« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月29日 (金)

ダ・ビンチ・コード(ネタバレあり)

総長が捏造を認め、実際には第二次大戦後に発足したという「シオン修道会」を、マジで世界最古の秘密結社として描き、“聖杯”すなわちイエス・キリストが人間であった証拠(教会の権威を失墜させる真実)を巡る キリスト教会VSシオン修道会陣営の攻防!

いや~、面白かったですッ!
なんでもっと早く観なかったんだろ。

本作が流行ってた頃、ダビンチコード・ブームだと聞かされて「誰がそんなブームに乗るかッ!」と反発して、筆者は本作をずっと白い眼で見てきたのだが、TV放映するというので 「ま、タダなら観てやってもいいかな」 と思い(ゆるいw)、一応録画しておいたのだ。

それでも何日も観ずにいたのだが、知らぬ間にハードディスクが聖杯…もとへ、満杯になってしまっているのに気づき、「これじゃ、何も録画できないよ!(;O;)」と慌てて本作の観賞に踏み切ったのである。

キリスト教会を嗾けてシオン修道会を迫害し、聖杯の
秘密を知ろうとする黒幕、マグニートー

トム・ハンクスが聖杯の在り処を示す地図をぶっ壊してダメにしちゃった瞬間の、あの聖杯マニアの狼狽ぶり!胸の空くような思いがしたなぁ。

悪弊を取り上げられた定型発達者を想像した次第w

「少数派がシンパシーを感じられる映画が観たい」とおっしゃっていたニヒリスト氏や他の虚無主義人たちにもオススメの一本でっせ!!

でも知能の低い人にはちょっと難しい映画かもしれない…。そーゆー人には簡易版(笑) ナショナル・トレジャー』 がありますッ!( これもTVで観た(^^)v )

            …ところで!

本作の重要部分に秘密結社ジヘーメーソンの暗号が隠されていたことに気づきましたか?

暗号といっても、かなり露骨に示唆しているんですが…

ローマ帝国時代、キリスト教と国教の地位を争う
正義の宗教が存在した。もしもキリスト教が勝利
していなかったら、こちらが世界宗教になっていた
と思われる。 ヴァチカンも脅威に思っていること
だろう(-。-)y-゜゜゜

キリスト教の権威が世界を席巻するその陰で、この
正義の宗教は粋な少数派たちによって細々と余喘
を保ち続け、その命脈は今も秘かに受け継がれて
いるという…!

キリスト教や定型発達による迫害に抵抗し、この宗教、延いては自閉文化を守る目的でいくつかの秘密結社が現代まで暗躍してきことは、発達史の教科書には決して載らない公然の秘密である。

偉大な学者や芸術家の多くはアスペルガー症候群だったと言われているが、彼らが秘密結社の下位構成員であったことを、みなさんはご存知だろうか?

ジヘイ修道会、チンポコ騎士団、そして秘密結社ジヘーメーソン団へと受け継がれてきたその秘儀・秘術は、世界を真の平和で満たす正義の知識であるという!

ジヘーメーソン団の初代総長はなぜか日本人である。 そして日本にも“キリストの墓”が存在する。 これは何を意味しているのだろうか?

青森県に上陸したイスキリスとは、イエスのことではなく、実は単純にキリギリスが訛っただけなのでは…。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

ガンヘッドの女優

Photo_11  

ガンヘッド』に登場する強くて美しい女性兵士ニム軍曹を演じたのは、新スター・トレックにも出演したホンモノのハリウッド女優ブレンダ・バーキ嬢である。
 

Photo   ▲ すごい美貌!! まさにクール・ビューティーheart01

 
今でも十分通用する超美人女優ですね!!

無骨なロボット+金髪セクシー美女 って組み合わせは『禁断の惑星』以来変わらぬ黄金ルールですね!(笑)

1988年8月 ハリウッドにて、ブレンダ・バーキ嬢は原田眞人監督・山田哲久プロデューサーらによる面接を受けて『ガンヘッド』のヒロイン・ニム軍曹役に抜擢された。 この時 25歳。

Photo_8    ▲ 本作撮影のために来日したハリウッド女優!

映画『ガンヘッド』を構成する要素の中で、
最もクォリティーの高い部分はコノ人な
のである…(^_^;)

Photo_3   ▲ 筆者の大好きなマッタリ・シーンw 味がある!

ブレンダ・バーキ嬢は193年5月15日生まれ(汗

13歳の時から舞台活動を始め、当時から「絶対に
プロの女優になると決めていた」という。

彼女が卒業した「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマ
ティック・アーツ」はメリル・ストリープやロバート・レ
ッドフォードの出身校
でもあり、彼女自身も 「どんな
役でもこなせる演技派」を目指していたというが、

実際、バーキ嬢は演技が上手い!
Sジュピターのダンジェリー嬢なんか目じゃないw)

ブレンダ・バーキ嬢は本国アメリカではただセクシーなだけのアバズレ女みたいな役ばっかりなのだが日本のショボい特撮映画だけが彼女の真価を引き出したというのは実に皮肉っ!!

…でもまぁ、日本映画に出演した外国人女優はその後必ず零落れるというジンクスがあるらしいから、彼女も『ガンヘッド』がなければハリウッドで成功していたのかも知れない…まさに人生の汚点! トホホッ(-_-;)

女優ブレンダ・バーキのキャリアの中でも本作は最高にしてサイテーな作品なのであるッ!

1_4     ▲ 日本側の女優が貧相に見える…(汗

東宝特撮映画の歴代外国人キャストの中では…否、
世界映画史上でもトップクラスのSFヒロインだと思う。

撮影のために来日して滞在した1ヶ月半の間中、毎朝必ず4時に起きて、新宿中央公園の周りをジョギングして体調を完全に整えてから撮影所に入ったというプロ!

クレナイテンニョを演じられるのはお前だぁ!(笑)

「店のおばさんと友達になってご馳走してもらっちゃったわ」。 来日当日の夜、新宿西口のやきとり屋に一人でふらりと来店したそうである。 同席したかった

「初めての役どころだけど、ノルウェー系でインディアンの血も少し引いているから、肉体的には自信があるの。まかせておいて!」とかわいらしいコメントheart01

テニス、スキー、乗馬などを嗜むスポーツ万能な北欧系のブロンド美女というフルスペック!(-。-)y-゜゜゜

Photo_10  ▲ 原田眞人監督から指示を受けるブレンダ・バーキ

この記事はブレンダ・バーキ嬢の誕生日に投稿する
予定だったが、 5月15日の誕生日を筆者はなぜか
「5月23日」と誤って記憶していたため、本日投稿に
なってしまった!

勘違いの原因を考えてみると、心当たりがないこともない。 『ガンヘッド]』の封切り日が1989年7月22日であるから、これと混同したのか?

でも、映画の封切り日と主演女優の誕生日を混同するにとどまらず、あまつさえ22日を23日と間違えたんだとしたら…認知障害!(;O;)

片付けられない男 オールドニック!!…(>_<)

閑話休題、ブレンダ・バーキ嬢は今月15日に
46回目の誕生日を迎えました。

って…(>_<)

ヤ、ヤダよォォォォ!!

クールビューティーがオバサンになるなんて…

イ、イヤ… そ、それだけは…(ノ_-。)

同じような記事はコチラ(泣
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

箱(くるねこストーカーのマネw)

この記事のコメント欄は、多数派と少数派が
対等に語り合う場です。

今後、議題が増えるようなら記事ではなく
カテゴリーにしたいと思います。

| | コメント (70) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

目っかちネコと筆者

Photo_4        ▲ 大きくなった目っかちネコheart01

筆者と比較してもかなり大きいネコだが、なんとコレで
生後まだ7ヶ月! まだまだ大きくなるみたい…。

そんな大柄なネコいるの!?

保護された時は200gしかなく、その小さな体に150匹ものノミが集り、瀕死の状態で ウジ虫まで湧いていたあの子が…(;O;)

筆者の部屋の庭先で、一晩中鳴きつづけていた子…。

その声は朝になっても止まず、体力のある子だった…。

庭に出た筆者は、必死で這いつくばる赤ちゃんネコを
見つけた! これは死にかけてる!!

慌ててくるねこ大和にトラックバックを送るも、救護の手は差し伸べられず、その後駆けつけてくれたご近所さんが「この子は今保護すれば助かる」と言い、結局、「これも何かの縁ですから」とその場で一時保護を買って出てくださった!

それから後のことは従前報告した通り。
里親さん、ありがとうございましたm(__)m

7ヵ月経ってようやく目っかちネコに再会した時、
トラのような大猫 が出てきたので 筆者は違う
ネコだと思った。 「え!?この子が??」

…どう見ても成猫。いや、成猫以上だ!(;O;)

生後7ヵ月のハズなので、てっきりスリムな子猫が
出てくるのかと思いきや、ガッシリした立派な体格
屈強な雄猫だった。

図体はデカくても、顔はイケメン
おまけにアソコはマグナム…(^_^;)

 
Photo_5          ▲ かわいいィィィィィheart01

でも、デジカメで撮った写真はこの2枚だけ…(-_-;)

ビデオカメラで撮った動画があるから、そこから静止画を起こしてみなサンに公開しようと考えてるんですが、いつになることやら…(爆)

里親さんが 「今度会うときはオカマになってるわよ」 とおっしゃった。つまり去勢手術を控えていると!

せっかくの巨根がぁぁぁ!! もったいねぇぇぇ!!

目っかちネコ、お前が子供作ったら 美形の優良児が
次々と誕生するにちげぇねぇのになぁぁ!

でも、里親が見つからない子猫が増えたら いやだから、やっぱり去勢するしかないッ<(`^´)>

目っかちネコ、また会おうな!

自閉ネコと私

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

目っかちネコ

9月のくるねこ騒動の最中、ご近所さんを呼んで保護してもらった“目っかちネコ”に、ついに会えましたッ!

7ヶ月ぶりの再会!! 感染していた病気が元で片目がつぶれ、実に痛々しい姿になっていましたが、元々すごいハンサムな顔なので、傷さえもカッコよく見えますw

自閉世界では“目っかちネコ”と呼んできましたが、飼い主さんからちゃんとした名前をもらっていましたheart01

その名前は…飼い主さんのプライバシーもあるかも知れないので、一応配慮して(集団主義!)伏せておくことにします。
             (-。-)y-゜゜゜

会った時に撮った写真をアップしていきたいと思いますが、他の記事や活動がいろいろあるので、いつになるか分りません(爆)

みなサン、目っかちネコをどうぞヨロシク♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

ガンヘッドのライバル!?

Airrobot        ▲ ガンヘッドの宿敵 “エアロボット”

反乱コンピューター“カイロン5”が 対ガンヘッド用に
開発した強力な無人ロボット兵器。

カイロン5の中枢があるマザータワー390階の真下、
389階を巡回し、カイロン5に近づく者を撃退する。

ロボット戦争末期の2026年、侵入してきたガンヘッド大隊を邀撃し、圧勝した。

 

Photo_5      ▲ 不気味に赤く光る三つの目が怖い!!

これは「複合型3眼センサー」で、電波、赤外線、音波 の3種類の情報をコンピューターに伝達するセンシングシステムである。

CCDとレーダー及びレーザーを集約した「形状識別センサー」、赤外線による「熱源センサー」、音波感知の「ソナーセンサー」で構成されている。

同時に、この3つの眼は3連装プラズマ・ビーム砲としても機能する。

Photo_2

俗に言う「荷電粒子砲」で、日本のアニメやSFにはよく登場する超強力ビーム砲である。

白兵戦用の高圧放電ブレード付きアームが大小2本、
高速連射用のリニアレールキャノンが左右に各1門、
装備されている。

装甲は大型兵器による近距離攻撃以外では破壊できないダメージング・ウラニウムによる電磁装甲システムで、実弾兵器しか持たないガンヘッドの攻撃は完全に無力化されている。

 

Photo_4   ▲ 巨大ロボットというより…ただのショベルカー?

といっても、キャタピラ走行ではなく、リニア浮上システムによりホバリングしているらしい…。

このエアロボットの重量は189.7t もあるが、施設内の金属床を磁化させてリニアモーターカーのように浮上、ジェットエアノズルにて推進しているのである!

全長16.3m(ガンヘッドの2.7倍!)
全高8.6m(ガンヘッドは5.28m)
重量189.7t (ガンヘッドは43.7t)
速度67km/H(ガンヘッドは140km/H)

重量で比較するとガンヘッドの4倍以上という巨体。

動力はプラズモイド型核融合炉と6基のターボジェット。

 

Photo_3  ▲ いちいち自分ちの壁を突き破って移動する…(汗)

これじゃ、ますますショベルカーみたいじゃないかぁぁ!

エアロボットは施設の修理・建設作業も行うという設定だが、施設の解体・破壊作業もやるんだねぇw
 

Photo   ▲ ガンヘッドのカメラが上から捕らえたショベル…
    じゃなくて、エアロボット! 重機じゃないよw

この後、いよいよ高嶋政宏が乗るガンヘッドと対決するのだが、その勝負の結果は…(-_-;)

…いくら“リアルロボット系”の作品だからって、そこまで
等身大のヘタレにせんでもエエのでは(泣)
 

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2009年5月 4日 (月)

猫ゲバ

最近、更新が滞ってます(-_-;)

何日間も風邪をこじらせてまして、苦しい状況です…。

前記事の続きになりますが、命をつないだ目っかちネコの話です。

誰も引き取り手のない目っかちネコを「我が家の一員」にしてくださった組長さんに、本当に感謝しています。

筆者が助けを求めたらすぐに駆けつけて来てくれて、
そのまま一時保護してしてくださり、筆者を責めること
しなかった。

だが、今度また瀕死の子ネコに出会ったらどうしよう?また組長さんを呼ぶのか…!?

            (ーー;)

そうだ! いいこと思いついた!

また くるねこ読者に 相談しようw

今度こそ、子ネコの命を助けてもらうからなッ!

          <`~´>y-゜゜゜
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »