« 自閉ネコと私 | トップページ | 本当のルール »

2008年11月29日 (土)

さらば自閉ネコ

 
Photo  

 

Photo_2  

 

 

Photo_5  

 

 

Photo_4  

 

Photo_2  

 

           それでは みなサン…

 

Photo

 
 / ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
 

|

« 自閉ネコと私 | トップページ | 本当のルール »

自閉ネコ」カテゴリの記事

コメント

初めて書き込みします。
私はココが好きでした。

だから寂しいです。
今まで更新お疲れ様でした。
ご苦労もいろいろあったとは思いますが
このようなスペースを作ってくれた事に
感謝しています。

ありがとう。

投稿: 56 | 2008年12月 1日 (月) 20時59分

そんな気持ちで自閉ネコを閲覧してくださった
方がいたなんて…。

56様、改めましてコメントありがとうござますm(__)m

あぁ…寂しい思いをする方が本当にいると分かっていたら、私はこの先もずっと自閉ネコの行方不明を隠し続けていたかも知れません。

…あなたは自閉ネコの友達です!


>このようなスペースを作ってくれた事に
>感謝しています。

それは…ど、どういたしましてm(__)m
私の方こそ、あなたのような方に自閉ネコを見ていただけて、その上「ココが好きでした」とまで言っていただいて、本当に多謝しますm(__)m

「56」という数字は、私の好きなラッキーナンバーです。 そのナンバーがプリントされたTシャツを探してたりもします(笑)

自閉ネコの赤ちゃん時代の写真や母ノラ猫・兄妹ネコの写真がまだ残っているはずですし、自閉ネコが帰ってきたら成長した姿の写真を投稿します!<(`^´)>

56さん、またのお越しをお待ちしていますよm(__)m

投稿: 管理人 | 2008年12月 1日 (月) 22時43分

いつも可愛い子猫の写真ばかりでしたので、その後のことはなんとなく察してはいました。
彼のブログ(11月22日)で、野良猫へのとても胸に沁みる美しい名文のコメントが載っていましたので、自閉猫さんに捧げます。
一部を転載します。(11-22 19時台 名前は伏せておきます)

 >ただ、願わくば、人の心の優しさと切なさをかすめて生きる彼らの暮らせる狭間が、永遠に地上にあるようにと、私は祈っています。


投稿: レモン | 2008年12月 2日 (火) 10時34分

レモンさん、こんにちは。

けだし名言…というか、まるで本当に自閉ネコのために書かれたかのような文章ですね。 ありがとう。

「人の心の優しさと切なさ」…。 でも、餌付けするような人や一部の心無いくるねこファンについても それが当てはまるでしょうか…。

野良猫の問題って、人間の問題ですよね。 虐待だ!

みんな、くる氏が里親を募集しているような猫を引き取るよりは、ぜひ地元の殺処分場にいる猫こそ救出してあげてください(>_<)


>野良猫へのとても胸に沁みる美しい名文のコメント
>が載っていましたので、自閉猫さんに捧げます。

本当にありがとうございますm(__)m

最近ちょっと気になっているんですが、猫好きの方はみな、猫のことを「猫さん」と呼びますね(笑)。 レモンさんも「自閉猫さん」と呼んでくださっていますが、「さん」にはどういう意図があるのでしょうか?

「彼のブログ」というのは彼氏のブログ?
…あ、余計なコトを聞いてしまいました(汗

それにしても、レモンさんは「続きを楽しみにしています」とおっしゃってくださっていたのに、こんな形になってしまって、すみませんでした。

どうか懲りずに、また来ていただければ
幸いです m(__)m

投稿: 管理人 | 2008年12月 2日 (火) 13時17分

ファンがいるね~(^^)
自閉猫は美人だからなぁ・・・
あと、手がボテッとしてかわいい!
元気にしてるといいな。

ここには関係ないけど・・・
三重の松阪マームの話、知ってる?

投稿: ブローカ | 2008年12月 3日 (水) 09時25分

その話は知らなかったんですが、ブローカさんの
書き込みを見て、さっそく検索してみました↓

http://www.asahi.com/national/update/1203/TKY20
0812030016.html (←改行してるので注意!)

障害を持った子ノラ猫の話、みんなの善意で飼い主が見つかってホントに良かった!

この子もやはり、黒い鼻(かわいい!)なんですね。

車に轢かれたらしいですが、まさか自閉ネコもそんな目に遭っていないだろうな!

身障ネコを一時保護した人たちは里子に出した後、
「 生き続けてくれて、 本当に良かった。一緒に過ご
せて、私たちも幸せだった。店にいなくなって寂しい
けれど、元気に暮らしてほしい」 と話したそう。

世の中、まだ捨てたもんじゃないかも知れない…。
すべての弱者が救済されるといいなぁ。

自閉ネコ、無事でいてくれー!!

投稿: 管理人 | 2008年12月 3日 (水) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/43258770

この記事へのトラックバック一覧です: さらば自閉ネコ:

« 自閉ネコと私 | トップページ | 本当のルール »