« 斉藤さん⑤ | トップページ | モラルの退廃 »

2008年4月 4日 (金)

そして猫もいなくなった

Photo

 

   人間でいえば「トロい子」「気の利かない奴」…。

 

           ▼ 指示待ちネコ。Photo

 筆者がこんなに近づいてるのに、ちっとも逃げない。

 

      自閉ネコ、キミは何に興味があるの?

 

   ▼ 誰か、指示を出してあげてください…(^_^;)Photo_4

 

 
 

|

« 斉藤さん⑤ | トップページ | モラルの退廃 »

自閉ネコ」カテゴリの記事

コメント

オデの小さいころを思い出しました。
指示待ちは、社会でもまれたので、
しなくなりましたが、今でも指示待ちなときもあります。
空気嫁ーオデ...

投稿: アスラ | 2008年4月 4日 (金) 02時38分

アスラさん、こんにちは。
コメントありがとうございます(^o^)丿

>オデの小さいころを思い出しました。

でしょー! 私も自閉ネコを見ていると、まるで子供の頃の自分と対面したかのような不思議なシンパシーを覚えずにはいられません。

大型企画「発達ウォーズ」にかまけて、「自閉ネコ」カテの更新が遅れていましたが、これからはどんどん画像をアップしていきますね!

それから…例の結社の件、よろしく頼みますぜ<`~´>

投稿: 管理人 | 2008年4月 4日 (金) 18時34分

かわいい・・・

このKYさが可愛くてしゃーねー。

空気読めない度は私も負けませんが、
口から理屈がピョンピョン出るので、かわいくなかろうかと思います。

投稿: れいんぼのはは | 2008年4月 5日 (土) 20時08分

れいんぼのははさん、こんばんは。
自閉ネコを褒めてくださって、ありがとうございます(^o^)

>空気読めない度は私も負けませんが、
>口から理屈がピョンピョン出るので、
>かわいくなかろうかと思います。

職場などでよく、仕事はみんなよりトロいくせに、それを責められると理屈で反論・言い訳して、余計に嫌われ、孤立しちゃってるKYな大人を見かけることがあります。

そーゆー大人は職場を転々とすることになるんですが、これを自閉症者だと仮定すると、悪意で言い訳してるんじゃないですよねぇ。

誠実に理由を説明しているツモリなのに、なぜかみんなが怒るから、ワケ分かんなくて追い詰められてしまう…。

じゃぁ理屈を言わなきゃ許してもらえるのかっていうと、そーでもない。

「すいません、すいません」と謝り続け、でもトロいのは直らず、本気で反省して狼狽していたら、それが一番嫌われる!

「卑屈で弱い子」「取るに足りないヤツ」と思われ、ナメられるんです。だからどんなに悪く思われても“理屈で言い訳”した方がマシです。

ま、どっちにしろ迫害は受けるわけですが…(-_-;)

オデっちは、小さい頃はマトモにしゃべる能力すら無かったから、かえって人の恨みを買うことは無かったんですが、大人になってからは嫌われてばっかりですねぇ(ーー;)

投稿: 管理人 | 2008年4月 5日 (土) 23時19分

お久しぶりです。
なんか異動して忙しくて、なかなかあちこちのブログにお邪魔できません。
自閉ネコちゃん、かわいい!
でも、なんか全然大きくならないですね。いつまでも子猫って感じ…(いやそれがまたかわいいんだけど^^)。やっぱり発達障害なのかなあ…?

私もとろかったと思います。
早くに背が伸びたので、クラスで一番背が高くなったらあまりいじめられなくなったけど、それまでは結構いじめられてたなあ。
んで、中学生の頃のイジメの「シカト」。これはいじめられてることにも気づかなかったのでした。
ありがたいことに物忘れもひどいので、つらい経験もけっこうな割合で忘れてるみたい。だからシアワセなのかなあ~、と思うようにしてます。
空気嫁、これも難しい。とりあえずわかんないときは黙ってる、っていうのがまたなかなか学習できないんですよね~(^^;)

投稿: ハッブル | 2008年4月13日 (日) 21時35分

ハッブルさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>でも、なんか全然大きくならないですね。
>いつまでも子猫って感じ…(いやそれがまた
>かわいいんだけど^^)。やっぱり発達障害な
>のかなあ…?

す、すいません。この記事は去年公開するはずだったんですが、期せずして「発達ウォーズ」という大型企画がスタートしてしまい、ソチラの方(健常者批判カテ)に熱中するあまり、ほのぼのとした自閉ネコカテが後回しになっちゃんたんです(ーー;)

猫との交流ですが、最近もいろいろありましたよ。
母ノラ猫が家の中に入ってきたり(!)、成長した
兄妹ネコたちとバッタリ出くわしたり。

あの兄妹ネコたちは一緒に行動してるみたいなんですが、自閉ネコだけは…(-_-;)


>んで、中学生の頃のイジメの「シカト」。
>これはいじめられてることにも気づかなかった
>のでした。

そう、そう。いわゆるモラハラのような、巧妙な、
“殴らないイジメ” “精神的暴力”で攻撃されると、
自閉症の人間には意味が分からず、反撃できな
いんですよねぇ(ーー;)

でも、大人のイジメは全部この“殴らないイジメ”なんですよ。吉良上野介が浅野内匠頭にやったような…。


>とりあえずわかんないときは黙ってる、
>っていうのがまたなかなか学習できな
>いんですよね~(^^;

そうですねぇ、徹底議論する文化なので。
ソコがまた、みんなを憤激させるんでしょうねぇ(-_-;)

オデたちはただ真面目なだけなのに…。

投稿: 管理人 | 2008年4月13日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/40706520

この記事へのトラックバック一覧です: そして猫もいなくなった:

» 『そして誰もいなくなった』 by アガサ・クリスティー [with a kiss,passing the key]
英国のある離れ小島に、年齢も職業も異なる十人の男女が招待されます。 しかし、招待した筈の島のオーナーは現れず、招待客はその孤島に取り残されます。 晩餐の席、招待客それぞれが犯した罪が告発されて、ひとりまたひとりと招待客は殺されていきます。 しかも、ある旧い童謡の歌詞そのままのとおりに殺されていくのです。 原著『And Then There Were None 』(画面左) 『そして誰もいなくなった』(画面右) ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 21時53分

« 斉藤さん⑤ | トップページ | モラルの退廃 »