ガンレッグ(LEGO GUNHED)

2017年6月30日 (金)

レゴでエアロ・ボットを作る その5

前回の投稿から4ヵ月近く経過した。何もしていなかったわけではなく、水面下では複数のプロジェクトが進行していた。

レゴ・エアロボットの方は完成の見込みが立った。本当なら当サイト10周年の昨年内には完成させるべきだったが、製作費や部品調達、作業時間や保管場所の確保等、やってみると案外大変で、その1を投稿してから1年近くかかってようやく完成の見込みが立った。

スターウォーズの要塞デススターは、物資の調達に苦労して、建設に20年もかかったらしいが、その気持ちはよく分かる。調達に時間がかかってる間に集中も切れるし、やっと部品が確保できても、すぐに作業に取りかかれるタイミングとは限らない。大きな機体の保管場所にも苦労して、やっと作業を再開しても、前回どこまでやったかを忘れていて、「この部品、何に使うんだっけ?」と迷ってしまって集中できない。さらに他の案件も色々抱えていて、そうこうしているうちにあっという間に1年が過ぎてしまったのである。モノ作りにはかなりの集中が必要だと分かった次第。実はマザータワー建設も手掛けていて、それをガンヘッド30周年の2019年までに完成させなくてはいけないのだ。デススター並みに大変だ。

右舷、左舷、中央部と造ってきて、どれもほぼ完成の域。中央部の写真をまだ撮っていないが、試しに三区画を連結してみると…目の前にエアロボットの立体物が出現した! コトブキヤがキット化する前にこちらが先出しできる見通しになった♪

さっそくレゴ・ガンヘッドと並べて対決シーンを再現!といきたいところだが、コンポの上で7、8年間ホコリをかぶっていて使用不能。ニム軍曹のジェットヘリも同様だ(こちらは4、5年)。ホコリを取るのは容易ではない。また新しい機体を造るか?それも大変だ(汗)

2019年に全てのモデルが完成したとしても10年かかったことになる。まさにデススター並みだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

レゴでエアロ・ボットを作る その4

Port01 ▲ 完成間近の「左舷ブロック」

ブーム式重機にしか見えない。巨大なアームは重量が凄くて、支えるのは大変だが、根元のヒンジ部品は丈夫でちゃんと支持できているようだ。シリンダーを増やせば、もっとリアルに見えるかもしれないが、まだやっていない。

 

Photo ▲巨大アームを横に傾け、ハサミを開いて攻撃態勢

この格好なら重機というより生物的な感じ。巨大なハサミでガンヘッドに襲いかかる迫力! これはあくまで副アームで、もっと強力な主アームが、まだ未完成の「中央ブロック」に付く。しかしその重量を支えて取り付けるのは容易ではない…。

 

Photo_2 ▲ 別角度から

ブームスイング(旋回体)が灰色のレールに沿って前へ移動するようなデザイン。あくまでデザインなので本当にスライドするわけではない。そういうギミックを付けようと思えば付けられるが、このモデルではパイロット(!)のバイオドロイドが乗り込む内部空間を設けたので、その分ギミックはあきらめた。アームの可動域が広がったからって 何だというのだ。

 

Photo_3 ▲忍者屋敷のような隠しドアから バイオドロイド

パイロットというより砲手という感じか。
万一エアロボットが敗れたら、このドアから
飛び出して、歩兵として戦う。無敵の兵士だ。

内部は広く、ニム軍曹を閉じ込める牢屋まで
作られているが、内装を仕上げるパーツが
間に合わなかったので、また次回にする。

 

Photo_4 ▲ 三連装高角砲と隠しドア(男のロマン)

エアロボット・ファン(そんな人いるかな?)は「おや?」っと思ったと思うが、エアロボットの副砲は右舷と同じ「リニアレールキャノン」のはず。筆者もそのつもりでもう一門用意していたのだが、途中でこの三連装の副砲のアイデアを思いつき、実装してみたのだ。

オリジナルの武装なので、資料には無い。自分で勝手に設定を付けるなら、例えばテキサス・エア・レンジャーズがドローン兵器を開発したので、それに対抗すべくカイロン5がハイテクの対空砲に換装したとか。レンジャーズがドローン兵器を開発した理由、それはロボット戦争で最後の一機になったガンヘッド507号が機能停止する直前に「エアロボットの弱点は目である」と打電。この情報を基にエアロボットの弱点攻撃に特化した特殊な兵器の開発が各州(かつての各国w)で行われた結果、エアロボットの攻撃を避けながら近づき、蜂の一刺しで目を破壊する特殊工作ロボット「エアドローン」が開発された! 東宝の正月映画は『エアロボット対エアドローン』で決まりだ! 企画料よこせ!

三連砲を取り外すと、バイオドロイドが穴から銃を撃つトーチカとなる。映画「ガンヘッド」が独ソ戦のメタファーであることはあまり知られていない。もし今の時代にガンヘッドをリメイクするなら、グローバル化と一般国民の戦いを暗喩的に表現したらどうか? アニメ的人型ロボットやゲーム的顔なしロボットを「現代(CG)」の象徴として出し、映画的な車輪ロボットのガンヘッドを、取り残された「近代(実写)」の象徴として描き、両者を対決させる。平成オタクと昭和サブカルの代理戦争。まさに“誰も見たことのない戦場”となる!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

レゴでエアロ・ボットを作る その3

Photo_2 ▲ 完成間近の「右舷ブロック」

戦艦大和の方式「ブロック工法」でやっと1/3だけ出来上がった感じ。後は中央部、左舷部と作り、最後に3つのブロックを合体させるとエアロポッチ(レゴ・エアロボット)完成となる。

しかし実際は1/3ブロックでもなかなか完成せず、もっと細かい部位に分けて制作しているのが実情である。

 

Photo_3 ▲ 二連ブレードは装甲の中に収納できる仕掛け。

完全に収納出来るのだが、分かりにくいので少しハミ出させて撮影している(クリックで画像拡大)。リフォームの匠のオリジナル家具みたいで楽しい仕掛けだw

全体的に古い軍艦のようなデザインだ。 細部はまだ未完成で、砲塔は回転しないし、ディテール類もつけなきゃいけない。

 

Electromagnetic_armoring_system ▲ 電磁装甲システム(ドーナツ型核融合炉

前稿で説明した電磁加速砲(レールキャノン)の原理を反対に弾をはね返すために使ったハイテク装甲システムだ。ガンヘッドが撃ち込む弾丸を急速に減速させて、無力化する。対ガンヘッド用兵器であるエアロボットの目玉機能なのだ。言うなれば電磁減速装甲ってわけ。

この不思議なデザインの部位は超小型プラズモイド核融合炉を兼ねる。なんと原子力で動いているのだ!
ウィスキーで動くガンヘッドと雲泥の差。

 

Superconducting_battery_armored_cas ▲ 超電導バッテリー入り装甲ケース

核融合で得られた膨大な電力はこの装甲ケースに収められた巨大な電池に蓄えられる。

 
前稿から2ヵ月以上経ってやっと更新。 いつ完成するんだって感じだが、資金繰りが厳しい。好事魔多しというか、「よし、完成させよう!」と思った時に急な出費があって製作が頓挫するという事を繰り返した。

 

Photo_4 ▲ ローコスト機“ミクロヘッド”を開発中

 
レゴで巨大なセットを組もうと思ったら何百万かかるか分からん。そこでガンヘッドの方を小さくしてしまおうというアイデアだ。ミニフィグ・スケールのガンレッグを「宣伝用モックアップ」とすると、スタチューエット・スケールのミクロヘッドは撮影用ミニチュアってところか。実際、映画『ガンヘッド』の撮影でも数種類のミニチュアモデルを使い分けていた。1億近くかけたという実物大モデルは結局ほとんど使われていない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

レゴでエアロ・ボットを作る その2

Cimg4341 ▲ 現在製作中の大型パワーアーム

ガンヘッドを叩きまくり、主砲をもぎ取り、壁をぶち壊しまくる、エアロボットの象徴的兵装だ。

といってもまだ未完成で、アームを動かすシリンダーやブームを取り付ける旋回体などをこれから作る必要がある。 パワーアーム製作だけですでに1万円以上かかっている(!)のだが、さらにもう1本、左舷用のパワーアームも別個に製作しなければならない。 悪夢だ。

 

Highpower_discharge_blade ▲ 高出力放電ブレード部は7枚刃になった

資料写真では8枚刃、というか真ん中下部の小さい刃が3枚組になっているのが確認できるが、レゴ版エアロボットではスペースの関係で小さい刃を2枚しか取り付けられなかった。こんなことで驚いていてはいけない。レゴ・モデル化では賢い妥協が重要。資料通りに再現すると言えばカッコよく聞こえるが、実は愚策なのだ。嘘だと思うならやってみろ(2013年にガンレッグをベースにしながら細部は忠実に? 改作した人がいて、頑張ってはいるけど、欠点も多く、微妙な「再構成」となった。 どうせ模作するなら全体の雰囲気を汲んでほしかった)。

 

Linear_railcannon ▲ リニアレールキャノン

エアロボットの副砲で、1分間に600発という連射速度を誇る電磁加速砲だ。主砲は前稿で紹介した顔/頭部(筆者は“ビームヘッド”と呼んでいる)の三連装荷電粒子砲だが、発射速度が遅め(1分間に30発、しかも10秒間程度しか連射できない)のため、この副砲でカバーする。

レールガンはビーム砲ではなく、実体弾を発射するハイテクの大砲だ。荷電粒子砲と並びSFメカではよく使われる武器で、電磁誘導により超高速で弾を撃ち出すという。 火器と違って、低反動、長射程、高命中率、高貫通力なのだという。

荷電粒子砲、レールガン、電磁装甲といった、未来の超兵器で固めたエアロボットに対し、ガンヘッドは20世紀然とした銃砲や装甲しかなく、攻守ともに雲泥の実力差があった。そもそも重量からして3倍違う。この「弱さ」がガンヘッドのリアルさだと思うのだが、みなさんはどう思われるだろうか?

ロボット戦争の敗北から9年後、ガンヘッドはビーム砲と反射装甲を備えた未来型「ガンヘッド2」に進化したと開発ヒストリーにはある。それでエアロボットに勝てるのか? 対ビーム攻撃用の軽い反射装甲は、レールキャノンの直撃や巨大ブレードの強打にも耐えられるのか?

 

Photo ▲ 巨大な放電ブレードが ガンヘッドを猛打

ところで、この製作日記のタイトルが若干変わった
ことにお気づきだろうか? エアロボットの表記が
「エアロボット」となっている。

筆者は長年「エア・ロボット(Air robot)だと思っていたが、資料の表記をよく見ると「AERO-BOT(エアロ・ボット)」とある!

というわけで「エアブロック」というコードネームも改めなければならない。 新レゴ名は「エアロポッチ」!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

レゴでエアロボットを作る その1

Photo ▲ レゴ・エアロボットの制作を開始

レゴ・ガンヘッドを作った2009年に骨組みだけ造って放置されていたレゴ・エアロボット、通称エアブロック。

7年経ってようやく製作を開始。色が赤いのは設定がそうだから。劇中では暗い画面と汚し塗装でかなりダークな色に映っていた。完成品は黒か茶色にしなければならないかも。

これ、ガンレッグ(レゴ・ガンヘッド)の3倍ぐらいある巨大レゴ作品なので、なかなか手をつけられなかったのだが、ガンヘッド30周年まであと3年しかない事に気づき、慌てて着手した次第。

 

Photo_2 ▲ エアブロックの頭部

まだ完全に完成したわけじゃないが、一応このデザインをベースに仕上げていこうと思う。

3つの目は複眼センサーと三連主砲を兼ねる。

 

Photo_3 ▲ 冷却コンプレッサー

かなりリアルに出来たと思う。エアロボットはこの部分が「ガン!ガン!」と音を立ててピストン運動しながら進むのが特徴的だが、このレゴ版も劇中と同じようにピストン可動できる。

 

Photo_4 全体だとかなり大きいロボットだ

 

Photo_5 ▲ 前部電磁装甲システムと二連パワーブレード

これでガンヘッドを押しまくる。後部にも電磁装甲システムがあり、これによりエアロボットは実体弾をハネ返す。ガンヘッドの実弾兵装ではエアロボットに歯が立たない。

―なぜ部位ごとに写真を撮るのかというと、7年も放置(あえて「挫折」と言わない)した反省から、巨大レゴモデルの建造がいかに大変かに気づき、こりゃ一筋縄ではいかないと、全部を一括で建造するのをあきらめ、戦艦大和で有名な「ブロック工法」を採用することにした。最初は巨大な機体を三分割にし、左舷・中央部・右舷とそれぞれ別個にし、ピンで接続できるようにした。だが部品不足もあってなかなか完成しない。そこでさらに細かく分けることにしたのだ―

今回投稿した部位だけでも軽くン千円はかかってる。全体ではン万円。そんなカネどこにある??

 

Photo_6 ▲ “今年の夏はコイツが凄い!”

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

ガンレッグ新製品ラインナップ2013

Texasairrangers_2 ▲ マザータワー屋上の悲劇を再現!

炎上するテキサス・エア・レンジャーズのジェットヘリ、
それを遠くから双眼鏡で覗くBバンガー、襲いかかる
バイオドロイド(手にはテキスメキシウム)、それに殺
されるボクサー(斉藤洋介)とブーメラン(ドール・ヌィ
ーン)。

屋上にはメリーアン号が着陸しているはずですが、そ
のモデル(フィグ7人乗り!)はまだ半分ほどしか出来
ていないので、今回の撮影には間に合いませんでした。

これらのモデルや人形を、本格的なセットに置いたら
迫力でしょうね!映画撮れますねw

2009年のガンレッグ以来、第2弾のレゴ化となったレンジャーズのジェットヘリですが、見ての通りまだ真っ黒で、T.A.R.のロゴをマーキングしていません。
自宅でシール(デカール?)なんか作ったことないんで、どうしようかなぁと思って…。

それから、コアなファンは気づいたでしょうが、このヘリコプターのプロペラは本来3枚刃なんですが、それだとブレードが邪魔で肝心の機体やキャノピーが見えにくくなると分かったので、ワザと2枚刃にしました。

人形を出し入れして遊べるスライド・ドアと共に、レゴ版ガンヘッドオリジナルのデザインだと理解してください(ブレードを極力細くすれば3枚でも機体が見えるかもしれないので検討中)。

前の記事でお伝えしていた「コマンダー機(仮名)」というのは本機のことではありません。本機と併せてまた別のちゃんとした記事で紹介できればと思います(その時はまたお約束の原田節を披露させていただきますw)。

愚連隊Bバンガーのレゴ人形については、前の記事では「加工を行うからまだまだ」とお伝えしましたが、今回はとりあえず現状のモノをそのまま使用しました。それでも2009年版よりは進化したでしょう?


Texmexium  ▲ 2013年版からよりリアルになったミニフィグたち


ミニフィグトイドと名付けたテレビバエ…じゃなかった、
レゴ版バイオドロイドは、現状のLビルダー(LEGO B
-BANGERS)と同じく加工ナシの正統レゴ人形なんで
すが、このキャラについてはこれで完成とさせていた
だきます。また詳細をアップできればと思います。
(実は一部、切り取り加工が必要なんですが…)。

というわけで、2013年はガンレッグ再起動(ガンヘッド再評価?!)の年です!(コトブキヤに負けねぇぞw)

一応、レゴ・スターウォーズのマネして、毎年新作を発表しようかなぁなんて考えてますw このままいくと2014年はメリーアン号、15年にはエアロボットの登場か!?

楽しみですねぇ~w
(しかし、ジェットヘリの登場まで3年半かかった…)

とりえず2013年はテキサス・レゴ・レンジャーズ(LEGO T.A.R.)を完成させる年にしたいです。

前の記事で触れたマザータワーのレゴ化なんざ、まだまだすっと先!みなさんの家で余ってるブロックがあったら譲ってくださいね(特に灰色や黒など)。

基本的に、ガンヘッドに出てくるメカは、リアルを追求した代償か、魅力の無い地味なデザインばかりなので、誰も作る人がおらず、いたとしても途中で挫折してきたんだろうと思います(つまらないからw)。

まぁ私もどこまで出来るか分かりません。いろんな事を片手間にやっている人間なので、なかなか進まないかと思いますが、長い目で応援してやってくださいね☆(他に作ってくれる人が現われたら、私はこの慈善活動から撤退します)

あ、それからガンレッグ製作委員会に参加してくださるガンヘッド・ファンやスキルを持ったマニアの方、募集してま~す!(誰かコマ撮りやって!)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

LEGOマザータワー建造計画

Gunlegbattalion
           ▲“運命のフロア”!?

23年の時を経て正式なプラモデルが発売されたり、上映会が開かれたりして、最近『ガンヘッド』が俄かに盛り上がってるみたいですね。

来年あたり、TV放映時の吹き替え音声付きでブルーレイ化されたりしたら、もう再評価は決定的かも知れません。

そんな状況を尻目に、当ブログは沈黙を続けていま
した。環境が変化したり、忙しかったり、いろいろあっ
て…。

それで、今日は久々に沈黙を破り、レゴで作る
マザータワー建造計画(というか構想)について
お話したいと思います。

なんか私は、ネットでもリアルでも「ガンヘッドの大ファン」と思われているらしく、プラモなんか出たら「遊ぶ用」「飾る用」「保存用」と3つも注文するキモヲタの変人で、ゴジラ誕生際のガンヘッドの部には前売り券で駆けつけて、カレンダーとポスターを買ってサイン会に参加し、2時間ものトークショーを熱心に聴き入り、3,150円もするTシャツを複数枚買って帰る…というようなことをなぜしないのか?とよく訊かれます。

そ、そんなコト…しませんよっ!
ファンじゃないんだからっ。(>ω<;)°。

ガンヘッドは最低映画で、そんなモノを好きになるのは
キモヲタです!
私はそんな人間じゃない!。・"(>0<)"・。

それで、閑話休題。マザータワーの話ですが、構想や
計画だけは俄かに現実味を帯びてきました。

今までは単なる「夢想」に過ぎなかった、巨大なレゴ・
マザータワー。それを実際にあれこれ設計できるよう
になったのは、登場メカのレゴ化がかなり進んできて、
それらの大きさを基にしてマザータワーのサイズも想
像できるようになったからです。

【LEGO化進捗状況】

ガンヘッド → 完成・ディテールアップ待ち
エアロボット → 3年前に巨大な骨組みだけ作り、
           放置状態。
メリーアン号 → 半分ほど完成。
            大きいのでまだまだかかる…。
ジェットヘリ → コマンダー機のみほぼ完成。
           仕上げ・マーキング・撮影待ち。
ガラクタ・トラック → 未着手。
ペリスコープ(のぞ器)→ 未着手
カイロン5 → 未着手。
バイオドロイド → 完成。撮影待ち。
知性地雷 → 未着手。
ロボ・コーラ → 未着手。
B-バンガー → ディテールアップ中。
           加工を行う予定なので
           まだまだかかる。
連邦攻撃兵 → ディテールアップ中。
           ヘルメット自作待ち。
歩兵戦闘車両(オリジナル)→ 計画あり。
工作ロボット → 夢想中。資料なし。
WIG(大隊輸送機)→ 構想なし。資料なし。
FV(別動隊輸送機)→ 構想なし。資料なし。


分かってきたのは、小さいメカは実現可能だが、巨大
なメカや建造物はかなり難しいということです(当たり前
か!)。 マザータワーの巨大さたるや、あのデススター
(実際の直径は3km程度と言われている)の半径に匹
敵するほどだから、それをミニフィギュアの寸法に合わ
せて作ったら大変な大きさになる。戦艦大和どころの話
ではない、あまりに巨大過ぎる!

そこでダウン・サイジングを考える。市販のレゴ・デススター(4万円!)は、戦艦たるレゴ・スーパー・スターデストロイヤー(4万弱)よりも遥かに小さい(短い)。

そこでマザータワーも大幅に縮小、構想段階からほとんどミニチュアになった。これで問題解決…いや、そうではない。まだ巨大なのだ…。

2畳ほどの広さを要するミニチュアなのである。

なぜそんなに大きなミニチュア(レゴ・デススターの何倍もある大きさ)にしなければならないのかというと、このタワーの陰にレゴ・メリーアン号の実機(ミニチュアじゃない)を離着陸させたいからなのである!

ダウン・サイジングにあたり、運命のプレートで対決するガンレッグとエアブロックはミニチュアで再現せざるを得ないが、せめて屋外の飛行機やヘリコプターだけはミニフィグ・スケールの実機で遊べるセットにならないかなぁと(運命のプレートでミニフィグが使えないということは「ジェロニモー!」が再現できない…大欠陥!)。

タワー内部・地下空間も、ダウン・サイジングとはいえ
ミニフィグを入れて遊べるスケール。
エレベーター等のギミックも付けたいです(バイオドロ
イドの襲撃やTシャツの意味)。

まぁ、すべては構想段階であり、実際に建造するには
膨大なレゴ(莫大なおカネ)が必要になります。

ソーシャル資金調達サイトで寄付でも募ろうかな?!
ハァ…。

3年前にレゴ・ガンヘッドを投稿した時には「(超有名な)
レゴ戦艦大和と比較してもらってかまわない」と原田節で冗談を書きましたが、このレゴ・マザータワーが完成した時には、本当に市販のレゴ・デススターと比較されるような超カッコいいレゴ要塞になっていてほしいです。

そして、そして、念願のビデオカメラによる自主映画
『ガンレッグ LEGO GUNHED』の撮影セットに使いた
いです!

というわけでみなサン、巨大なレゴ・マザータワーを作る資金を、出してくれませんか?(笑)

ガンレッグLEGO GUNHEDの写真集(ブリック・シェルフ)はこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

GUNLEG

Legohed_2
 
GUN unit of Lego Excellent Gadget
 
ブリックリンは大阪で生まれ、普通の家庭に育ったが、
連邦政府軍に入隊して有人型ガンレッグのパイロット
になった。(“ブリック”はレゴ・ブロックの意)

しかしダイヤブロック攻防戦において行動不能となった
自機のコックピットに1週間閉じ込められ、コックピット恐怖症(=閉所恐怖症)になってしまい、不名誉除隊に…

その後 愚連隊Lビルダーに拾われてトレジャー・ハンタ
ーとなり、13年前のレゴ・ロボット戦争の戦場だった絶
海の孤島B05にやって来た。

そこでブリックリンは機能停止状態で眠っていたガンレ
ッグ507号をロボット墓場で発見し、同時に島を牛耳る
反乱コンピューター “ブロック5”の恐るべき ミニフィグ
殲滅計画を知る。

ブロック5の野望を阻止するためにガンレッグ507を修理したブリックリンは、閉所恐怖症を押してコックピットに乗り込み、かつてガンレッグ大隊を滅亡に追い込んだ巨大な敵機エアブロックが待つ“運命のフロア”を目指して出撃したのだった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特報!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

ガンレッグL1戦車モード

Tank_mode2    ▲ レゴ・ガンヘッドの戦車形態(タンク・モード)

 

Roger

 

Procese      ▲ 部品の付け替え無しで、完全変形!!

 

Tank_mode1          ▲ “動く棺おけ”、完成♪

 

 

Whisky      ▲ 「ここが最後のガソリンスタンドだ!」

 

 

Lastgasstand     ▲ 「頼むぞガンレッグ、酔っ払うなよ~ぉ!」

 

 

Back2            ▲ 戦車のうしろ姿

 

G1   ▲ 腰の無いモデルを使用した映画の戦車モード

レゴ・ガンヘッドのスタンディング・モード(ロボット形態)の画像は コチラ をクリック!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)