« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

続・約束の家

「妻子」、「住宅」、「消費」 のうち、どれか一つを追求すれば他の二つはあきらめることになる、

…と堺屋太一が書いていた。

筆者にはコミュニケーションの障害があるから「妻子」を追求するのは無理だ。

したがって「住宅」 か「消費」 のいずれかを選択しなければならないワケだが、やはり「住宅」がよいだろう。

年を取るとアパートを貸してもらえなくなるから、若いうちから自己所有の住宅を追求しなければならない。

それに、自分の家ならネコを飼える! やった!(^^)v

自閉症の老人・老ネコが追い出されない、安心の居場所 “約束の家 を手に入れたらブログで報告するね!Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

正しいヒエラルキー

強者は謙遜しなければ下種だが、弱者はハッキリものを言って社会に対し批判と要求をしなければならない。それこそが本当の、本来の教養だ。

遠慮は要らぬ。存分に語れ。

ピラミッドでは大きくて重い石ほど底辺に使っている。

“強者は下に、弱者を上に。” 当たり前の静力学だ。

いわんや「パワハラ」するなぞ、沙汰の外である。

あえて批判を甘受する態度こそ、真の品格だ。

礼儀にうるさい人間ほど下品なモノは他にあるまい。

我々は、すべてに議論を尽くすべきだ。 KY歓迎!
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月20日 (水)

倖田來未

Photo ↑クロート兵の女性指揮官、“コマンダー・コウディー”。

 発達ウォーズに新たなキャラが加わってウレシイな♪

        なッ! ←コウディーのマネ

 
「35歳以上は羊水が腐る」の発言で物議をかもした、というよりみんなの怒りを買った倖田來未(25歳)。

出産経験が無く、まだ若い彼女が「羊水」という言葉をサラッと使ったのはちょっと不自然な感じがするが、週刊文春2月21日号によると、「羊水が腐る」と発言した背景には、倖田來未が友人と一緒にハマっているオカルト(!)信仰があるという。

水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ』という本で、水には感情があり、人間の言葉に反応して結晶が変わる(!)という「水信仰」の書である。

本書は“波動”とか“言霊”とか、スピリチュアル用語がいっぱい出てくる癒し本で、なんと松任谷由美や米倉良子、原田真二なども信者だという!

IQが高い人に限ってマインド・コントロールやオカルト信仰にハマりやすいとよくいわれる。

近代科学の父といわれるニュートンは、宗教家や錬金術師としての顔を持っていたし、医学の発展に貢献したパラケルススも、魔術学や占星術に造詣が深かった。

そういえば筆者も、“自閉風水”宗家の家元だしw

非凡なセンスの持ち主はみな、オカルティストなのだ。

頭が柔らかくて、科学的根拠や裏づけが無いことでも
想像して理解することができる。

ゆえに、皮肉なようだが、是々非々で判断する合理主義者がいちばん霊感商法に引っかかりやすいのである!

理屈っぽい奴をダマすのは簡単だ。

感情的な俗物、狸オヤジをダマすのは難しい!

クゥちゃん(倖田來未)はただ 純朴なだけ だと思う。

Kouda3

定型発達の文化では、知能の低い健常者(多数派の中の弱者)は目上の人を立てて人間関係を維持するために、欺瞞に満ちた枠組みだと分かっていてもダマされたフリをする

このような無批判者を「末端信者」と呼ぶ。

尚、『水は答えを知っている』への反論として『水はなんにも知らないよ』という本があり、科学的根拠で答えている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月18日 (月)

自閉女子。

“やっぱ35(歳)まわると、お母さんの羊水が腐ってくる
 んですね、ホントに(笑)”
                    倖田來未(25歳)

1月30日午前1時から放送されたニッポン放送『倖田來未のオールナイトニッポン』というラジオ番組で飛び出した問題発言。

批判が相次ぎ、倖田來未側はニューアルバムのプロモーション活動を自粛、CMキャラクターを務める化粧品のホームページは閉鎖となった。

「腐ってくる」の他、「汚れてくる」とも言ったそーな。

番組のトーク中、結婚したマネージャーがいつ子供を作るのかという話になり、問題の失言をした後に「…だから、できれば35歳ぐらいまでに子供を作って欲しいなって話をしてたんですけど…」と続けたらしい。

なるほど、発言の真意は「高齢出産するべからず」か。

それにしても論拠がデタラメすぎて、皮肉屋の筆者でもこのユーモアは意味が分かるまで時間がかかった。
巷ではかなりヒンシュクを買ったらしい。「デリカシーが無い!」と。

しかし荒唐無稽な口実を作ってでも、これぐらい強烈に「高齢出産するな!」と警告しなければ高機能自閉症の女性には伝わらないのではないか。

我らが“自閉女子”たちは、オブラートに包まれた指示を理解できない。障害のせいで忖度不能なのである。

「高齢出産は危険だよ」と言われても、「あ、そう。危険なのねぇ」としか思わない。「危険」の裏に込められた「マル高になるなよ」という冷たい真意を汲み取れない。

はっきり言ってもらわないと気づかないワケだが、いか
んせん 定型発達者は 敵意が無い限り 批判するのが
苦手
他人に対して「○○ しちゃダメ!」とは言えない
のである。(逆に敵意が有るときは積極的な批判を隠れみのにして暗に攻撃してくるのだが…(-_-;) )

そこでクゥちゃん(倖田來未)は一計を案じたのではないか。すなわち高齢出産を批判せず、代わりに高齢出産は不可能であるとウソをついて、巷の“自閉女子”が空気読まずに高齢出産するのを制止してあげた、みんなから嫌われるのを防いであげた、KYの芽を摘んだ、

         …というのは筆者の考えすぎだろうか?

 
        がんばれ!自閉女子。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

パソコン・スキル

「オレ、パソコンのことは全然わかんねぇから(^_^;)」

って言う人が多い。しかし、そういう人と実際に接してみると、概して中級レベルのPC操作スキルや専門知識がちゃんとある。

本当に何もできない人はというと、言い訳せずに
黙っている。

これはパソコンに限った話ではないが、上級レベルのスキルや知識のある人だけが「オレできる」と説明する。実に奇妙な現象だ。

上級者だけがスキルの当事者であることを自ら認め、他の者は無関係を装う。

結果、凄いスキルを持った「当事者」と無知を装った「局外者」だけで構成された強弱二元論の様相を呈する。必ずそうなる。

みんなはなぜ、そんな不思議な体裁を取り繕うのか?

         ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

斉藤さん②

Photo ↑唯一の味方をも批判し、ビンタを食らわす斉藤サン!

6日に放送されたTVドラマ『斉藤さん』の第5話である。

批判してくれる仲間こそが真の友達だ!というメッセージの話だった。

殴られているのは真野さん(ミムラ)といって、斉藤さんと多数派主婦たちとの間を取り持ってくれている唯一の友。

しかし真野さんの息子が他の子をイジメたのに、母親である真野さんが罪を認めないから、斉藤さんは容赦なく平手打ちを食らわした。

これを見て筆者は思い出した。然る中高年アスペルガーから“どんなにケンカしても友達だ”などと煽てられ、それを本気にしてしまったことから深く心を傷つけられた辛い過去を。

彼だけではない。筆者のことを「友達だ」と言ってくれた人は何人もいたが、その誰もが筆者を冷たく追い出した。

どうして筆者以外のみんなは、批判されたぐらいで怒るのだろう。良心や良識は無いのか?
 

  ↓斉藤さんに叩かれてショックを受ける真野さんPhoto_2
           ↑か、かわいい!

ミムラって初めて知ったけど、ポスト中谷美紀として筆者は大注目だ!

冒頭の画像で、後ろの木陰から覗いている気の弱い主婦は、今回から斉藤さんの“少数派グループ”に加わった小倉さん(真野さんよりもさらに弱い!)。

どうやら斉藤さんは、真野、小倉、という具合に気の弱い主婦を取り込んでいくようだ。なるほど多数派を切り崩すにはその手があったか!

それにしても、それにしてもである。

真野さんの息子によるイジメ問題が解決し、平和になったところでまたもアンパンマンのマーチがバックに流れていた! あ、当て付けだ!アイデア料払え!!

ラストでは少数派の女3人が仲良く横一列に並んで、
さながらチャーリーズ・エンジェルみたいだったw
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

自閉のキシー

Photo_2 
オールドニック:「ソロ船長、ワシにもしものコトがあっ
          ら、代わりにお前さんがレイイヤ姫を
          同盟軍基地まで送り届けてくれんか」

ソロ・バン:「冗談じゃねぇ。多数派に逆らうなんて自殺
        行為だ。イジメられるに決まってら。オレは
        ただでさえ “ ジャワ・ザ・カレー”が雇った
        賞金稼ぎ “ ピタッ・フィット” に追われて
        るんだ。このうえ理不尽な定型軍まで相手
        にしてたら身がもたねぇよ」

AD-HD:「無理やりパロディーにしてませんか?あま
        つさえジャワがジャワ族とカブッてるしw」

ソロ・バン:「う、うるせぇ!とにかく少数派の側につくの
        は損だから断るぜ!」

オールドニック:「おい、姫はモノ持ちなんだぞ」

ソロ・バン:「だから何だよ?」

オールドニック:「お前さん頭悪いなぁ。そろばん弾いて
         よく考えてみろ、姫を助けたら褒美として
         超レアなお宝グッズをいっぱい貰えるぞ
         それをオタク星人に横流しすれば高値で
         買ってくれるはずだ。フィギュア一体 10
         万円とか、アイドルグッズ30万円とか」

ソロ・バン:やるぜ!!

オールドニック:「ズレ子ちゃん、君は惑星ザコバまで
           ルーズを案内してやってくれ」

AD-HD:「え!? アタシは執筆・講演活動で忙しい
        のよォ。 そんな雑用は、暇人のキシーに
        やらせればいいでしょッ」

KIC-3PO:「ワ、ワタクシにだってスケジュールはあ
          りマス! 障害者の作業所でチラシの
          封入をやらなきゃいけないんデス!」

AD-HD:「そーんなのッ、タダ同然の工賃しか貰えな
        いんでしょ? 休みなさいよ!」

KIC-3PO:「だ、だめデスッ!ワタクシ、こう見えても
         作業所では中心メンバーなんでございマ
         スよ!」

AD-HD:「知恵遅れ相手にお山の大将気取ってん
        じゃないわよッ<`ヘ´> ちょっとは戦いの
        役に立ちなさいよ!」

KIC-3PO:「ち、知恵遅れ相手にお山の大将って…
          どっちのことデスかっ!」

ルーズ:「オーハシ叔父さん…(ワラ)」

オールドニック:「まぁまぁ、2体とも。キシーには宇宙案
        内できるほどの知能は無いだろう。一口に
        発達障害者といっても、いろいろな知的
        ルの人がいるからな。ズレ子ちゃん、頼む
        よ m(__)m 」

AD-HD:「ケッ。しょーがないわねぇ<`ヘ´> アンタた
        ち、男のクセに甲斐性無さ過ぎなのよッ!
        稼げない男に価値は無い!」

KIC-3PO:「そ、そんなハッキリおっしゃらなくても…」

ソロ・バン:「キシーはヤケに礼儀正しいな。空気も読ん
        でるみたいだし、自閉症じゃねぇみてぇだ」

オールドニック:「キシーはおかしいんだよ。docchitsu
          kazuの発言ばかりするし、挙句の果て
          には “批判せずにハッピーになれれば
          それでいい”なんて卑怯なコメントを寄
          せた! 支配者に都合のいい愚民だ。
          人工知能が発達しちゃったのかな?」

AD-HD:「アタシはねぇ、就職できると思い込んでる
       キシーも、ハナから就職できないと悟りきっ
       てるジヘイの騎士も、両方ムカつくんだよ!
       お前らは、男じゃない!」

キスバッカ:「パォーーンッ!」

ソロ・バン:「デス・ワークが見えてきたぜ!」

 Photo

 

KIC-3PO:「まぁー!なんて大きい要塞なんでござい
         まショ!あれが旧ハッタツ・ワークだなん
         て信じられマセン!」

AD-HD:「あそこにタマダ皇定がいるのね」

オールドニック:「 ヒエッ、こ、怖い~ッ(>_<)」

KIC-3PO:「PTSDの症状でございマスね?」

ソロ・バン:「情けなねぇジィさんだな!」

ルーズ:「チンは悪くないよ!パワハラした
      タマダ皇定が悪いんだ!」

オールドニック:「ワシをかばってくれて、ありがとうよ、
      ルーズ。君は本当に弱者思いの優しい子だ。
      でもな、もしワシがデス・ワークから戻って来
      れなかったら、そのときは構わず出発して惑
      星ザコバへ向かうのじゃぞっ。分かってるな、
      ルーズ」

ルーズ:「うん。それは分かってるけど、偉大なチンが戻
      って来れないわけないよ(^^)v 発達宇宙の誰
      もジヘイを束縛できないんだし、そもそも こっ
      ちのリクツの方が正しいんだよッ♪ ダース・
      ノッブが文句を言えるわけないじゃん (^0_0^)
      論理的に考えれば、必ずレイイヤ姫を連れて
      戻って来れるはずだよ~ん\(-o-)/」

Photo

オールドニック:「…うん。そうだな、 きっと。(^-^)」

KIC-3PO:「ワタクシも、恋愛あきらめてマセン」

AD-HD:「オエ~ッ!!イタタッ…」

ソロ・バン:「 ・ ・ ・ (なぜかな、二度とこのジィさんに
                 会えない気がするぜ…)」

 

               つづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »