« カミング・スーン | トップページ | インテリジェント・アニマル »

2007年9月 6日 (木)

四神相応

   前方に海、背後に山、左側に川、右側に道
    ↓     ↓      ↓     ↓
   ()     (北)     ()    (西

このレイアウトこそ風水(風を収めて水を得る)の答え、

          「四神相応」である。

“四神”とは、四地(東西南北)を守護する神々のことで、儒教の基本的な経典の一つ「礼記」の『礼運』に記載されている(四霊説)。

東の「青龍」、西の「白虎」、南の「朱雀」、北の「玄武」。

これら“四神”は日本の高松塚古墳の壁画にも描かれている。

さらに中央位の「黄龍(皇帝の象徴)」や「麒麟(平和のシンボル)」を加えて“五神”とする場合もある。

星宿(星座)を動物に見立てる古代中国の思想に由来し、“四神”も東西南北を象徴しているのである(四象)。

北に山、南に海ということは、確実に日当たり・風通しの良い地形である。これにより寒い北風を山で防ぎながら南の暖気を最大限に取り入れることができる。

東に川、西に道ということは、東へ低くなっている地形である。かくて雨水は川の方へ流れ(水害を回避)、西日の当たる道路は地盤が固くなる(交通振動が軽減)。

前者の条件(南傾斜)は「晋土(しんど)」、後者の条件(東くだり)は「魯土(ろど)」といって、どちらも吉相。

両者を同時に満たした最高条件の宅地が「四神相応の地」である(古代でも先進国の多くは農業国であり、風水的な“地の利”の国が栄える運命といえる)。

日本における「四神相応の地」として有名な「平安京」は、わざわざ鴨川の流れを変えてまでして“造成“した
モノであった!

「四神相応」はラッキーカラーの定義としても用いられる。東に、西に、南に、北に

この四色が大相撲の土俵の四隅の房飾りとなっている。市販の風水ブレスレットもこの配色が多い。

方位学的には家相の間取りを重視するが、環境学的には“地の利を得る”ことが枢要である。といっても実際の住宅購入では制約が多いから、後者を満たすのはほぼ不可能であろう。

それでも知識としては蓄えておかねばならないノウハウである。これを参考にしていれば、ちょっとでもマシな選択ができるというものだ。

しかし風水の消費者の大半は、地理や間取りに関係なく実践できる「インテリア風水」派なのではないか。だとしたら風水や占いよりも心理学を勉強した方が早い

|

« カミング・スーン | トップページ | インテリジェント・アニマル »

風水・家相の原理」カテゴリの記事

コメント

 
こんばんは、
トップページが変わっていたので、ついつい読ませて戴きました。

風水といえば、若い頃は荒俣 宏氏の「シム・フースイ」シリーズというSF(?)小説が好きでした。俗物の名に恥じない読書歴だと自負しています(笑)
(でも全く風水の事は理解してはいないのですが・・・)

ただ、香港から来日した知人から、『僕の国には龍の通り道を造ってあげてるビルがあるよ』と言われて、大層驚いた覚えがあります。
あちらでは今だ風水による都市造りは現役なのでしょうか。
(でも、日本とて未だ呪術が息づいている場所があるから、イーブンかも知れませんが)
 

投稿: 俗物なのに少数派♪ | 2009年4月21日 (火) 23時29分

>俗物の名に恥じない読書歴だと自負しています(笑)

そうですねw

ところで、荒俣 宏 自身はオカルトを信じてるのか、どうなのか?


>香港から来日した知人から、『僕の国には龍の
>通り道を造ってあげてるビルがあるよ』と言わ
>れて、大層驚いた覚えがあります。

『龍』ってのは、“気のパワー”を象徴して言ってるだけなんですよね。


>あちらでは今だ風水による都市造りは現役なので
>しょうか。

中国銀行の話は有名ですね。
ライバルの香港上海銀行へ向けて露骨に
“尖った刃物の様なビル”を建てた!

投稿: 管理人 | 2009年4月23日 (木) 21時43分

 
>ところで、荒俣 宏 自身はオカルトを信じてるのか、どうなのか?

…さぁ、それは御本人じゃないと分からないかもしれませんね。
意外と「信じる・信じない」じゃなくて、「(理念でも現象でも)存在するものは存在しているのだ、面白いから楽しんで受け入れているのだ」という、極めてバカボンのパパ的な心情のような気もします(笑)
私の勝手な思い込みに過ぎないので、荒俣氏には失礼ですが…。


>中国銀行の話は有名ですね。

その有名な話すら知りませんでした。
このコメントを書き終わったらネットで検索してみますね。
知らなかった事を知るきっかけを与えて戴くのは、ひとつの喜びです、有難うございます。


・・・ところで、精神的に疲れていたり体調を崩されたりはしていませんか?
急かすつもりはないのですが、記事の更新が未だなので、少し心配してしまった次第です(単に管理人さんの琴線に触れるトピックが無いだけとは思いますが)
俗物中年女特有のおせっかいとお嗤い下さい(笑)、この無粋さは自分でも呆れる性分です故。

 
では、管理人さんの健やかなる事を願いつつ、更新を楽しみにお待ちしています。
 

投稿: 俗物なのに少数派♪ | 2009年4月26日 (日) 18時51分

>琴線に触れるトピックが無いだけとは思いますが

いえ、まったく逆です。

企画や構想が目白押しで、どれから手をつけていいのか分らない。(片付けられない発達障害者!)

そこへもってきていろいろな事件が起こるじゃないですかッ!

とても記事にするのが間に合わない…(ーー;)

まぁ、精神的にシンドイとか、活動するエネルギーが沸いてこないとかいった問題もあるんですけどね。

投稿: 管理人 | 2009年4月26日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/15538396

この記事へのトラックバック一覧です: 四神相応:

» こたえてちょうだい 風水 [こたえてちょうだい 風水]
こたえてちょうだい 風水について [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 20時24分

« カミング・スーン | トップページ | インテリジェント・アニマル »