« ガンヘッドのモックアップ | トップページ | キイナ 不可能犯罪捜査官 »

2009年2月 6日 (金)

テクハラ文化②

今週の『奇跡体験!アンビリーバボー』

「戦慄 大西洋に消えた男~ヨットレース史上最大のミステリー・妻と子に残された謎の16㍉映像 衝撃の真相」 を観た。

番組では、主人公の運命を分けたターニングポイントがどこだったか?と問いかけていた。

…日誌にウソを書いたのがいけなかった?

…ルールを破って港に寄港したのがよくなかった?

…そもそもレースに参加したこと自体が間違いだった?

 
筆者に言わせれば レース云々のずっと以前に、自らが発明したナビゲーターを世に広めようとしたのが間違いだったんである。

その事業を始める前までは、週末に趣味でヨットを
楽しむ果報なオッサンだったのに…。

偉大な発明を成すことが出来たからといって、ビジネスも同様に上手く出来ると思ったら大間違い。 小室哲哉が経営に失敗したのと同じ理屈だ。

過ちは好むところにあり”。 自分の好きなコトで商売すると必ず失敗する。 こんなのは運命学の初歩だ。

なのに筆者の親戚はレコード店を潰しやがった(ーー;)

欲求五段階説」というモノがあり、人間は欲求を満たしていくと最後には必ず社会的(!)成功を希求するのだという…。 困ったものである<`ヘ´>

映画が好きだからって映画監督にならなきゃいけない
法は無いし、音楽好きの若者が全員ミュージシャンを
目指さなきゃならない道理も無い。

しかるにキミたちは、ナゼ “喰い物“や“咬ませ犬”になるの?

夢なんか無くたっていいじゃない。

名誉なんか無くたっていいじゃない。

一芸に秀でてなくたっていいじゃない。

みんなにチヤホヤされなくたっていいじゃない。

知能が低い凡人でもいいいじゃないッ!

           <(`^´)>

借金もせずに平和に暮らせているだけで どんなに
幸せか、ちゃんとわきまえろよ。

筆者は自分に出来るコトの中でも、自分が嫌いなコトを職業にしようと思っている。

|

« ガンヘッドのモックアップ | トップページ | キイナ 不可能犯罪捜査官 »

くたばれ!多数派・乙武編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/43967348

この記事へのトラックバック一覧です: テクハラ文化②:

« ガンヘッドのモックアップ | トップページ | キイナ 不可能犯罪捜査官 »