« ストーカー被害 | トップページ | くるねこファンの本性 »

2008年10月 6日 (月)

じへねこ愚連隊

今日、民生委員さんの家の前で猫が捨てられた。

飼い主が車から落として(!)そのまま走り去って行ったというのである!

な、なんてヒドイことを…(;O;)

これでは猫にとってはたまらない。さっきまで人間に
飼われて安心しきっているところを突然、ポイッ!と
捨てられるのである。

…不幸なノラ猫がまた一匹増えてしまった(-_-;)

思えば、かつて筆者に擦り寄って来たガリウスも、同じように投げ捨てられた不愍な子猫だったのかも知れない。

いきなり路頭に迷わされた飼い猫は、その後どうなってしまうのだろう…(ーー;)

最近まで放送していたNHKドラマ『キャットストリート』ではフリースクールに通う少年少女たちを“野良猫”にたとえていたが、ジヘーメーソンの筆者も同類なのではないか?

個人主義の動物は誰かに養われるか、さもなくば略奪者にでもならない限り生きていけない。社会性の壁!

バリアフリーが理想なのに、みんなは何を考えてんだ?

オデたちの居場所はどこにあるんだろう。 筆者はどこにいても怒られてばかりだし…(-_-;)

否、筆者など まだマシな方かも知れない。世の中には知的障害や発達障害があるにも関わらず、家族も本人もそれと気づかず、そのまま路上生活者になってしまったり、刑務所で暮らすことを自ら希望する(!)ようになる“累犯障害者”と呼ばれる極めて不愍な人々がいると聞く。

…これではいけない!

今こそ弱者たちは結束して、何でも「努力不足」のせい
にするノーテンキな強者たちに批判と要求を加えなけ
ればならない。…くたばれ自力本願!

我らこそ洒脱な じへねこ愚連隊 である!

 

             <`ヘ´>y-゜゜゜

 

|

« ストーカー被害 | トップページ | くるねこファンの本性 »

ノラの猫舟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/42706938

この記事へのトラックバック一覧です: じへねこ愚連隊:

« ストーカー被害 | トップページ | くるねこファンの本性 »