« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

続・自閉ネコの友達

Photo_3

 

 

Photo

 

 

                          おかん↓Photo

 

               つづく

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

俗物からの手紙

 以下は定型発達オバサンからの報告内容である。

 午前中は子猫の件で大変でしたね。あれから家に
 戻って、子猫を洗いましたら、 ミが 150匹くらい
 居ました。 多分、あのままにしていたらノミの吸血
 による貧血で 弱って死んだと思います。 ミルクを
 飲んで、おしっこ・ ウンチも させて、元気に してい
 ます。
 ○○さん
(餌付け住人)の件は民生委員さんに
 相談します。子猫の里親さがしのご協力よろしく
 お願いします。

 
…あの子、元気になったんだな! 命助かったんだな!

器用貧乏な健常者のおかげだ。 筆者だけだったら、
お尻からウジ虫が湧く赤ちゃんを一時保護にしても、
どうしていいのか分からなかったはずである。

あの子の病気が治るまでに、里親を探さねばならない。それも筆者のチカラでは無理だ。

こういう時こそ、多数派俗物どもの曲学阿世な実務能力が大いに役立つ。

キミたちの器用なスキルにはいつも舌を巻くよ。
まさに不言実行! 考えてるヒマがあったら手を
動かせ!ってヤツだ。 バカである。

もっとバカなことが出来る方、茶トラぶち雄の赤ちゃんを飼ってみませんか?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

お騒がせしましたm(__)m

昨日の晩から今朝にかけてウチの庭で鳴きつづけていた赤ちゃんですが、このような猫を保護した経験のある隣組の組長さんが一時保護してくれました。

この子、病気で顔はお岩さんのようになっており、体には大量のノミ、お尻の穴からはウジ虫(!)が湧き出てくるような酷い状態でした。

おそらく、母猫から見放され、ウチの庭に放置されたのではないかと…(-_-;)

しかし体力のある子で、朝まで大声で鳴き続けたために筆者に発見され、組長さんも「元気はあるから、今保護すれば助かるかも」と一時保護を買って出てくださいました。

これから里親探しが始まります。…誰か、飼って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助けて!!

P1010030        ▲ 誰か保護してやってください!

待ったなしです。今まさにウチの庭で保護しています。

猫嫌いの家族が動物管理センター(殺処分場)を呼ぶと言っていますが、筆者が必死に制止しています!

雨に打たれて、体が濡れています。

ティッシュで体を拭いてやりましたが、タオルを使うと
家人が怒るので、完全じゃありません。

昨晩からずっとウチの庭の片隅で鳴きつづけているのに、他の猫が助けに来ません。

P1010037   ▲この子にはまだ大声で鳴く体力があるんです!

今も ピー、ピー、鳴きつづけています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

理知混同

理屈の正しさと知識の正確さは似て非なるもの。

理論の整合性とデータの信憑性は別モノなのである。

ところがほとんどの人は 「正しい理屈=正確な知識」 と
勘違いしている。

抽象的な説明と具体的な事物を混同しているのだ。

「男はみんなスケベ」 という情報は、データとしては不正確で 間違ったものだが、理論としては合っている。

同じような混同は他にも多く散見され、例えば「頭がいい(知能が高い)人は論理的な人で、頭が悪い(知能が低い)人は感情的な人である」という何気ない思い込み。これなどは最も非論理的な迷信といえよう。

論理的であることと知能が高いこととは関係が無い

むしろ思考しない“器用な奴”、記憶型の知能に優れた人間がみんなにとっての“頭のいい人”なのだから、それは思慮深い「論理的な人」とは別モノといえるだろう。

知能の高い人はとかくプライドが高く、理不尽に怒る。
知能の低い人は概して心が優しく、話の通じる相手だ。

要するにオデが知識を間違えても許してねってこと(爆)

参考文献なんかありません。権威のお墨付きも、学問の裏づけも、統計データも、リサーチ結果も、ナニもナシで語っております<(`^´)>

…それでも正しい意見は、正しいのだッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

ガンヘッドのロゴタイプ

Photo_2   ▲ カッコ良すぎ! ロゴタイプでも日本映画屈指だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

大人向けのSFX映画

Photo_5 ▲このビジュアルなのに“サイテー映画”の『ガンヘッド

 

確かに観賞するとガッカリする作品だが、みんなの評価
は手厳し過ぎる。コンセプトは素晴らしい作品なのに。

 

Photo_4  ▲ 登場キャラ。筆者が好きなのは右奥 ニム軍曹heart01

 

 “日本のSF映画が死んだ日”とも揶揄・酷評される
  ガンヘッド』だが、筆者にとっては “やっと 日本の
 SF映画が生まれた” 記念碑的作品なのである!

かつてこれほど素晴らしいSFマインド溢れる日本映画が他に存在しただろうか。CGが発達した現在でも本作をおいて他にはない。
 

Photo_3      ▲ この特撮を見よ! まさにカタルシス!

 

自閉世界では今後も 嫌われ映画『ガンヘッド』を応援
する記事を投稿して、みんなをSF 啓蒙 していくぞッ!

             <(`^´)>
 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年9月18日 (木)

続・アンジーへの手紙

Photo    ▲「続・拝啓 十五の君へ~アンジェラ・アキと中学生たち」

 
今夜、また悪い番組が放送されます。

オデは中学校の合唱コンクールでひどい目に遭わされたってのに、アンジーはのんきに中坊と合唱かよ<`ヘ´>

集団主義者たちは悪魔だ。人間じゃない!
 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

虐待です、注意!

Photo ▲数日前は綺麗だったノラ猫の赤ちゃん。どうしたの?

 
  病気? 虐待? …筆者の素養では分からない!

 
隣に住むボケ老人が野良猫に餌付けするせいで、
不幸な子猫が次々に生まれては死んでいます

運よく成長しても、糞害を撒き散らして近所の嫌われ者否、嫌われネコに。

特にメス猫が悲惨だ。ボケ老人は餌をやるだけで
ノラ猫たちに去勢・不妊手術をしないから、子猫の
時分にもう発情して、一緒に生まれた兄弟のオス
が上に乗ったりしている!(インセスト…)

それも筆者の寝ている部屋の前で だッ <`ヘ´>

ウチの押入れの中で まだ毛も生えない赤ちゃんネコたちの死体(!)を発見したこともある。

かわいそう で見ていられない…。

今日の午後、外出から帰ってきた筆者は写真の子猫が2匹折り重なって寝ているのを発見し、「お、最近生まれたあの子猫たちだなheart01」と、急いでデジカメを取って来て近づいた、すると…あの顔である!

これを見ている猫に詳しい方、写真の症状が何なのか分かりますか? 命は助かりますか?

5匹生まれたうち、1匹の死亡は確認しています(T_T)
…死因は不明。 残り4匹のうち2匹が写真の通り。

筆者を始めとする近隣住人や組長さん、介護士さん
いくら注意しても 笑って無視するボケ老人。
                      
                   (無視です、注意!w)

この老人の世話をしている民生委員は何も言わない

 だ…誰か、助けてーーーーーー!!

※本稿のタイトルは某猫(?)ブログのパロディーで、
  元ネタは 「蟲(むし)です、注意!」

 ↓この意味が分かるのは件のボケ老人を知る人だけ

| | コメント (51) | トラックバック (1)

THE低知能ランキング!

 
人物名       IQ(知能指数)

アスラ(JM総長) 秘密heart01(療育手帳B2)

山下清(裸の大将) 68

酒鬼薔薇聖斗 70

黒人、インディアン 80

ジョージ・リークツ監督 秘密heart01

ジョージ・ブッシュ大統領 91(米大統領史上最低)
…クリントン大統領は182でブッシュの2倍

父ジョージ・ブッシュ大統領 97

白人 104

極東アジア人 110

ユダヤ人、日本人 115

ジョン・F・ケネディー大統領 119

東大生 120

ガリレオ・ガリレイ 125(推定)

宮崎勤(幼女殺人鬼) 135

マドンナ 140以上

アドルフ・ヒトラー総統 150(推定)

アルベルト・アインシュタイン博士 173(推定)

ヨーゼフ・ゲッベルス(ナチス宣伝大臣) 180(推定)

村井秀夫(オウム真理教 科学技術大臣) 180 

シャロン・ストーン 200(!)

マリリン・ボス・サヴァント 228(人類最高)

セーラーマーキュリー(自閉少女戦士) 300

ルチ将軍(プリンプリン物語) 1300(!)

 

       低知能者の楽園は…コチラ!

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

オールドニック仮病疑惑!

どうしようもない弱者、低知能者、甲斐性ナシの代表格として超然と発言したきたオールドニック氏。

みんなが大好きな強者、人気者、カリスマ、既成の権威
に対して昂然と批判を加えるアンチ多数派の急先鋒で
あり、低知能者を総長とする秘密結社ジヘーメーソン
の創始者でもある氏にナント…“仮病疑惑”が持ち上がった!

オールドニックといえば 2006年に発達障害(高機能自
閉症)と診断され、ブログ『自閉世界』を書き始めた境界
知能(低知能)者、というのは周知の通りである。

…しかし!最近になって某医療機関がオールドニック氏
の発達・知能を再検査したところ、境界知能ではない
いう意外な結果が出たという…。

それどころではない。検査を担当した医師によると、
氏の知能指数はみんなの平均である100をかなり
上回っていたというのだ!

単純作業の成績が悪かったことから自閉症でもない
可能性が…。

             (;O;)
 

これまで定型発達(健常者)を“変節発達”と揶揄してき
た同氏だが、ここへ来て氏自身がその定型(俗物)かも
知れないという疑惑が浮上したのである。

…言語性 IQだけ見ると123(!)

IQ120 といえば東大生の平均知能指数である。

前出の医師も 「この数値で勉強ができなかったとは
信じられない」 と証言した。

もしもオールドニック氏ならびにJM総長ジョージ・リーク
ツ監督が、実は 低知能でも 自閉症でもなかった などと
いう“不祥事”が確定するようなコトがあれば、日本の少
数派・負け組は「弱者ではなく タダの怠け者でした」と
いう大スキャンダルに発展することは不可避であろう!

 
      Reported by ヤングニック(多数派記者)

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

究極の方位取り

人気カテの更新が遅くなりまして、ごめんなさいm(__)m
(…みんなの欲望とオデの興味は正反対!)

では、今回から家相鑑定に入っていきます。

家相を鑑定するには、方位を設定しなければならない。

空間(水平360度)をいくつかに分割し、その各エリア
ごとにそれぞれ意味づけした上で、対象となる家宅の
該当領域がどうなっているかを観て、吉凶を判断する。

八卦を割り当てて8方位、十二支を割り当てて12方位に区切るのが一般的だろうか。

“自閉風水”宗家では 24方位に区切っている。

六十四卦で64方位、三百八十爻で380(!)方位。

…あまり細かすぎると覚えられなくなるし、何より実際の建築物をそこまで正確に細かく測量したり、建築したりするのは、技術的・物理的に不可能であろう。

“自閉風水”宗家が採用している「二十四山方位」は、十二支をベースにしつつ、さらに実用性を高めた方位取りである。

筆者が「八方位」を採用しなかった理由は、8分の1という広いエリアが1区画となるため、例えば「西は収穫の方位だから凶にしたくない!」と要望した場合に、8分の1を占める広大なエリアに火器や水場を一切配置できなくなる。これでは住宅を設計する場合にやりにくく、どこにも何も配置できなくなるだろう。

では、十二支で12方位に分けた場合はどうか。これについては筆者個人の経験上、「十二支占い」がなぜか当たることが多いため、コレを方位に配当してしまうと、全ての方位が重要になってしまう。やはり凶設備の置き場に困るワケだ。

そこで筆者が目をつけたのが「二十四山方位」である。360度を15度ずつ、24分割するこの方位取りでは、「十二支」が隣接する境界部分に ほとんど使われることのない「十干」が配当されており、ココに火器や水場を置くことで十二支占いには抵触しない家が実現する。(-。-)y-゜゜゜

五行説を陰陽に分けた「十干」が、方位のエネルギーになるとは思えないし十二支の真中だけ吉相にできれば概ね良いのだ…っという要領の良い合理的な方位取りとして「二十四山方位」を用いている。

とはいえ、細かく分けたとしても、やはり基本となるのは「八方位」である。「二十四山方位」は15度ずつだから、3方位で45度。つまり「八方位」の1区画となる。

まずは「八方位」の理論で8種類の大まかな方向性を
鑑定し、そのあと必要に応じて細分化した「二十四山
方位」も観ていき、実際の判断を下す。

これが“自閉風水”宗家の家相鑑定スタイルである。

これはやはり “易”の思想に由来するものであるが、筆者は根拠が何であるかに関わらず「八方位」の理論は概ね信頼している。科学的根拠は無いし、因果関係も不明だが、なぜかその理論どおりになるのである…。

最後に筆者お得意のダジャレを言わせてもらうと、ギリシャ文字のΩ(オメガ)には“究極の”という意味があり、これが24番目のアルファベットなのである!

            <`~´>y-゜゜゜

次回は家の形状から吉凶を判断する方法を紹介する予定です。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 5日 (金)

ポール・ポッツ その3

Photo    ▲クリックで拡大すれば新聞記事を読めます。

 
イギリス発の不細工オペラ歌手ポール・ポッツ第3弾!

 前回の記事を読んでCD買ってしまった閲覧者には
 本当に申し訳ないんですが…

 

       (ショック受けないでくださいよ…)

 

10/22にDVD付きで3,090円(Amazon価格。定価3,360円)という ワン・チャンス~デラックス・エディション が発売されます!

今買おうと思ってた方は ちょっと待った!

すでに購入されてしまった方は…お気の毒です(-_-;)
でも、私のせいじゃありませんよォ。 業者が悪い!

36歳のデビュー・アルバムが世界で300万枚を売り上げ、そのサクセス・ストーリーは映画化も決定!

今年4月には初の来日公演を行っており、8月には
龍角散のCM(!)に出演するため再び来日した。

…こりゃぁ 日本でもポピュラーになるなッ、きっと!
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »