« ブレイブ・ワン | トップページ | それ行け!ジヘイマン »

2007年10月30日 (火)

自閉小説

読書の秋である。

健常者の場合は恐らく、「小説ならスラスラ読めるが、理屈が書いてある本は挫折してしまう」のではないか。

筆者の場合は逆である。

理屈が書いてある本なら買ってきたその日に読んでしまうが、小説は挫折する。

自閉症者は概して、小説の意味が分からない。その文章が何を示しているのか理解できないのだ。たとえば、

       “古池や 蛙飛び込む 水の音

という一文を読んだとき、健常者なら「キレイだねぇ」とか「風流だねぇ」とか“共感”して喜ぶところだが、筆者たちは「蛙が池に飛び込んで音が鳴った、だから何なの?ナニ言ってるの?」と不安になってしまい、それだけで「コイツ教養が無い」とか、「ワザと分からないフリをして
みんなの揚げ足を取る」とか誤解されてイジメに遭うのである。障害の症状だから悪意は無いんだよ!

逆に筆者が書いた記事を健常者が読むと、
心臓にグサッ!ときて不安になるそうです。(-_-;)

健常者と自閉症者とでは、物事の理解の仕方が違う。同じものを見ても反対の解釈をしてまったり…。

表現の仕方も全然違う。我々がハッキリしているのに対し、健常者はアイマイなのがカッコイイと思っている。

つい最近も筆者は夏目漱石の『 それから 』をわざわざ購入したのに、まだ2、3行しか読めていない。今の時点で、すでに頭はチンプンカンプンである。

アスペルガー症候群のラブストーリー『 モーツァルトとクジラ 』の本にも興味はあるが、難しそうなので買っていない。

そこでハタと思いついた!

英語の小説を日本語に翻訳するように、「健常者向けの“情景描写”」を、「自閉症者向けの“説明文”」に翻訳して出版したら、全国の自閉症の徒に売れるのではないか。

障害者にだって名作に触れる権利がある!

実業家の閲覧者さまはぜひご検討くださいm(__)m

未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家

|

« ブレイブ・ワン | トップページ | それ行け!ジヘイマン »

発達障害・マイノリティ」カテゴリの記事

コメント

遊びに来ましたあ!!

自閉小説、悪くないアイデアですが、それを読んだ自閉さんが面白いと思えるものになるかが疑問です。

それよりリクツを極めた文章を読んで、資格の一つでも取得したほうが、役に立つのでは?

投稿: れいんぼのはは | 2007年11月 1日 (木) 20時03分

れいんぼのははさん、こんばんは(^o^)丿

コメントありがとうございますm(__)m

>それよりリクツを極めた文章を読んで、
>資格の一つでも取得したほうが、役に
>立つのでは?

試験に受かるのは生まれつきIQの高い人だけです。
さらに受験勉強に集中するには、これまた生まれつき
定型発達者である必要があります。

中高年アスペルガーのイカこどもさんっていう方が
いらっしゃるんですが、あの方は超一流大学を出ている高知能者なのに、発達障害のせいで気が散りやすく、普通運転免許の試験に落ちて(!)補講代がかかったらしいですよ!

IQの高いアスペルガーでもこの体タラクなのに、
ハイファンクションのオデが資格試験に受かるわ
けないでしょう!

こういうホントのことを誰も教えてくれないから、全国の低知能ニートたちは報われない努力ばかりしている。
いや、させられている!

これからも自閉世界では、多数派の欺瞞を暴き、
糾弾していきますので、よろしくお願いしますm(__)m

投稿: 管理人(HFA)) | 2007年11月 1日 (木) 20時30分

>という一文を読んだとき、健常者なら「キレイだねぇ」とか「風流だねぇ」とか“共感”して喜ぶところだが、筆者たちは「蛙が池に飛び込んで音が鳴った、だから何なの?ナニ言ってるの?」と不安になってしまい、それだけで「コイツ教養が無い」とか、「ワザと分からないフリをして
みんなの揚げ足を取る」とか誤解されてイジメに遭うのである。障害の症状だから悪意は無いんだよ!

イジメるのは、その人が自分に自信がないからなんだよね。自信があれば、相手を受け入れられるものね、あなたみたいに。

>逆に筆者が書いた記事を健常者が読むと、
心臓にグサッ!ときて不安になるそうです。(-_-;)

そりゃ大変だ。

>健常者と自閉症者とでは、物事の理解の仕方が違う。同じものを見ても反対の解釈をしてまったり…。

面白いよね。なんでそんなことになってんのかね!? …反対の解釈って??

>表現の仕方も全然違う。我々がハッキリしているのに対し、健常者はアイマイなのがカッコイイと思っている。

どちらがカッコいいんでしょう。

>つい最近も筆者は夏目漱石の『 それから 』をわざわざ購入したのに、まだ2、3行しか読めていない。今の時点で、すでに頭はチンプンカンプンである。

私も『 三四郎 』は挫折した。『 人間失格 』は平気だったけど…

>アスペルガー症候群のラブストーリー『 モーツァルトとクジラ 』の本にも興味はあるが、難しそうなので買っていない。

へぇ~、
前から気になってたのよね…。でも難しいんだ。

>IQの高いアスペルガーでもこの体タラクなのに、
ハイファンクションのオデが資格試験に受かるわ
けないでしょう!
でも、オールドニックさん、頭いいですよね。
ところで、“EQ”のほうはどうなんですか?
そちらのほうが、ある意味気になります。

投稿: 未来 | 2009年1月 7日 (水) 19時12分

その心は?

投稿: 管理人 | 2009年7月24日 (金) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/16920314

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉小説:

« ブレイブ・ワン | トップページ | それ行け!ジヘイマン »