« 銭ゲバ | トップページ | ガンヘッドのモックアップ »

2009年1月26日 (月)

銭ゲバ②

ジゴロがよくやる手口、

ブスでモテない女の子に「君に興味があるから、
今度どこかで会ってくれませんか?」 と言って、
喜ばせ、「じゃあ君の女友達も誘って一緒にお
茶でもしましょう」と言って、実はその女友達を
狙っている
ということがよくある。

騙して協力させ、目的を達したら ポイッ と捨てる。

24日に放送されたドラマ『銭ゲバ』の第2話も、
まさにそんな話だった。 

顔に醜いアザを持つ孤独な少女をダマして、
美人の姉ミムラに近づこうとする松ケン!

根暗な女の子の気持ちを もてあそぶなんて…

や、やめてあげてよォォォ!!

Photo

 
そーゆー子は本当の愛を信じてるんだ…。

 
 や、やめようよ、松ケン!

 自閉っ子は真面目なんですッ<`ヘ´>
 

Photo_2

妹を踏み台にして、まんまとミムラの豪邸に転がり込んで居候できそうな松ケン。

ところがミムラの父親が、顔に傷のある松ケンを一目
見るなり 冷たく態度を硬化させ、「あんな奴をウチに入れるのか!?」と訝り始める。

しかし、これと同じような経験が筆者にもある。

見すぼらしい中高年アスペルガーが筆者の家に来たいと言った。でも家人は「あんな人をウチの敷地に入れるの? 近所の人に見られたらどうするの!」と不審がり、ちょうど他にも断る理由があったため、丁重にお断りした。

ところがこの中高年アスペルガーはそのことを根に持ってしまった。筆者に辛く当たるようになり、ケンカになるとヤクザの友達 を呼んだ。

筆者と自称ヤクザは掴み合いのケンカになり、警察が出動する騒ぎになった…(汗)

やはり家人は正しかった。 中高年アスペルガーは
見た目どおりのゴロツキだったのである。

それまでの筆者は、「人を見た目や服装で判断しちゃ
いけない!」  という高いモラルを守っていたが、この
一件以来、優しさを捨てた。

普通じゃない人とは関わらない方が無難。
保身のためなら何でもするズラ!<(`^´)>

支援者の前では「かわいい障害者」を演じ、みんなが
見ていないところでは知的障害者をイジメてやるッ!

絶対に自分が被害者にはなりたくないズラよッ!<`ヘ´>

|

« 銭ゲバ | トップページ | ガンヘッドのモックアップ »

オデたちのドラマシリーズ」カテゴリの記事

コメント

このドラマ、観てないけど
観たくなってきた。

オールドニックさんは文章が面白いよね。
このドラマ観ていないことがもったいない気がしてきたもの!

調子が良くなったら観ることにしようっと。。。

投稿: ブローカ | 2009年1月30日 (金) 00時59分

みなさま、コメントありがとうございますm(__)m


>自閉ッ子は愛を信じてる人が多いの??

この場合の「自閉っ子」は、“純粋な人” を象徴
したモノです。


>「根暗」って決め付けるなよ!

たしかに、「根暗」という言葉には侮蔑的なニュアンスがありますよね。

それでも敢えて「根暗」という嫌悪感のある表現を用いたのは、みんなに「いかなる嫌われ者をも許してやってくれ!」という気持ちから。

短所ばっかりで長所がない人間でも、この社会は受容しなければならない。


>調子が良くなったら観ることにしようっと。。。

ブローカさん、最近調子悪いんですね。
どうか お大事に…。

投稿: 管理人 | 2009年1月30日 (金) 19時19分

「アスペルガー」って.......
もっと皆に解かる言葉で話そうよ!

投稿: | 2009年2月 1日 (日) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/43858837

この記事へのトラックバック一覧です: 銭ゲバ②:

« 銭ゲバ | トップページ | ガンヘッドのモックアップ »