« ストール・トゥルーパー | トップページ | 変節発達!“時弊症” »

2007年11月 6日 (火)

ジヘイの騎士

Photo_4   ジヘイ。共和国の個人主義を守る少数派の戦士。

人呼んで “戦う弱者”、“もの言うニート”。

健常者からは「実力も無いのに生意気な奴!」とか
「空気読めない奴!」とか言われて嫌われている。

公平公正を旨とし、宇宙の真理“リクツ”を極めた平和と正義の守護者である。

正論を突っ張るが、社会性・協調性・生産性は無い。

親からは「穀つぶし」、同級生からは「弱虫」、同僚からは「仕事できない奴」、ギャルからは「キモーイ!」、子供からは「オジサン、なんで仕事に行かないの?」と怪しまれている。

警察からは職務質問、病院からは出入り禁止、職安の障害者相談窓口ではパワハラされた地域の嫌われ者。

自閉症の症状で他人と目を合わせることが苦手なため、大きなサングラスをかけているが、このファッションが余計に人相を悪くし、ますます「怖い人」「冷たい人」「揚げ足を取る人」「変人!」と誤解を招いている。

大人なのに挨拶も出来ない。思ったことはすぐ口にする。いつもみんなの怒りを買っている。

腰に携えた光線剣 “リクツ・セーバー”は宇宙で最も
論理的な武器であり、理屈が通じない相手を叩くため
のモノ。理不尽な健常者との折衝には欠かせないアイテムである。

ロジカルな発達銀河共和国の首都・惑星コンサルタントには“ジヘイ評議会”が置かれ、社会的弱者が自由に発言し、その意見が必ず元若院の政策に反映されるという合理的なイニシアティブが確保されていた。タマダが台頭するまでは…。

古代のジヘイは、騎士ではなく普通の哲学者で、みんなに理屈を言うだけだったが、社会が複雑化するにつれてノンバーバル・コミュニケーションが主流となり、健常者から話し合いを断られるようになったため、仕方なく武器をとって戦うようになった。

このようなコミュニケーションの挫折が、ジヘイ騎士団を誕生させたのである。

“リクツ”を修めてジヘイの騎士となるためにはバーバル・コミュニケーションが必須である。このため健常者はジヘイになれないとされる。

ジヘイが操る“リクツ”には、ライト・サイドとダーク・サイドがあり、後者は“ヘリクツ”と呼ばれ、正論を言う人の揚げ足を取る。

リクツのダーク・サイド(暗玄面)に堕ちたジヘイは
“シセの俗物卿”となって邪悪な名誉欲をむき出し
にし、いつも多数派におもねってばかりいる。

最強のジヘイにはヨーちゃん、オールドニック、タカくん、

シセの親分(シセイ・マスター)にはタマダ皇定、アンジェラ伯爵、ダース・ノッブなどがいる。

|

« ストール・トゥルーパー | トップページ | 変節発達!“時弊症” »

発達ウォーズ・コンセプション」カテゴリの記事

コメント

うちの息子を弟子にしてやってください(笑)

投稿: れいんぼのはは | 2007年11月 7日 (水) 08時56分

れいんぼのはは殿、よく来られた(ー_ー)

>うちの息子を弟子にしてやってください(笑)

おやめなさい。(-_-)

リクツの修行は、多数派が望むような厳しいものではありませんぞ。

仮にジヘイになれたとしても、その後はずっと孤独な
嫌われ者の人生が続く…。

それに、ご子息は学習障害児だ。知能の高い者は
リクツの暗玄面に堕ちやすい。

わが宿敵シセの俗物卿には、ご子息のようなLD者がすごく多いのです。

だから悪いことは言いません。大事なご子息の幸せのために、ジヘイ騎士団への入団は断念されることをお勧めします。

わが友よ、リクツが共にあらんことを…

投稿: マスター・オールドニック | 2007年11月 7日 (水) 16時27分

そうですか。
確かに、すでにヘリクツが見え隠れしている、うちの息子はジヘイの修行をするとあっという間に暗黒面に転落してしまうかもしれません。

マスター・オールドニック、どうもありがとうございます。

投稿: れいんぼのはは | 2007年11月 7日 (水) 19時52分

かっこいい~(^^)
サングラスステキですよ!
私も子どもの頃、「またヘリクツ言うて!(関西圏)」とよく叱られてました。
今でもリクツっぽいのはかわりません。しかも、みんなが地面を歩いているのに、1人飛行機ですっ飛んでいくらしいです(笑)
それを指摘してもらってからは「えー、今の話、わかってもらってます?」って聞くようにしています。
持つべきは、理解のある遠慮のない同僚かな。

投稿: ハッブル | 2007年11月 7日 (水) 21時00分

みなさま、コメントありがとうございますm(__)m

>かっこいい~(^^)
>サングラスステキですよ!

そうなんです。どんなに見え透いてもカッコつけなきゃいけないという不文律が多数派の集団にはあるんです。

このことに気づくのに30年かかってしまいました(-_-;)


>私も子どもの頃、「またヘリクツ言うて!(関西圏)」
>とよく叱られてました。
>今でもリクツっぽいのはかわりません。

どうしても言葉にしないと分からない人って、いるんですよねぇ。

でもみんなは言葉にするのが嫌だ。絶対に言わない。

私は、みんなが何を考えているのか、どんな気持ちになっているのか、ぜんぜん分からなくて怖いんです(>_<)


>それを指摘してもらってからは「えー、今の話、
>わかってもらってます?」って聞くようにしています。
>持つべきは、理解のある遠慮のない同僚かな。

ハッブルよ、そちはリクツに覚えがあるようだな。
ジヘイ騎士団に入って本格的に修行してみぬか?
もちろん、最初はパトロンからだが…。

閲覧者諸賢、リクツが共にあるように!

投稿: マスター・オールドニック | 2007年11月 7日 (水) 21時13分

いえいえ、パトロンだなんて恐れ多い。
まずは馬丁から修行させていただきますm(_ _)m
「みんなが何を考えているのか、どんな気持ちになっているのか、ぜんぜん分からなくて怖い」人のほうが、みんなが何を考えてるのかなんてぜーんぜん気にしない人より社会的だと思います。

投稿: ハッブル | 2007年11月 8日 (木) 21時07分

そうなんです。
高機能自閉症の診断を受ける前の私は、自分こそ社会性があり、ちゃんとコミュニケーションがとれる人間だと自負していたんです。

そりゃぁ、もう、すごい自信でしたよ。
集団を追い出されるのは自分のせいじゃなく、みんながコミュニケーション障害で理屈を言えないからだと信じて疑いませんでした(今でも!)。

投稿: 管理人(HFA) | 2007年11月 8日 (木) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/16713279

この記事へのトラックバック一覧です: ジヘイの騎士:

» 暮し生活 無料 []
驚きっす!暮し生活 無料 ゲーム。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 10時43分

« ストール・トゥルーパー | トップページ | 変節発達!“時弊症” »