風水・家相のテクニック

2008年9月10日 (水)

究極の方位取り

人気カテの更新が遅くなりまして、ごめんなさいm(__)m
(…みんなの欲望とオデの興味は正反対!)

では、今回から家相鑑定に入っていきます。

家相を鑑定するには、方位を設定しなければならない。

空間(水平360度)をいくつかに分割し、その各エリア
ごとにそれぞれ意味づけした上で、対象となる家宅の
該当領域がどうなっているかを観て、吉凶を判断する。

八卦を割り当てて8方位、十二支を割り当てて12方位に区切るのが一般的だろうか。

“自閉風水”宗家では 24方位に区切っている。

六十四卦で64方位、三百八十爻で380(!)方位。

…あまり細かすぎると覚えられなくなるし、何より実際の建築物をそこまで正確に細かく測量したり、建築したりするのは、技術的・物理的に不可能であろう。

“自閉風水”宗家が採用している「二十四山方位」は、十二支をベースにしつつ、さらに実用性を高めた方位取りである。

筆者が「八方位」を採用しなかった理由は、8分の1という広いエリアが1区画となるため、例えば「西は収穫の方位だから凶にしたくない!」と要望した場合に、8分の1を占める広大なエリアに火器や水場を一切配置できなくなる。これでは住宅を設計する場合にやりにくく、どこにも何も配置できなくなるだろう。

では、十二支で12方位に分けた場合はどうか。これについては筆者個人の経験上、「十二支占い」がなぜか当たることが多いため、コレを方位に配当してしまうと、全ての方位が重要になってしまう。やはり凶設備の置き場に困るワケだ。

そこで筆者が目をつけたのが「二十四山方位」である。360度を15度ずつ、24分割するこの方位取りでは、「十二支」が隣接する境界部分に ほとんど使われることのない「十干」が配当されており、ココに火器や水場を置くことで十二支占いには抵触しない家が実現する。(-。-)y-゜゜゜

五行説を陰陽に分けた「十干」が、方位のエネルギーになるとは思えないし十二支の真中だけ吉相にできれば概ね良いのだ…っという要領の良い合理的な方位取りとして「二十四山方位」を用いている。

とはいえ、細かく分けたとしても、やはり基本となるのは「八方位」である。「二十四山方位」は15度ずつだから、3方位で45度。つまり「八方位」の1区画となる。

まずは「八方位」の理論で8種類の大まかな方向性を
鑑定し、そのあと必要に応じて細分化した「二十四山
方位」も観ていき、実際の判断を下す。

これが“自閉風水”宗家の家相鑑定スタイルである。

これはやはり “易”の思想に由来するものであるが、筆者は根拠が何であるかに関わらず「八方位」の理論は概ね信頼している。科学的根拠は無いし、因果関係も不明だが、なぜかその理論どおりになるのである…。

最後に筆者お得意のダジャレを言わせてもらうと、ギリシャ文字のΩ(オメガ)には“究極の”という意味があり、これが24番目のアルファベットなのである!

            <`~´>y-゜゜゜

次回は家の形状から吉凶を判断する方法を紹介する予定です。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月28日 (月)

三合会局

みなさまのお待ちかね「風水・家相のテクニック」、
久々の更新でございま~す!

筆者は巳年生まれ。「巳(南南東)」と相性が良いのは「丑(北北東)」と「酉(西)」。

巳、丑、酉 は筆者が大事にしなければならい方位ということになるが、この三局、実は「三合局」と呼ばれる“金運トライアングル”でもあるのだ。

巳、丑、酉は、五行説では 火→土→金 という「相生(そうじょう)」の関係。 金を生み出す!ってワケだ。

三合は「局(金運)」以外にも、「局(名誉運)」「局(家庭運)」「局(成長運)」といった相性の良いグループがあり、このような分類を「三合会局」という。

相性の良いグループの三局全てが吉相になっている状態を「三合相」といい、この相が出ている家では、そのグループの司る運勢(金局なら金運)が安定するといわれている。(詳しくは下図参照。クリックで画像拡大)

Photo_4

図を見て分かる通り、十二支の全ての方位が重要なエリアとなっている。十二支全て、つまり四種類ある三合会局の全てを吉相にするのが理想だ。

図では二種類しか「三合相」になっていないが、これでも滅多にお目にかかれない吉相である。

実際の住宅では火器や水場、トイレといった凶相になる設備を数多く配置せねばならず、四種類の三合相のうち一種類でも実現させるのは大変なのである。サザエ邸がいかに運の安定した家か、これでお分かりだろう。

三合のうち、二つ揃うだけでもかなりのパワーがあるとされるが、やはり風水マニアとしては全部の方位を吉相にしたいですねぇ。ちなみに上図の例では火局と水局が二つだけ揃っており、三合相より若干パワーダウンしているといえる。木局と金局については三合相だ。

このような理論は三局の意味を五行説で解釈した相性判断なので、五行説を信じない人にはナンセンスということになるが、“自閉風水”宗家では干支による二十四山方位を「細かい方位取り」として便宜的に用いている関係で、言わばオプショナル・パーツとして三合会局のテクニックもその体系に加えているのである。

次回はいよいよ家相の鑑定法をレクチャーします。
アクセスしてね!

         ↓金局三合相の開運グッズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

干支の意味

自閉世界で人気ダントツ№のカテゴリー「風水・家相のテクニック」が久々の更新です。お待たせしました!

7月以来、全く更新していなかったにも関わらず、現在でもトップのアクセス数を誇っており、このカテゴリーがいつの間にか自閉世界の目玉コンテンツになっちゃってる現実に、筆者はやっと気付いた(-。-)y-゜゜゜

筆者としては「もういいかな」と思っていた風水記事
ですが、今後も気が向いたときは更新しますね!

閑話休題、筆者が生まれた年は「丁巳(ひのと・み、
テイシ)年」、甲子園が建った年は「甲子(きのえ・
ね、コウシ)年」である。天文学的な方角の単位で
時間を定義しているわけだ。これを「暦法」という。

このようにして方角と時間を関連付け、相性や吉凶を
判断するのがホロスコープという文化である。

  占星術の正体はダジャレなのである。

「十二支(じゅうにし)」は古代中国の天文学上、十二年周期で木星の位置を示す単位だったが、この十二の方位に「十干(じっかん。五行を陰と陽に細分化した十種の属性)」を組み合わせたものが「干支(えと)」である。

干支(十干と十二支)は何を暗示しているのか。

甲(きのえ) : 出世

乙(きのと) : 和合

丙(ひのえ) : 甲斐性

丁(ひのと) : 才能

戊 (つちのえ): 世渡り

己 (つちのと): 約束を守る

庚(かのえ) : 硬剛(武術)

辛(かのと) : 玄人(学問)

壬(みずのえ) : 勝利

癸(みずのと) : 秘密

子(ね) : 創始

丑(うし) : 継承

寅(とら) : 慎重

卯(う) : 萌芽(兆し)

辰(たつ) : 成長

巳(み) : 平定

午(うま) : 転換

未(ひつじ) : 未だし(若い)

申(さる) : 伸びる

酉(とり) : 出現

戌(いぬ) : 備蓄

亥(い) : 最期

この二十二種類に「艮」「坤」「乾」「巽」を加え、さらに「戊」「己」を除いて二十四の方位としたもの(360度を
15度ずつに区切ったもの)を「二十四山方位」という。

筆者の流派「“自閉風水”宗家」(笑)の方位取りでも
この「二十四山方位」を採用している。

次回は十二支を利用した家相の開運法をレクチャーします。お楽しみに!

六星占術が教える十二支の読み方―あなたの宿命は、これでわかる (ノン・ブック・愛蔵版)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 2日 (月)

地理風水

発達障害者支援センターのセンター長さんが新居を探していると聞いたので、ここはウツを押して緊急特集を組みます。風水です。

筆者が暮らしている地方は、マイペースでダラしない人が多い地方として有名です。他府県と比べて発達障害者がやたら多いような気がします。

そんな地方のセンター長ですから、ご本人もきっと筆者と同じく他力本願志向の強い方だと思います。

同長が幸せになれますように地理風水というものをご紹介します。

どんな土地に住むかで運命が決まるという話を信じますか?

幸せになる土地は次の通り。

●洪積層の丘陵台地、または砂礫地質の扇状地

●工場やゴミ処理施設の近くは避け、閑静な住宅地

●お寺や神社の近くは避け、学校や公園に近い場所

●坂道や交差点の近くは避け、交通量の少ない場所

●駅前や高圧線のある場所は避け、景観の良い風致地区

●河川の近くや低地は避け、鉄道からは200m以上離れた場所

●道路の突き当たりは避け、走っている道路の側面に接する敷地

●袋小路や旗竿地、道路の角や突き当り、カーブの外側は絶対に避ける

「そんなの当たり前だろ!」という声が聞こえてきそうですが、こういう基本を守るのが大層むずかしいんです。

それにしても、センター長サンの引越し理由にはあきれました。発達障害とは違う意味でのダラしなさ。

くたばれ!センター長。

お前は大日本人のUAと同じだ!

風水気の景観地理学

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月17日 (日)

家相学

どんな家に住むかで運命が決まるという話を信じますか?

幸運に恵まれる家は次の通り。

●木造平屋建て35坪(これ以上広いと凶)

●東西南北に平行した敷地(袋小路や旗竿地などの変地は避ける)

●東西南北に平行して建ち、東西に長い建物

●土地や建物の外周形状は張り・欠けの無い綺麗な矩形(できれば黄金比の長方形)

●基礎は布基礎、屋根は切り妻

●道路付けは南公道。建物との間にセットバックを設ける

●塀は低めの生垣

●門扉は玄関の真正面にならないようにズラして設置

●アプローチは蛇行させる

●広めの玄関、最低限の廊下(できれば設けない)

●梁無し、吹き抜け無し、天井有り、収納は多め

●玄関は東、水場は南東、リビングは南、子供部屋は南西、仏間は西、神棚と書斎は北西、寝室は北、納戸は北東、ダイニングは家の中央

●樹木は北西に常緑樹、南西につる棚、塀の生垣、他には植えない

●25坪未満の狭小住宅では風呂場を設けない

以上が一応の基本となる。他にもいろいろあるのだが、制約が多すぎると何もできなくなる。

プロの風水師がよく言うのは「個人の生まれ年によって吉凶は異なるから、どんな家が良いかなんて一概には言えない」ということ。

しかし建築物は個人のモノではない。誰が住んでもまずまずの結果が得られるモノを作らなければ意味が無いのだ。

ヨーロピアン・バグア風水―願いが叶う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

部屋割り

ベストポジションを確保しましょう。

神仏の部屋…北or北西or西

長男の部屋…北東

次男の部屋…北

主人or三男or末の息子の部屋…北西

長女の部屋…南東

次女の部屋…南

主婦or三女or末の娘の部屋…南西

ペットの部屋…西or南

風水でつくる 成績が上がる勉強部屋―毎日の学習から、受験・各種資格試験まで

一家の大黒柱を優先して部屋割りを考えましょう!

住みやすい家具配置がわかる間取りの本

日本人の知恵袋―日本人らしい生活空間とは

パワーストーンで作るパワースポット―誰も書かなかった!! あなたの「間取り」は、凶?吉?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

家相の良書

物凄くコストパフォーマンスの良い家相本がある。

家相のよくなる設計と間取り―一戸建て・マンション・改築・土地で開運する! 』という本である。

値段は1500円+税。

普通の家相本よりもかなり大きい。横幅はA4版のムックと同じ。厚さはムックの2倍以上あり、ズシリと重い。これで1500円である。家相に興味の無いウチの家族ですら、この本の安さに驚いていた。

大きいといっても縦の高さがムックよりも低く抑えられている。このおかげで大きくても本棚に入りやすい。実に気が利いている。

30ページにも及ぶ巻頭カラーは圧巻。家相に興味がある人なら、このカラーページの豊富な実例写真・配置図・方位図を見ただけで欲しくなるはずである。

さらに付録として半透明の「家相盤」が付いている。これを不動産広告のチラシに重ねると物件の方位を鑑定できる。この「家相盤」には八卦、九星、十二支・十干、鬼門・裏鬼門その他、さまざまな表示があり、しかも大きくて見やすい!

内容も濃い。磁北説、方位取り、張り欠け理論、九星、五行、凶殺…等々の理論解説から始まり、各種早見表、個人・ケース別の家相、敷地選び、工事の概要、玄関・表札の吉凶、門と塀の吉凶、トイレなど各種生活設備の吉凶、家族の部屋の配置の吉凶、神仏の祭り方、2階建ての吉凶、アパート・マンションの吉凶、床・屋根・窓・廊下・階段・ドア・庭・樹木・池・車庫・物置…。

とても書ききれないが、素人には十分すぎる内容である。ベーシック、ニュートラル、オーソドックスな家相学。いろいろな流派に興味無い人にはコレ一冊で十分だ。

この量・質で1500円は信じられない。まさに激安、買わないと損をする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 7日 (月)

方位取りアラカルト

Photo_75 Photo_73 Photo_77

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

陽宅風水

Photo_108 どの方角に何を置くかで運命が変わるという話を信じますか?

(←クリックで方位盤表示)

一説には、風水インテリアが視覚から精神を刺激して人格そのものが変わり、それによって一生の運勢・宿命が全く違ったものになるという。この説が本当だとすれば、縁起物を置くだけという最も手軽な開運法が最も効果的な改運法ということになる…。

●東に青龍、西に白虎、北に玄武、南に朱雀の彫刻や絵画を安置する

●門扉付近に公母の獅子を設置する

●アプローチ付近に石敢当を立てる( 日本の石敢当―民俗信仰

●玄関ドア外から向かって右側・地上175cmの位置に浮き彫り・フルネームの表札をかける

●玄関ドアの真下に五帝銭魯班尺を埋め込む   ( 風水清朝五帝古銭吊飾りと魯班尺SET b55013

●玄関ホールに浮き彫りの家紋額をかける

●凶備である水場付近に凸面鏡をかける

●北東と南西に鬼門封じの御札を貼る

●床下やベッドの下に備長炭カーボンさざれ水晶チップ等を大量に積み上げる

●家宅の中心部に凹面鏡をかける            ( 風水照妖鏡 大型凹面鏡 b59008

●南東に龍亀、北西に貔貅の銅か真鍮でできた置物を置く( 龍亀の置物(小)

風水銅製避邪貔貅 ヒキュウ ヤーズ雌雄 一対 b42014

●南西に勉強の本、北東に銅か真鍮でできた一対の麒麟を置く( 風水の麒麟(真鍮製)

他にも様々な風水インテリアがあり、消費者としては目利きを問われるところだが、専門家の中には「風水インテリアは美容でいえば『お化粧』に過ぎない」と述べてその効果を疑問視する人がいる。

私の研究結果からいえば、先に箇条書きしたような狭義の風水インテリアとは『少しは運のある家をさらに幸せにするための補助ツール』である。

最初から運のない家の場合は引越すしかない。それができないときは次善の策として改築や模様替えを行う。

家具を動かすことすら無理というなら観葉植物を置いたり、お香を焚いたりして化殺するわけだが風水インテリアと大差なくなってしまう。

<開運>クッションカバー

水晶観葉樹

メモリアル蹄鉄 【送料・代引き料無料】

| | コメント (0) | トラックバック (1)