« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月22日 (日)

命ハラスメント

   “一人殺せば殺人者だが、何百万人も殺せ
    ば征服者になれる。 全滅させれば神だ”

           ジャン・ロスタン(フランスの科学者)

 
ルサンチマンの孤独殺人および続・ルサンチマンの孤独殺人という記事では、秋葉原の通り魔大量殺人事件について取り上げた。

第1弾を書いたとき、筆者は「こんな記事、どうせ誰も読まないだろう」と高をくくって、やっつけ仕事でパッパッと書いてサッと投稿した。端からレスなど期待せずに…。

ところが蓋を開けてみると、ありがたいことに閲覧者の方々とかなり議論することができた。まずは感謝する。

しかし「殺人は無条件に悪い!」と言いたげな多数派の閲覧者たちの猛反論に、筆者は妙に馴染みある違和感を覚えた。

前からず~と不思議に思っているのだが、みんなは
理由も言わずになぜか命を大切にする

自分の死を恐れるということ以外に、自分が嫌っている相手にも死んでほしくないと願うのである。

まことに面妖、怪奇である。

そのくせ虫は平気で殺す。徒にでも殺す。みんなは
知能の高い動物の命ほど大切に扱うのである。

曖昧な理解が出来る定型発達者は、きっと“何か”を
感じ取っているのだろう。

そして その“何か”を言葉にして表した者はいない。

自分の敵であっても知能が高ければ滅ぼしては
いけない
理由とは一体何か…? 要するに、

 
 なぜ強者の命ほど尊重するのか?

 
    この謎、“定型発達七不思議”に加えよう。
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

レッスルヒッツのCD

先日投稿した記事『発達ウォーズの主題歌』の中で、
「CDを発見!ご購入はコチラ!」というアフィリエイト
のリンクを貼りましたが、商品を間違えておりました

注文してしまった方はキャンセルしてください

リンクした商品『レッスルヒッツ ザ・ゴールデンタイム』に
収録されている「スターウォーズ カンティーナ・バンド」は
子門真人の「スターウォーズ カンテナ・バンド」ではありません。

他のブログからの誤った情報を鵜呑みにしてしまった
ため、このような事態になりました。お詫びいたします。

注文キャンセルが間に合わなかった場合は、届いても開けずに、返品してください。

なお、『レッスルヒッツ~』収録の「スターウォーズ カンティーナ・バンド」は、77年に全米NO.1の大ヒットとなったディスコ・アレンジの名曲で、こちらも入手困難なレア音源です。持っていても損はありませんよ。ミーコというグループです。曲調は子門真人の伴奏に近いです。

編曲も国吉良一に近いので、インストゥルメンタル・バージョンとして楽しめます。元気の出るノリノリの曲ですよ。

また、トヨタ「ノア(NOAH)」のCM(はしのえみ主演)で有名な「スカイ・ハイ」他、カッコイイ曲がたくさん入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

続・ルサンチマンの孤独殺人

 
  “ 美しく なんかな て、 優しく もできな て、
   それでも呼吸が続くことは許されるだろうか ”

                  加藤智大 容疑者

 

引用したフレーズは加藤容疑者が自分自身について
述懐したものである。

アキバ通り魔事件について書いた前回の記事では
閲覧者の方々とコメント欄でやり取りすることができ、
その中で「殺人」という行為が普遍的な「悪」かどうか
を問われた。

筆者としては弱者や被害者が復讐した場合、斟酌の余地があると思う。

それどころか、個人的には大いに同情する。

例えば、重症の親の介護に疲れて殺してしまった場合、犯人に悪意や怠慢があっただろうか?

あるいはまた、サンドピープルの女性や子供まで虐殺したアナキン・スカイウォーカー青年を、まるで理解できぬ異常者と思うか?

多数派、定型発達者、世のスノッブたちは得てして、
「これは理屈抜きに悪い!」と一方的な感情論で責
め立てる。

理由は言わない。議論もしない。…頭ごなしである。

礼儀作法や、ジョーシキや、躾けと同じで、ノーリーズンなのである。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」など、考えたこともない。

  “おもしろいね。君たち地球人は組織的な暴力を
   認めて戦うくせに、個人となると全員一致で否定
   するのか”
                  ミスター・スポック

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

発達ウォーズの主題歌

作曲:ジョン・ウィリアムス
編曲:国吉良一
作詞:オールドニック
  唄:子門真人

 
     『発達ウォーズのテーマ』
          (日本語詞つき歌謡曲)

 
      発ァ~達、ウォーズッ!(←シャウト)

      発ァ~達、ウォーズッ!(←シャウト)

      発ァ~達、ウォーズッ!(←シャウト)

 
 飛べ~♪ フェンシュイよ~ 俗物を 蹴散らし~♪

行け~♪ ルーズには~ オナチンがついている~♪

 
萌え~あがるオタクの炎♪ 暗~い子にも優ァしい~♪

       マイ~ノリティーを守るため♪

        ダース・ノッブを滅ぼすぞ!

 

 飛べ~♪ 王女レイイヤ~♪ 救うのさ~必ず~♪

        行け~♪ はるか遠く~♪

      オルタナーンを~ 目指して~♪

        さぁー! かなたへーーー!!

 

        陰謀渦巻く~俗っぽい星ぃ♪

      下衆い奴らの~♪ 好きにはさせぬ!

     囚われの身の~♪ レイイヤはどこだぁ?

     夜中に…ビン!ビン! 欲求不満~♪

              (-_-;)

 

         イタい奴には KY光線♪

         ライト・セーロン 通じない!

 
           そら、あぶない!
      ブンブンブン、ブンブンブンブン(?)

           そこだ、チャンス!
          ルーズがんばるな

 

        高学歴の! AD-HD♪

      いい子ブリッ子! KIC-3PO♪

 

       今こそォー この微力ぅ~♪

    一つに 結ーんで、進めどこまでもォー♪

 

   追え~♪ レーダーに~ 定型を 捉えて~♪

  撃て~♪ デス・ワークを~ 粉々に するまで~♪

        探せー! タマダを~~~ォ♪

 

     ▼ 子門真人の“スターウォーズ(!)”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

ルサンチマンの孤独殺人

 
     “人と関わりすぎると怨恨で殺すし、
      孤独だと無差別に殺すし、難しいね”

                  加藤智大 容疑者

 

ランボー、八墓村、ブレイブ・ワン、狼よさらば、コロンバイン高校銃乱射事件。

…追いつめられた薄幸者による“ワンマン・テロ”。

 
今月8日にもそれは起こった。
秋葉原の歩行者天国で通り魔事件が発生。7人が命を奪われる無差別大量殺人となったが、犯人の加藤智大容疑者(25)の経歴が、筆者にそっくりなので驚いた。

いや、経歴だけではない。
孤独、不満、嫌悪、挫折、絶望、怒り、焦り、苦悩…。

本質的に筆者と同じ境遇だと感じた。

加藤容疑者は作業着のツナギが無いと言って激昂したらしいが、筆者もかつて怒って工場のロッカーを壊したことがある(-_-;)

ニュースを見たウチの家族が「アンタにも似たようなところがあるから恐い…」と吐露した。

たしかに筆者は キリスト教的 奴隷道徳 の権化であり、
いつも理不尽な多数派への処罰感情を募らせている。

中学生時代には「コイツ、人殺すんじゃねぇか?」などと言われたこともある。

2007年に米バージニア工科大学で32人を射殺し、アメリカ史上最悪の銃乱射事件を引き起こした韓国人学生チョ・スンヒ容疑者は、犯行の合間にメモや手紙をしたため、自分の周囲にいる他の学生たちのことを「道楽者」とか「俗物め」などと揶揄していた…って、

 
 まんま 『自閉世界』と一緒じゃねーかッ!

 
             (-_-;)

 
社会に強い復讐心を持ち、自分の人生と引き換えに
彼らの幸福を奪い、世間の話題をさらって自己顕示する“一人テロリスト”…。

オデは そんなものになるつもりはないが、それでも
真摯に生きることを捨てようかと悩む日々である…。

狼よさらば

| | コメント (35) | トラックバック (3)

2008年6月 4日 (水)

自閉ネコの停滞(汗)

Photo   ▲ いつもの場所(階段下の小陰)で スヤスヤ♪

 

     子猫なのに、いつも独りで 眠っているか、
    ボーッとたたずんでいるだけの…自閉ネコ。

 

     兄妹と遊んでいる姿を見たことがない。
     母猫の誘導がないと動かない…停滞ネコ。

 

         ▼ おっ、筆者に気づいた!Photo_2

 

 

          ▼ が、やはり…(-_-;)Photo

 

            …ま、いいかな。

 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »