« ジョージ・リークツ監督 | トップページ | 映画「発達ウォーズ」製作発表 その2 »

2008年5月24日 (土)

隠し砦の三悪人THE LAST PRINCESS

Photo

これは日本版スターウォーズだ!
まるでパロディー映画みたいになっている
SW時代劇である。

椎名桔平の黒武者がダースベイダーで、

阿部 寛のヒゲ侍がオビワン&チューバッカ(!)で、

松本 潤がC-3PO&ルーク(!)で、

宮川大輔がR2-D2&ハン・ソロ(!!)。

長澤まさみはもちろんレイア姫である。

特に面白いのが黒武者で、マスクとヘルメットを脱いだ姿までダースベイダーそっくりなのだ!

そしてなんと! デス・スター大爆発のシークエンスまで翻案している! しかもその爆破方法が、筆者が「発達ウォーズ」最終章の草稿に書いたデス・ワーク大爆破のアイデアに酷似していたのだ!

東宝スタッフが筆者PCをハッキングしたに違いない!

斉藤さん』につづいて二度目の盗作、 許せん!!

高嶋政宏演じるインテリ(?)侍が、椎名桔平演じる
シーナベイダー(笑)のことを「成り上がりの田舎侍め」
と侮蔑するところなんか、発達ウォーズの定型発達者
そのまんまじゃねぇーか!! パクられた!!

本作は「発達ウォーズ」の盗作なのである。

 
とはいえ弱者を思いやって涙を流す雪姫(長澤まさみ)には共感した。

 「教えてくれ、民は主君を必要としているのか?」

姫が投げかけたこの問いは、筆者がずっと感じてきた疑問でもある。 ピタリと符合した感じだ。

昨日まで、筆者はずっと長澤まさみを誤解していた。
世の多数派に大人気のブリ・ブリ・ブリッ子、汚らわしいバカ女とばかり思っていたが、本作の雪姫を観て感心した次第。

でも、雪姫を慕う「民」が全員ニコニコしっぱなしなのはいかにも定型発達の民(つまり愚民)って感じで怖かった。これじゃ朝鮮人民だよ!

松本 潤が「裏切り御免」と言って栄光を捨てるラストは面白いと思った(ネタバレご免)。まるで筆者の大好きな『四時の悪魔』のフランク・シナトラみたいだからだ。

こーゆー洒落た演出には目が無くてねぇ(-。-)y-゜゜゜

本作をハナから馬鹿にして観に行っていない人も多いと思うが、観ても損は無いと思う。

“シーナベイダー”を観れるだけでも価値はある!(笑)

|

« ジョージ・リークツ監督 | トップページ | 映画「発達ウォーズ」製作発表 その2 »

邦画&テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

初めまして。私も自閉症スペクトラムの世界の者ですが…分かりづらいので理解はしかねますが…知的なお話しや他の発達障がい者に対する批判的なお話しはやめて下さい。当事者より。

投稿: 鈴蘭 | 2008年5月26日 (月) 15時40分

鈴蘭様
はじめまして。コメントありがとうございますm(__)m

>分かりづらいので理解はしかねますが…

分かりづらい?理解しかねる?どうしてでしょうか?
私のブログではYESかNOかハッキリ書いていますよ。


>知的なお話しや他の発達障がい者に対する批判的な
>お話しはやめて下さい。当事者より。

どうしてやめなきゃいけないのですか?
他の発達障害者を批判しちゃいけないのはなぜ?

それに、鈴蘭さんはどうして「障害」を「障がい」などと表記しておられるのですか?私は気に入りません!

私はこれからも他の発達障害者や愚かなる定型発達者を批判していきます!

世の中を良くしたいのです。

投稿: 管理人 | 2008年5月26日 (月) 16時28分

オールドニックさん。コメントのお返事ありがとうございます。私は争い事が嫌いです。万事…生きている全ての人々が思う様な幸せな生き方が出来るとは限りませんが…色々な人々がそれなりに思いやりを持てたり、示したり出来ると…きっと、視野が開けると信じているからです。私も傾聴の講習を受けたりして来て感じました。それまでは、積極奇異型のアスペルガー症候群のキツーイ私でした。今も理解も支援も人のお話しを少しも聞けない私でいたとしたら…と思うとゾッとします。それと障害を障がいと書くのは、害という文字が嫌いなのと、次男坊が障害があっても僕は一人の生きている人間だよ…と言われてからです。他にはありません。

投稿: 鈴蘭 | 2008年5月26日 (月) 22時23分

発達障害者のオフ会を開きたいって医者に話したら、「アスペルガーの人のオフ会はやめといた方がいいよ~」って言われました。

医者もさじを投げるほど大変なコトなんでしょうか?

>今も理解も支援も人のお話しを少しも聞けない私
>でいたとしたら…と思うとゾッとします。

「理解」とか「人のお話し」と仰いますが、ソレを求めるとどうしても「議論」というか、話し合いが必要になってくるんじゃないですか?

「批判」の無い話し合いなんて、ただの駄弁でしょう。

投稿: 管理人 | 2008年5月27日 (火) 03時29分

初めまして。
16mmと申します。
TBありがとうございました。
リメイク(リボーン)された作品としてかなり良質な映画だったと思います。
なんの考えもなく単にオリジナルをなぞった(ラストはなぞらずに改悪していましたが)『椿三十郎』とは雲泥の差だと思います。

投稿: 16mm | 2008年5月27日 (火) 06時10分

16mm様初めまして。
コメントありがとうごさいます(^o^)丿

織田裕二の『椿三十郎』は評判悪いですねぇ。
私は観ていませんが…。

私は日本映画って、ほとんど観に行ったことが
無かったんです。

ゆえに本作は異例中の異例だったんですが、
期待に応えてくれた感じです。

コレを皮切りに日本映画が発展していけば
いいのですが…。

投稿: 管理人 | 2008年5月27日 (火) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/41306364

この記事へのトラックバック一覧です: 隠し砦の三悪人THE LAST PRINCESS:

» 長澤まさみ [人気 芸能人 を探せ]
神業!!!すごい. 詳しくはコチラをクリック≫; 神業!!! すごい. 神業!!! すごい. 詳しくはコチラをクリック≫; 神業!!! ?超初心者主婦がわずか1時間足らずで情報起業家デビューした方法?最速情報起業マニュアル「ゼロ戦」; テリー伊藤氏も「あ然! ...上戸彩「ホカベン」と長澤まさみ・上野樹里「ラスト・フレンズ7話予告」なぜ、これで視聴率が取れないのだろう。 それにしても、上戸彩のような弁護士に一度会いたい。正義感が先に来る弁護士に。 長澤まさみ・上野樹里「ラスト...... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 10時13分

» 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS [音源雑記帖]
昨日、品川プリンスで観て来たんですが、何より心配だったのが、雨とはいえ休日のこの [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 20時19分

» 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
この映画の唯一の見所は、オリジナルをトレースするだけでなく現代風にアレンジしたところ。侍と2人の若者が、金塊と姫君を守りながら冒険を繰り広げる娯楽活劇だ。何をやっても文句が出る黒澤映画リメイクには、これくらいの気概を持ちたいもの。ロマンスを盛り込むなど不....... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 21時05分

» 映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」(2008年、米) [富久亭日乗]
    ★★★★☆  黒澤明の傑作時代劇「隠し砦の三悪人」(1958年)のリメイク。 随所に新しいアイデアが盛り込まれた力作だ。  時は戦国時代、山名家に敗れた秋月家の武将、 真壁六郎太(阿部寛、オリジナルは三船敏郎)は、 秋月家の雪姫(長澤まさみ、オリジナルは上原美佐)を擁して、 お家再興のための軍資金の金塊と共に、 隠し砦にこもった。 そこへやって来た山の民の武蔵(松本潤、オリジナルは太平=千秋実)と 新八(宮川大輔、オリジナルは又七=藤原釜足)は、 偶然に金塊を発見する。 六郎太は、2人を味方... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 21時51分

» 『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』 [流れよわが涙、と、おぢさんはゆった]
本日ジムに。ランニング・マシンで1時間。筋トレ少々。92.11キログラム。 金曜日、例によって池袋のカプセルに入ったわけだが、そこの食堂でめんたいこおにぎりを食べる。 旨い。 握っているのは間違いなくオッサンなわけだが(笑)あったかいメシとパリパリの海苔のおにぎりってこんなにもオイシイんだな。 コンビニのおにぎりに慣れてしまったせいか結構感動。 しばらくはラーメンではなく、ここでのおにぎりにハマりそうである(笑) ここんとこ毎日気にしている青山学院大学の瀬尾准教授問題。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月27日 (火) 06時05分

» 【映画】隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS [新!やさぐれ日記]
■動機 黒澤明版が面白かったため ■感想 題名と副題入れ替えたらよかったのでは? ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 戦国時代、小国の山名は隣接する大国早川陥落を狙い、まずはもう一つの隣国である秋月に攻め入り成功を収める。その城内で山名の軍勢は秋月の軍資金である“黄金百貫”を見つけようと躍起になっていた。そんな折り、城で強制労働をさせられていた武蔵(松本潤)と新八(宮川大輔)は逃走し、偶然滝のほとりで黄金百貫を見つける。 ■コメント 予告編を見る限りでは、あんまり面... [続きを読む]

受信: 2008年5月27日 (火) 12時19分

» 【ネット】サイバー攻撃対策、日本と韓国の官民がタッグを組み、情報共有サイト構築へ[06/06] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1212684097/ [続きを読む]

受信: 2008年6月 9日 (月) 22時56分

» 『隠し砦の三悪人』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「隠し砦の三悪人」□監督 樋口真嗣 □脚本 中島かずき □キャスト 松本潤、長澤まさみ、椎名桔平、宮川大輔、阿部寛、甲本雅裕、生瀬勝久、古田新太、上川隆也、高嶋政宏、國村隼■鑑賞日 6月7日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>    “裏切り御免!” これって『アフタースクール』のコピーでもいいような(爆)  昨年公開された『椿三十郎』(森田芳光監督)に続き、黒澤監督作品のリメーク第二弾。 ま、『椿... [続きを読む]

受信: 2008年6月13日 (金) 17時21分

« ジョージ・リークツ監督 | トップページ | 映画「発達ウォーズ」製作発表 その2 »