« HAPPY NEW YEAR 2014 | トップページ | HAPPY NEW YEAR 2015 »

2014年12月31日 (水)

ポアロ死す

7年半以上前、ロンドン・ウィークエンド・テレビ制作の『名探偵ポワロ』をこのブログ上で特集した。

当時はシリーズ18周年の年で、日本では第9シリーズのDVDボックスが発売されたり、第10シリーズの最終話が放送されたりした。

今年2014年は25周年で、とうとう日本でも最終回を含む最後のシリーズが放送された(本国イギリスでは
2013年放送)。

今回の最終シリーズはまだ録画しただけで全部観れてないし、また忙しくて特集記事も書けなかったけど、思ったより良かったぞ!

特に 第67話「ビッグフォー」と第70話にして最終回「カーテン~ポワロ最後の事件~」がすごく良かった。

25年目にしてとうとうポアロ(ポワロ)死す!!
大変よく出来た話でした。

敬虔なキリスト教徒であるポアロが最期に正義を貫いて死ぬ衝撃の結末。

実はその原作、『名探偵ポワロ』が日本で初放映された当時、文庫本で買いました。

でもポアロが死ぬのが寂しくて、25年間ずっと
読まずにいたんです。

ヘイスティングスやジャップ警部といったお馴染みのサブ・キャラが出なくなった第9以降の新シリーズには、正直、何も期待していなかったけど、今シリーズは最後の事件を含め良かった。

特に旧シリーズのファンを泣かせたのは第67話「ビッグフォー」でお馴染みのサブ・キャラ3人が勢ぞろいしたこと!

白髪・初老になり、妙齢の娘までいるヘイスティングスは、今でも青年当時の雰囲気のまま!

秘密結社ビッグフォーに旧友ポアロを殺され、憤激したヘイスティングスは、ビッグフォーに恐れをなすジャップ警部に「そこまでフヌケだとは思わなかった!君が尻尾を巻いて逃げるなら、僕がやるだけだ!」と捨て台詞を吐いて、単独復讐に駆け出して行く。

この青年らしさが相変わらず(笑)

ヘイスティングスの正義漢ぶりにジャップ警部とミス・レモンは「老兵は死なずですね」と苦笑するw

親友ポアロの仇を討ちに巨大な敵ビッグフォーに独りで立ち向かう老青年ヘイスティングスの姿に、筆者も感動した。(その勇気が空回りなのだがw)

故・富山敬に代わってヘイスティングスの声優になった安原義人もいいね! 青年の雰囲気なら富山敬の声がピッタリだろうけど、オジサンになったヘイスティングスの声としては安原義人でも違和感ナシw

この最高のTVドラマも遂に最終回を迎えた。
ポアロ…いや、ポワロ死す!

「カーテン~ポワロ最後の事件~」は、年老いて車椅子生活になったポワロとシリーズ最凶の殺人魔がガチ対決する凄絶な話。

殺すぞテメー!!って感じの本気の戦い。…ガクブル (((;゜Д゜)))

どれだけガチな戦いかというと、次のようなやり取りがあるのだ。

「これからどうしようと?」

「処刑する」

「ではお手並み拝見だ」

「首でも洗っていたまえ」

「僕を殺す? それは犯罪じゃないのかなぁ。それでナニか? 縛り首から逃れるために自殺でもするか?」

…こ、怖い(>_<)

年老いてヨボヨボのポワロ爺と若い殺人鬼、
勝ち目ないだろッ!

こんな緊迫の状況で、ポワロ爺に心臓発作が…!

これ幸いと心臓の薬を取り上げる犯人w 意地悪!!

や、やめてーーー!!!

こんな最終回です(;゜Д゜)

法律で裁けないサイコな犯人。最初の“ポワロ死す!”
である「ビッグフォー」の犯人もサイコだったし、こういう
犯人が一番怖い。

最終回ではトレードマークのヒゲを落としたポアロ(デ
ビッド・スーシェ)も見れます。 タダのオッサンですw
いろいろな意味で凄い回です。

25年の集大成、有終の美を飾るに相応しい壮絶なる最終回でした。

「友よ、あなたと過ごした時間は、本当に楽しかった。
 えぇ、最高の日々でした」

ヘイスティングスへ贈った最後のメッセージは、そのままポワロさんに返します!

ありがとう。さようなら!

|

« HAPPY NEW YEAR 2014 | トップページ | HAPPY NEW YEAR 2015 »

洋画&海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/60900637

この記事へのトラックバック一覧です: ポアロ死す:

« HAPPY NEW YEAR 2014 | トップページ | HAPPY NEW YEAR 2015 »