« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

悪魔の数字“666”

   “刻印とは獣の名、あるいはその数字である。
   賢き者は獣の数字を解くがよい。数字は人を
   指している。その数字は666である”

           新約聖書『ヨハネの黙示録』13章18節

 
キリスト教徒たちと対立した暴君ネロ。
その名をヘブライ文字で綴り、ゲマトリアという方法で
数字に置き換えると、その合計数が“666”になる…。

あるいはまた、ナチス総統アドルフ・ヒトラーを予言しているとの説もあり、アルファベットの各文字に数値を配当して Aを100、Bを101、Cを102…Zを125に設定すると、「HITLER」の合計数は“666”になるのだ!Photo

さらに駄目押ししておけば…<`~´>
日本の硬貨の全ての額面を合計すると666円になる!バブル崩壊は硬貨の額面に暗示されていたのだ!!

ちなみに、キリストの数字とされるのは“888”である。末広がりだからではない。“イエス”をギリシャ文字で綴り、そのスペルに対応する数字を合計すると“888”になるからだ。“”は「指導者」を暗示する数字でもある。

日本の神社や神々の名前にも「八」のつくものが多い。(例:八幡神社、八坂神社、八矛大神、八大竜王など)

“666”と“888”の間にくる“777”は十字架の数字。

そして我らが自閉風水宗家の編み出した門外不出、
一子相伝のホアラ数秘術 “ジヘロロジー の理論で
は、俗物の数字が“777”なのである!

この3つの「」を合計した「21」という数字を
さらに足すと「 + 」で合計“”(!)

” といえば「人気者」を暗示する数字である!!

しかも恐ろしいことに、カリスマに弱い日本人が最も
好きな
数字が他ならぬ  であるという!!

             (;O;)

    変節発達、カリスマ障害者、高知能AS…
   集団主義の台頭は数字に予言されていた!!

  信じるか信じないかは、あなた次第です(-。-)y-゜゜゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

くたばれ!都市伝説

本日午後9時からテレビ東京系で放送された
「やりすぎ都市伝説…禁断の七不思議SP②」
という番組の中で、酷い盗作を発見した!

“身の毛もよだつ都市伝説”と銘打った山本梓主演
の再現ドラマ『真夜中のガソリン・スタンド』

これは筆者の大好きなホラー映画『デビルゾーン
盗作である! 都市伝説じゃない!!

パクリでもなくて完全な盗作! まさに “やりすぎ”!!

デビルゾーン』は4話の短編からなる傑作オムニバス・ホラーなのだが、今回盗作されたのはよりにもよって筆者が一番好きな第1話だった!!

チェーンスモーカーの主婦が真夜中のガソリン・スタンド
 殺人鬼に襲われる『 恐怖の錯覚殺人( トパンガの恐
怖)』という作品…(ーー;)

未見の人にはネタバレになってしまった…(-_-;)

テレビ東京、ひどいぞ!!
よくも台無しにしてくれたなッ!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2008年7月23日 (水)

暑中見舞い

Photo_9      ▲ ヒゲを剃り、サッパリした筆者近影。

暑いですねぇ~(ーー;)
こんな猛暑は珍しいのでは…。

みなサン、いかがお過ごしでしょうか。
エアコンの効いた部屋で、ジヘー文化をお楽しみあれ。

筆者にしては珍しく社交辞令的なコトを書いてますが、このところヒドく暑くて、モノを考えたり画像を編集したりするエネルギーを奪われてるんです(-_-;)

この夏もがんばってブログを更新していく予定ですが、ひょっとしたら暑さに倒れることもあるかも知れません。

そこで前もって、過去の記事からオススメのものを紹介しておきます。その記事とは…

   世紀の福祉大河ドラマ
       『発達ウォーズ』 です。 イェーイ!

         発達障害児が宇宙を救う!
        趣味とロマンの発達オペラです!

         ▼夏休みはコレで決まり!Photo_7

 
    “忘れるな、リクツは弱者のためにある!”

               ルーズの師 チン・ゲノービ
                   (EP6の台詞より)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

多数派の消費

      猫グッズ、あまり買わないのですよ。
   近所にコジャレたペット商品を扱ってるお店が
       ないっていうこともありますが…。
   いただき物では、トンボのオモチャやキャット
     ニップ入りのクッションがヒットでした。
             -中略-
       「ひも」なら喜んでじゃれてくれる、
        チョー安上がりなニャンズです。

 
以上は猫を飼っているJM会員ハッブル氏の言である。

そういえば 『くるねこ の漫画に出てくる猫グッズも、
概して “もらい物” である。(…断定 orz)

想像するに、彼ら猫愛好家の間では「市販の猫グッズを買うような奴はテクの無いバカ だ」という暗黙の了解があるのではないか。(下種の勘ぐり?orz)

さて、実際にハッブル氏や『くるねこ』の作者にそんな
悪意があるとは思わない(後で聞いたが『くるねこ』に
“もらい物”の猫グッズが登場したのは2回だけなのだ
そうだ)が、ここから先は筆者が想定している“ケチな
俗物
”について批判する!

              (-。-)y-゜゜゜

しばしば見受けられる多数派の特徴的なコミュニケーションの一つに 「消費が少ないことを自虐的なニュアンスで報告する」 というものがある。

ウチなんか○○で済ませてるんですよぉ、テヘヘッ(^_^;)

         …実に見え透いている!

              (;O;)

あるテレビ番組で、何億も稼いだ宇多田ヒカルが購入し
た 最も高いモノが4万円と聞いて愕然とした。

これは経験的に分かっているコトだが、自己実現ができ本当に充実している人というのは物欲が無くなり、やたらとプロダクティビティー旺盛な態度になる。

消費やギャンブルにのめり込む人というのは実は一番
自分の好みを体現できていない人なのである。

パソコン上級者はパソコンを買ったりはしない。
自分よりスキルの低い“友達”から譲り受けるのだ。

カネを使わず、他人にカネを使わせる。

英語が上達する人は端からNOVAへ行かない。

本当に好きな分野には、あえて投資しないことだ。
自己実現の鉄則である!

| | コメント (40) | トラックバック (1)

2008年7月14日 (月)

続・テクなき批判者

 
“素人のオペレーターはバグを発見する天才である”

                      某プログラマー

 
普通の人こそが批判しなければならない。
批判しない凡人は怠慢だ。集団主義の奴隷だ。

変人であるコトが許されるのは一握りの天才のみで、
スキルの高くない自閉症者は単なる嫌われ者として
迫害されている

みんなの文化では、いわゆる「有識者」とか「著名人」とかいう俗物しか批判しちゃいけないのだそうである。

生まれつきの才に恵まれた傑物に、本当の庶民
の気持ちや弱者の問題が分かるのか!

JM会員のアスラ氏はNHKの弱者番組『ハートをつな
ごう』に電話で出演した際、料理がちょっとだけ得意で
あることを述べた。するとスタジオにいるレギュラー出演
者(社会的に成功しているカリスマ障害者)から「僕は文
章で仕事で評価されたのですが-中略-いかがでしょ
うか?」と迫られ、何も言えなくなってしまった。

そんな真実を物語る重要なシーン
放送されることは遂になかった

“なぜ私が沈黙したかというと、私は得意な部分という
のが、少なすぎて、仕事に生かせない。生かせる環境
に恵まれなかった。だから沈黙してしまいました。すぐ
返答すれば良かったのですが、低機能ちゃんだから、
それができぬのです。とほほ。”

      ジヘーメーソン団 2代目総長アスラ・セキュリ

 
そもそも得意分野を持てるような“器量人”なら、
最初から弱者になんかなっていないよ!

オデたちに「得意分野を伸ばせ!」なんて
強迫するのは、単なるテクハラ だッ!

「自然体で」とか「マイペースで」とか、嘘をつくな
お前らの野蛮なホンネを言葉で説明しろッ!!

※『テクなき批判者』シリーズ第一弾の記事については
  「アンジェラ・アキ」カテに分類しておりますm(__)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

多数派の趣味

「趣味は自由だ」なんて、大ウソである。

以下 ウィキペディアより抜粋。

趣味は個人的な嗜好でありそれ以上でも以下でもない。

しかし人の評価を行う場合に趣味を重視する場合があ
る。この場合、趣味が人の社会的な付加価値に繋がる
ことになる

趣味の種類によって社会性の評価にプラス・マイナスと
なり、その影響を考慮して趣味を選択する人もいる。そ
の一方で、一般に評価が高くないとされる趣味をもつ場
合は、当人に対するネガティブな評価にも繋がる事が
あるために、その趣味への関心を表面的に抑えるよう
な行動が近年認められる。

自らの動機よりも人からの評価を高めるために趣味
を求めようとする人もいる。

手早くある一定の技能を身につけようとする際に利用
される 文化教室(カルチャースクール) の側面を指して
「これらはコンプレックス産業の一種」と指摘する人も
いる。

批判を受けやすい趣味も存在する。日本人男性の場合
であれば、音楽・芸術系を除く
インドア系の趣味をもつ
者は好印象を受けない
場合がある。

…重要な問題提起である!
定型発達の文化ではカリスマ以外の個人の考えには
何らの価値も無いのである。趣味も“幕の内弁当”!

みんなで同じものを消費し、あまつさえ
それを「自分の趣味」と言い張る

           (;O;)

「人それぞれだから…」
「みんな違って、みんないい」
                  …全部、大ウソ!!

 
彼らが個性として認めるのはスキルだけである。

 
くたばれ変節発達! くたばれ多数派!
悪人はこの世から消えてくれ!!

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2008年7月 7日 (月)

シロウトにも言わせろ!

 
『世界の名言』カテに初めて無名の素人が登場です!

しかもまだ19歳のコドモですっ! 晒してゴメンm(__)m

               ▼

「世の中の人は平等と均等を履き違えているような所があります。もとから格差があるところで同じように扱ったってそれはもとある格差を温存、助長する事にしかならないわけで。それは平等ではなく均等なのです」

「平等に扱うといった場合そこには扱いに差を設けるという意味が既に含まれているはずです。平等とはある一定の価値を全員が得られるようにする事なんであって、そのためには強者と弱者に扱いの差が発生するのは当然のことです」

 「でも世の中の人はそこで平等と均等を間違って
  しまって、様々な能力差がある人間をみな一律に
  競わせ頑張らせる事が平等だと思っている。日本
  での平等とは押し付けがましい頑張りの強制でしか
  ないわけです。これは酷い」

                    ニヒリスト(JM会員)
 

     ※コメント欄に訂正があります by筆者

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

続・自閉ネコの停滞

Photo_4  ▲ 母猫の指示が無いと、すぐに眠り始める自閉ネコ

 

赤ちゃんの頃はボーッとたたずんでいるコトが多かった
が、少し大きくなると居眠りで間を持たせることを覚え
たみたい…(-_-;)

 

Photo_3  ▲筆者の学生時代と同じ不器用な取り繕い方(-_-;)

 
…だって、野球も知らないし、ドラゴン・ボールも観たことないし、みんなについていけないんだもん<`ヘ´>

ボーッとしてたら怒られるから、居眠りするしかない(汗)
 (不安を感じると眠くなるという症状もあるのだが…)

 

Photo_2    ▲ 小さな手で階段を掴んでるのがカワイイheart01

 

   みんな、エネルギーの低い子を責めないでね!

       オデたちに悪気は無いんだよ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »