうしたらよいのでしょうか?
「健常者よ、障害者を養え!」とストレートに説得すると、なぜだかヤツらは怒ってしまう!


>自分ではなにがいけないのかわからないまま気持ち
>悪がられていじめられていたのだと思います。

私の場合はみんなから「お前、ムカつく」とよく言われましたし、先生からは「お前も悪いんだぞ」と言われて、その真意が全く分かりませんでした(-_-;)

きっと自閉世界の閲覧者も、ムカつきまくってるんで
しょうねぇ。じゃぁ、どこがいけないのか説明しろよ!

何のためにコメント欄があるんだッ!
お座なりな社交辞令を言うためか?
え!どーなんだッアホアホ閲覧者!

            コメントしろォ!

投稿: 管理人 | 2007年12月 7日 (金) 22時02分

>ハッブルさんが敢て「ジヘイ世界」とカタカナで表記されたのは差別への配慮ですね?

いえ、単にカタカナ表記が好きなだけです(^^ゞ
私も「障がい」とひらがなで書いたくらいで「私は差別していません」っていう意思表示になると勘違いしているような表現方法は嫌いです。自分では絶対使いません。

私は小学生の時は、たたく、蹴る、つねる、ボールぶつける、といった物理的直接攻撃を受けていたので、中学生の時の「シカト」はイジメにあっていることにも気付かず、後にクラスメートから「○○さんが、悪口をいいふらして、みんなで無視してた、ゴメンな」と聞いてやっとわかりました。
でも、自分ではいじめられ感がないので、「ここは怒らなアカンとこなんかな?」なんてちょっとあせってました。
仕事をするようになって、飲み会の時に「アンタのこと、良く言う人は誰もいてへん!」と言われ、いじめられてた割には嫌われてはいないと気楽に思っていたので、はじめて直接聞いて、その時は泣きました。
それから、行動にちょっと気を使うようにしてたのですが、他の人から見たらあんまりかわってないのかもしれません(^^;)

>じゃぁ、どこがいけないのか説明しろよ!
直接言ってもらわないと、わかんないんですよね。人間関係とか社会生活の中のあれこれって…。自分と人との違いだって、自分では変わってるとは思わないから、「それ、変だよ」って教えてもらわないとわからない。
気持ち悪いとか、むかつく、とかだけじゃなくて、具体的に「あのときのあの行動はアカン、こうした方がいい」ってところまで教えてくれた人たちにはとても感謝しています。
「具体的に」教えてほしいですよね。

投稿: ハッブル | 2007年12月 7日 (金) 23時59分

>私も「障がい」とひらがなで書いたくらいで
>「私は差別していません」っていう意思表示
>になると勘違いしているような表現方法は嫌い
>です。自分では絶対使いません。

ほぉ。アナタはなかなか気骨のある福祉関係者ですなッ!

みんなと違うことしてて、イジメられませんか?


>仕事をするようになって、飲み会の時に「アンタ
>のこと、良く言う人は誰もいてへん!」と言われ、
>いじめられてた割には嫌われてはいないと気楽に
>思っていたので、はじめて直接聞いて、その時は
>泣きました。

アナタ、誰でも閲覧できるブログで、自身の嫌われ体験なんか語ってると、みんなから誤解されてイジメられるようになりますよ!

自閉世界のコメント欄だからって、誰が見てるか分かりませんよ~ォ(ー_ー)!!

イジメられ体験を素直に申告されたからといって、誠実に同情するようなお人好しの多数派だと思いますかッ! 定型発達者は野蛮人なのですぞッ!

「コイツは弱い!」と認識するや、コレ幸いとイジメを
開始し、イヤらしい“加虐欲求”を満たそうとする。
それが定型サンの性格なんです!悪意です!

これを見ている弱者のみなさん、絶対に自身のイジメられ体験を語ってはいけませんよ!それをやって許されるのは内藤大助選手みたいな“元”イジメられっ子だけなんですからッ! 空気読め!

社会的に成功する前にイジメられてた過去がバレたら、キミは多数派の信用を失い、タダの嫌われ者、イジメられ大人になってしまうぞッ!


>「具体的に」教えてほしいですよね。

アイツらはネガティブな真実は全て「暗黙の了解」にしてしまう“臭いモノには蓋”の文化なんです。具体的な言葉では教えてくれない。専ら「場の空気」を読むシステムになっている。コレまた悪意だ!

投稿: 管理人 | 2007年12月 8日 (土) 23時07分

ブローカさんって、弱いですよね。 大丈夫かな?

投稿: 管理人 | 2009年7月24日 (金) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/16241010

この記事へのトラックバック一覧です: ジヘイ騎士の階級:

« 自閉ネコの母親 | トップページ | 不確定性原理 »