« HAPPY NEW YEAR 2016 | トップページ | レゴでエアロ・ボットを作る その2 »

2016年8月11日 (木)

レゴでエアロボットを作る その1

Photo ▲ レゴ・エアロボットの制作を開始

レゴ・ガンヘッドを作った2009年に骨組みだけ造って放置されていたレゴ・エアロボット、通称エアブロック。

7年経ってようやく製作を開始。色が赤いのは設定がそうだから。劇中では暗い画面と汚し塗装でかなりダークな色に映っていた。完成品は黒か茶色にしなければならないかも。

これ、ガンレッグ(レゴ・ガンヘッド)の3倍ぐらいある巨大レゴ作品なので、なかなか手をつけられなかったのだが、ガンヘッド30周年まであと3年しかない事に気づき、慌てて着手した次第。

 

Photo_2 ▲ エアブロックの頭部

まだ完全に完成したわけじゃないが、一応このデザインをベースに仕上げていこうと思う。

3つの目は複眼センサーと三連主砲を兼ねる。

 

Photo_3 ▲ 冷却コンプレッサー

かなりリアルに出来たと思う。エアロボットはこの部分が「ガン!ガン!」と音を立ててピストン運動しながら進むのが特徴的だが、このレゴ版も劇中と同じようにピストン可動できる。

 

Photo_4 全体だとかなり大きいロボットだ

 

Photo_5 ▲ 前部電磁装甲システムと二連パワーブレード

これでガンヘッドを押しまくる。後部にも電磁装甲システムがあり、これによりエアロボットは実体弾をハネ返す。ガンヘッドの実弾兵装ではエアロボットに歯が立たない。

―なぜ部位ごとに写真を撮るのかというと、7年も放置(あえて「挫折」と言わない)した反省から、巨大レゴモデルの建造がいかに大変かに気づき、こりゃ一筋縄ではいかないと、全部を一括で建造するのをあきらめ、戦艦大和で有名な「ブロック工法」を採用することにした。最初は巨大な機体を三分割にし、左舷・中央部・右舷とそれぞれ別個にし、ピンで接続できるようにした。だが部品不足もあってなかなか完成しない。そこでさらに細かく分けることにしたのだ―

今回投稿した部位だけでも軽くン千円はかかってる。
全体ではン万円。そんなカネどこにある??

 

Photo_6 ▲ “今年の夏はコイツが凄い!”

戦いが始まる、愛と勇気の戦いが―。

 

|

« HAPPY NEW YEAR 2016 | トップページ | レゴでエアロ・ボットを作る その2 »

ガンレッグ(LEGO GUNHED)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157368/64045642

この記事へのトラックバック一覧です: レゴでエアロボットを作る その1:

« HAPPY NEW YEAR 2016 | トップページ | レゴでエアロ・ボットを作る その2 »