« ガンヘッドの女優 | トップページ | 大予告 »

2009年5月29日 (金)

ダ・ビンチ・コード(ネタバレあり)

総長が捏造を認め、実際には第二次大戦後に発足したという「シオン修道会」を、マジで世界最古の秘密結社として描き、“聖杯”すなわちイエス・キリストが人間であった証拠(教会の権威を失墜させる真実)を巡る キリスト教会VSシオン修道会陣営の攻防!

いや~、面白かったですッ!
なんでもっと早く観なかったんだろ。

本作が流行ってた頃、ダビンチコード・ブームだと聞かされて「誰がそんなブームに乗るかッ!」と反発して、筆者は本作をずっと白い眼で見てきたのだが、TV放映するというので 「ま、タダなら観てやってもいいかな」 と思い(ゆるいw)、一応録画しておいたのだ。

それでも何日も観ずにいたのだが、知らぬ間にハードディスクが聖杯…もとへ、満杯になってしまっているのに気づき、「これじゃ、何も録画できないよ!(;O;)」と慌てて本作の観賞に踏み切ったのである。

キリスト教会を嗾けてシオン修道会を迫害し、聖杯の
秘密を知ろうとする黒幕、マグニートー

トム・ハンクスが聖杯の在り処を示す地図をぶっ壊してダメにしちゃった瞬間の、あの聖杯マニアの狼狽ぶり!胸の空くような思いがしたなぁ。

悪弊を取り上げられた定型発達者を想像した次第w

「少数派がシンパシーを感じられる映画が観たい」とおっしゃっていたニヒリスト氏や他の虚無主義人たちにもオススメの一本でっせ!!

でも知能の低い人にはちょっと難しい映画かもしれない…。そーゆー人には簡易版(笑) ナショナル・トレジャー』 がありますッ!( これもTVで観た(^^)v )

            …ところで!

本作の重要部分に秘密結社ジヘーメーソンの暗号が隠されていたことに気づきましたか?

暗号といっても、かなり露骨に示唆しているんですが…

ローマ帝国時代、キリスト教と国教の地位を争う
正義の宗教が存在した。もしもキリスト教が勝利
していなかったら、こちらが世界宗教になっていた
と思われる。 ヴァチカンも脅威に思っていること
だろう(-。-)y-゜゜゜

キリスト教の権威が世界を席巻するその陰で、この
正義の宗教は粋な少数派たちによって細々と余喘
を保ち続け、その命脈は今も秘かに受け継がれて
いるという…!

キリスト教や定型発達による迫害に抵抗し、この宗教、延いては自閉文化を守る目的でいくつかの秘密結社が現代まで暗躍してきことは、発達史の教科書には決して載らない公然の秘密である。

偉大な学者や芸術家の多くはアスペルガー症候群だったと言われているが、彼らが秘密結社の下位構成員であったことを、みなさんはご存知だろうか?

ジヘイ修道会、チンポコ騎士団、そして秘密結社ジヘーメーソン団へと受け継がれてきたその秘儀・秘術は、世界を真の平和で満たす正義の知識であるという!

ジヘーメーソン団の初代総長はなぜか日本人である。 そして日本にも“キリストの墓”が存在する。 これは何を意味しているのだろうか?

青森県に上陸したイスキリスとは、イエスのことではなく、実は単純にキリギリスが訛っただけなのでは…。
 

|

« ガンヘッドの女優 | トップページ | 大予告 »

洋画&海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

 
こんにちは、
体調が回復してきたので、久し振りに来ました。


>「誰がそんなブームに乗るかッ!」と反発して、

同じくです(笑)
管理人さんの立ち位置とは違うかも知れませんが、私はどうしても「流行に乗る=愚行」という偏見が捨てきれず、折角の良縁をフイにしてしまった事が度々あります。
例え「仕組まれた風潮」の中に在っても、自分の目と姿勢さえ安定させていれば、何も問題は無いとは分かっているのですが…。
お陰で今回、地上波放送したにも関わらず、諸事情により観ませんでした。


>実は単純にキリギリスが訛っただけなのでは…。

これは以前、管理人さんがおっしゃっていた「アリとキリギリス」説に由来する件ですか?


管理人さんは「X-MEN」もご覧になっている様ですね(笑)
ネットの性質上詳細は申せませんが、私は過去、感情が昂ると手を下さずに物体に影響を与える人物を知っていました。
同時にその人物と一緒にいると、何故か滅多に出会わない野生動物によく遭遇するのが、何とも興味深かったです。
(私の住まいが田舎だという事実を差し引いても…です)
X-MENを観た時、その人の事を思い出しました。 今は、何処でどう暮らしているのか…、未だ「あのまま」の体質なのか。
何にせよ、元気であればそれでいいと願っています。 「私は私の生き方しか出来ない」と常々言っていた人物ですから…(笑)
 

投稿: 俗物なのに少数派♪ | 2009年5月31日 (日) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/45161598

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ビンチ・コード(ネタバレあり):

« ガンヘッドの女優 | トップページ | 大予告 »