« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

斉藤さん④

斉藤さん』の最終回を見逃したと伝えましたが、
閲覧者のアスラ様から教えていただいた韓国の
動画配信サイト「パンドラ・テレビ」で観ることが
出来ました! やったぁ~ッ\(-o-)/

最終回のストーリーでは、正しい道理や社会的正義は
あまり関係なく、ひたすら観月ありさ演じる“斉藤さん”と
ミムラ演じる“真野サンw”の友情物語が展開した!

とはいえ、お約束の“正義描写”も物語に関係なく随所に盛り込まれており、15分延長の最終回だから出血大サービス!とばかりに何回もあったw

特に、知識不足の消費者に向かってワザと専門用語を使い、テクハラする鼻持ちならない店員に対し斉藤さんが「説明すれば済むことでしょ!」と一喝する場面は“斉藤節”炸裂!で爽快w

説明せず、教えず、玄人気取りで知識や技術を独占し自らを権威づける見え透いた厭味が、多数派とその取り巻きたちにとっては極めて “カッコイイこと”、“オトナっぽいこと” なのだッ!

前回の“絶交”から仲直りした斉藤さんと真野サンwが、街に繰り出して無邪気に遊ぶくだりは、まるでバカップルのイチャイチャ・デートのようで微笑ましかったw

しかしKYで嫌われ者だったはずの斉藤さんが、なぜかみんなに惜しまれつつ外国へ旅立つというのは、どう考えてもヘンであり、ご都合主義だ。筆者は共感できなかった(-_-;)

冷たく地域から追い出されるという方がリアルな話になっただろうが、ソコは視聴率主義のエンターテイメントのこと、多数派が喜ぶミエミエの社交辞令的な絵空事に
なってしまった…(ーー;)

斉藤さんと真野っちwの二人は、空港でお別れする時
「私たちは友達だから」と言葉で何度も確認し合うのだ
が、実際に“定型発達のおともだち”に向かってあんな
ハッキリ気持ちを伝えたら、間違いなく嫌われる!

みんなはハッキリしてしまうコトが気持ち悪いのだ。

ただし、社交辞令として友達呼ばわりすることは
多々あり、筆者はソレに散々ダマされてきた。

閑話休題、『斉藤さん』第11話(最終回)は、ミムラ演じる無邪気な変人美女“真野若葉”サンの切ない魅力wが終始全開で、心底から楽しませてもらったよ~ん!

  マスター・アスラよ、オメェーも観ろよッ!(←強要)

             <`~´>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

ナチスのUFO

Foo1

アメリカに「フーファイターズ」という人気ロック・バンドがいるが、この名前は第二次大戦時に世界中のパイロット を驚かせた謎の超戦闘機 “フーファイター”に由来する。

アドルフ・ヒトラー率いるナチスが1937年にアララト山でノアの箱舟を捜索中に(!)偶然、太古の昔に墜落したUFOの残骸を発見して回収し、その超テクノロジーを研究したと噂されている。

また、V2ロケットを開発したフォン・ブラウン博士による「V-7 計画」という話もある。ルーマニア人の発明家アンリ・コリンダ博士が作った円盤型飛行物体に目をつけたヒトラーが、これをベースに円盤型航空機を開発させたというのだ。

「V-7」は1945年2月14日にテスト飛行に成功したが実戦配備には間に合わず、終戦時にすべての試作機が破壊されたという。

Foo2_2

しかし設計図は残り、アメリカはこれを基にステルス戦闘機を開発したという説がある。

架空の歴史を描いたバーチャル戦記にも、“ナチスの円盤型戦闘機”がよく登場する。YouTube

第二次大戦時、“フーファイター”という名で呼んだのは連合軍兵士たちで、現在のUFO研究家らの間でも「フーファイターは欧州戦線に飛来し、連合軍パイロットを震撼させた。ゆえにナチスの秘密兵器であろう」とする向きが強いようだ。

しかし実際には世界各国に飛来しており、特に日本
周辺でよく目撃されていたという…(!)。

   ↓1942年に日本軍が撮影したフーファイターFoo3
         ゼロ戦とドッグ・ファイト!?

フーファイターがアメリカ本土付近で目撃されたときには「日本軍の秘密兵器だ!」とか「近海に日本の空母がいる!」などの“日本軍説”がささやかれた。

 ↓1942年、ロサンゼルスに飛来したフーファイターFoo4

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

斉藤さん③

Henjin_2  

…さ、斉藤さんの最終回を…見逃した(;O;)

エ、エ~~ンッ、エ~ンッ \(ToT)/

家族の看病が忙しくて、観るの忘れちゃった…(泣)

シクシク。 シクシク。(T_T)

オ、オデの好きな“ 変人”真野っちは、
最後にどうなったんだよォー!!

前回のラストで、斉藤さんから突然絶交された(!)
我らが  自閉女子  真野サンw はどうやって立ち
直ったんだぁー!?

き、気になるぅー!!

最終回は15分延長だったから、いつもよりタップリと
ミムラの怪演を楽しめたハズなのにィ~!!

だ、誰か、閲覧者のみなサマの中に録画した
方がいらっしゃいましたら、どうかダビングして
オデに送ってくださいッ!! お願~いッ!!

            \(ToT)/

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

定型発達者

Photo_3        健常者。 銀河定型の支配階級↑

共和国時代には最も下級の市民で、朝から晩まで勤勉
に働き、社会的弱者(当時の上流階級)を養っていた。

面白いことがあったわけでもないのに、なぜか意味も
なく
ニコニコしていて、自分の意見を言わない。

挨拶を無視されると激昂して、恐ろしく攻撃的になる。

なぜか全員大卒ホワイトカラーで、趣味は玄人はだし、週末にはボランティアまでやっている。「自分」が無い。

学生時代には「ブカツ」という軍隊で厳しい訓練を受けており、上下関係・集団行動のエキスパートである。

「ジョーシキ」、「レーセ ツ」、「カンシュー」に凝り固まっ
ており、ジヘイの操る「リク ツ」は一切通じない
(それゆえにジヘイたちは“リクツ・セーバー”という光線
剣で戦う「ジヘイの騎士」になったという経緯がある!)

定型人は常に向上心旺盛で不言実行。プライドや
義務感、実務遂行能力が高く、深い哲学など無用と
考えている。

彼らにとっての秩序とは「場の空気」や「従属関係」のことであり、共和国時代に重んじられた「法律」や「倫理」、「原理原則」といったライト・リクツは、銀河定型となった今では形骸化している。タテマエってやつだ。

ホンネとタテマエを使い分け、家族や友人にも決して
本心を明かさないという謎のエイリアンたちである!

住所や学歴、職業や収入、容姿や社会的地位などで
人を評価する、ブランド志向のカリスマ追従型スノッブ
である。要するに“立派な社会人”だ。

セックスアピールがあり、異性にはモテモテ。

「ジヘイ・マスター」に対抗して「合コン・マスター」を自認

経験豊富で、テクがあり、相手を喜ばせることに長けている。自分の趣味は無い。

野球や地理に詳しく、芸能や時事ネタの話なら何時間
でも延々しゃべり続けることができる。

好きな音楽はB’Z、浜崎あゆみ、倖田來未、コブクロ、
…思考停止した消費奴隷である(-_-;)

情動的で気分屋、ヒステリックな性格だが、なぜか
オカルトは信じず、科学の権威に平伏す。

議論が嫌い。思索は無益、思想はウザい。

軽薄なステレオタイプ、野蛮なファシストである。

直感が鋭く、スポーツ万能で、車の運転もウマい。
不器用な発達障害者には無い優れた資質といえる。

営みの原動力はカネとセックス、そして名誉欲である。

発達市民、特に個人主義の象徴「ジヘイ騎士団」を心底から軽蔑しており、「無邪気=悪」「個性=罪」と考えている。

恐るべきリクツの暗玄面“ヘリクツ”を操るダース・ノッブ卿に面従腹背しているが、内心では「成り上がりの自閉症者め!」と蔑んでいる。

Photo_2

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年3月18日 (火)

映画「発達ウォーズ」製作発表

 
監督……原田眞人(SW吹き替え監修者)

オナ=チン・ゲノービ……仲代達矢

ルーズ・タカイウォーカー……ウエンツ英士

AD-HD……高山恵子

KIC-3PO……岸 邦彦

レイイヤ姫……ミムラ

ソロ・バン…… オデ (ミムラとのキスシーンあり)

キス・バッカ……和田アキ子

ダース・ノッブ……ジャイアント白田

アスピー・タカイウォーカー……藤原竜也

オトタケ将軍……乙武洋匡

オーハシ叔父……カンニング竹山

モブ・ターンコート総督……ジェンキンスさん

タマダ皇定……高市早苗(衆議院議員)

アンジェラ伯爵……アンジェラ・アキ

各種トゥルーパー……若手お笑い芸人たち

イホビット族……日本やアジアの小人症者たち

ジャワ・ザ・カレー……KONISHIKI

ピタ・フィット……誰でもいい

ジャンボ・チンポ……倖田來未

アクビー提督……テリー伊藤

メイク(Mac)・ウィンドウズ……ゾマホン

ラングドン・ダウンレジメン男爵……髭を伸ばしたジェロ

イザベラ王女……ソニン

ゼン・ゼン・ノビンクス……オデの弟

コワイ=ヘン・ジン……真田広之

ベール・オルタナ議員……渡辺 兼

群衆のエキストラ……全国の暇な発達障害の大人たち

脚本……石田衣良(監修…オデ)

VFX……円谷プロ、東宝特撮スタッフ

音楽……伊福部 昭

 
    日本映画界が総力を結集して世界に放つ、
       究極の福祉エンターテイメント!

         『発達ウォーズ』

    2011年夏休み全国超拡大ロードショー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

定型軍の会議

Photo  

定型発達者:「スノッブ卿、君の “ヘリクツ” と やらで
         反乱軍を論破できたのかね? デス 
         ワークが完成した今、おかしな小理屈
         など 無用 だ!そんな 頭デッカチな 机
         上の空論よりも、実力をつけるべきだ。
         これからは品質向上に努め、株主より
         もお客様に満足していただけるサービ
         スを目指すのだ!」

ダース・ノッブ:「むっ!ダーク・リクツを否定するとは
        許せん!無知な消費者に益するなぞは、
        弱肉強食たる自然の掟に反することだ」

定型発達者:「お客様に失礼だぞ!だいたいスノッブ
         卿は挨拶もせずに入ってきて、無礼に
         もほどがある!」

ダース・ノッブ:「挨拶がそんなに大事かな。そもそも
           “ヘリクツ” を否定する君の意見に、
          科学的根拠や歴史的裏づけがあるの
          か? 論文書いて出せ!!」

定型発達者:「…ウッ、そ、それは…。く、苦しい!」

 Photo

 

ダース・ノッブ:「フッフッフッ。“ヘリクツ”に比すれば
 凡人の真面目な努力なぞ寡少な戦力に過ぎないw」

定型発達者:「…ゥウッ、は、恥ずかしい…(>_<)」

モブ・ターンコート総督:「 もうよい!スノッブ卿、
                 揚げ足を返してやれ」

ダース・ノッブ:「おおせとあらば…」

モブ・ターンコート総督:「君の強大なヘリクツの知識
                は反乱軍との決戦の日まで
                温存しておきたまえ」

定型発達者:「総督閣下、わが要塞の設計図を盗まれ
      たからといって反乱軍など恐れるに足りませ
      ん。敵は不器量な発達障害者ですぞ。われら
      定型軍のハイテク設計図を、知能の低い奴ら
      が理解できるとは思えませんw」

ダース・ノッブ:「発達障害者といえども侮るなかれ。
          彼らの中には健常者よりも 知能の
          高い者がいる」

モブ・ターンコート総督:「君のようにかね?
                タカイウォーカー」

ダース・ノッブ:「その名前は、もはや私にとって無
          意味だ。今の私は皇陛下に仕え、
          みんなからチヤホヤされる社会的
          権威 “ロード・スノッブ” だ!」

パシリ健常者:「ご報告申し上げます!1138ブロック
          にて “オナ=チン・ゲノービ” と名乗る
          変人の侵入者を発見。挙動不審で挨
          拶もせず、無作法にも“リクツ”をこね
          ているとのこと!」

モブ・ターンコート総督:「“リクツ”だと!? ジヘイは
                滅亡したのではなかったの
                か!」

ダース・ノッブ: ・・・。其奴はどんな身なりで、
          何を批判していた?」

パシリ健常者:「大きなサングラスをかけて、無印良品
          のブルゾンを着て、アンジェラ・アキを
          批判している模様です!」

ダース・ノッブ:「むっ!それはオールドニックに違い
           ない!奴め、またオレを説得しに来
           たなッ!」

モブ・ターンコート総督:「スノッブ卿、個人主義者の
                生き残りを絶対に逃がすで
                ないぞ!!」

ダース・ノッブ:「しつこいKYだから逃げますまい。奴
          の目当ては私です。あの甲斐性ナシ
          のヘッポコ師匠め、今度こそ返り討ち
          にしてやるッ!」

 

               つづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

シニック・センス

 感性っていうのは、嫌悪感のあるモノとか、自分の
 嫌いなモノを入れていかないと、その人は年を取る”

                        テリー伊藤

 
橋下府知事のあまのじゃくな5歳の次女が、名前を書かれた者に死が訪れるデスノート(を模ったパンフレット)に「パパ」と書いた(!)話に、筆者は大いに笑ったw

本当に頭のいい子だと思う(^u^)

しかるに批判的な風刺やパロディー、ブラック・ユーモアといったものは、特定の人たちを大いに笑わせる一方で、しばしば社会の多数派を怒らせてしまう(-_-;)

みんなの文化(即ち集団主義)では、正しいことを言った功績よりも、多数派の嫌がることを言った罪の方が重い。

マイナス要因からも目を背けずに、ダメなものはダメと笑い飛ばすシニックな風土が多数派(特に日本人!)には無い。そんなセンスは皆無なんである。

料簡の狭い多数派にとっては、グサッとくるような“センス・オブ・ワンダー”は悪趣味なのである。そーゆー文化なのだ(-_-;)

大勢の評価を受けるものは概して、毒にも薬にもならぬ当たり障りの無い、ジョーシキ的で、デントー的で、お子様ランチ的な、結果よりも人間関係を重視したような、IQは高いがセンスの悪い、アホで下世話な噴飯モノばっかり!

遊び心は理解されない。論理的なジョークは嫌わ
れる! 多数派は圧倒的に無粋なのだ。

ニコやかな冗談を隠れ蓑にして、悪意や敵意をそれとなく臭わせる、徹底してノンバーバルな文化の多数派(特に日本人!)には、純粋に冗談を冗談として楽しむ良識など無い。

英米では批判的な作品が“深い”と評価されるが、日本では曖昧な作品が“深い”と勘違いされる。民度が低いのである(-_-;)

自分の知っている範囲のことしか許容できない狭量さ、価値観の違う人や弱い立場の人とは仲良くしない偏狭さ、「場の空気」に従わない皮肉屋を誤解して排斥する無理解さ、こんな奴らに本当のユーモアなど分かってたまるか!

シャレにならない「暗黙の禁忌」「社会的タブー」を、あえてシャレにするオシャレが分からない野暮で下衆いヤツらが、ただマジョリティーってだけで本物の分かるエリートづらすんじゃねぇよッ!

本当にクォリティーの高いユーモアを知りたければ、

      発達ウォーズ を読め!

コメントも書け!自閉世界は読み逃げ禁止じゃ<`ヘ´>

プラス思考にうんざりしているあなたへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 9日 (日)

「火垂るの墓」の演出家

「理想と現実の相克を、理想を捨てることで解決しようとするのは愚かだ。

民主主義、意見の違いを許す度量、違うことをする人を認める度量、そのどれをとっても歴史的に異分子を排除する、全員一致主義をとってきた日本は弱い。

理想と現実との整合性を求め、現実に合わせるべき
だと思っている人々は間違っている」

                         高畑 勲

 

ジブリの森へ―高畑勲・宮崎駿を読む (叢書・知の森)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

自閉ネコの階段

Photo  鉄製の階段で、いつも置き去りにされる自閉ネコ…。

母ノラ猫が逃げ去った後はこんな感じでジッとしている。

危険が分からない、独りで遊ぶことも知らない。

とにかく、どうしていいのか分からない様子で、途方にくれてしまうのである。

動物とのコミュニケーションを楽しみたい人にとっては、KYな自閉ネコはちっとも可愛げの無いヤツなんだろうなぁ。

筆者が自閉ネコとよく遭遇する場所は、裏庭のポーチと鉄階段だ。

ポーチは筆者が寝ている部屋の前、「タカくん」を吊っている場所であるが、ここに自閉ネコが独り直立不動でボーッと佇んでいるのを見かけることがある。

しかし最もよく見かけるのは、鉄階段で母ノラ猫と上り下りの練習をしている(…というより、させられている)ときである。

なにしろ鉄製の階段なので、肉球のある猫が昇降しても タン、タン、タン、という足音がしっかり筆者の寝室まで聞こえてしまう。

筆者はハッとしてすぐに庭へ出る。すると警戒心の強い母ノラは子猫を見捨てて一目散に階段を駆け上がり、姿を消してしまう。

普通なら子猫も一緒にすごいスピードで逃げるものだが、発達障害と思しきこの子猫は階段にとどまったまま微動だにしない(!)

筆者が カン、カン、と音をたてて階段を上り、近づいて見つめても、自閉ネコがコチラを気にする様子は一切ない。筆者が近づいてきたことはちゃんと分かっているハズだが、ソレが何を意味しているのかが分からないらしく、ちっとも怖がらないのである。

見上げると、姿を消したはずの母ノラ猫が、階段の天辺から顔をニュッと突き出してコチラを見つめている。瞬きもせずにジ~ッと見ている。よほど心配なのだろう。

しかし筆者がちょっとでも母ノラ猫に近づくと、この美猫はサッと逃げるのである。いつもこうだw

5匹の子猫のうち、自閉ネコだけが未だに母ノラ猫と
一緒に行動している(-_-;)。兄弟3匹・姉妹1匹はどこ
でどうしているのやら…。

毎度、毎度、練習の邪魔をしてゴメン(-_-;)

オデは子猫がカワイイだけなんだ。イジメるつもりはないから、母ノラ猫も逃げなきゃいいのに。

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ

(母ノラ猫の画像は「自閉ネコの家族」カテにあるよ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »