ふしぎだね!?中高年アスペルガーのおともだち

2008年5月14日 (水)

馬鹿果報

  “ 良寛はまるで馬鹿みだいだ。 何とまぁ その
   目指す所  歩む道が大きくて広いことよ

                良寛の師・国仙和尚

 
いわゆる“立派な社会人”じゃなくてもいいはずだ。
決して競わず、焦らず、飾らず、稚気にあふれ、心卑しくない、といった真の教養は、高知能ならずとも身に付けることが出来るし、むしろ下世話な才知など邪魔だ。

多数派は虚礼を正しいと言い張るが、しかし、“優れた英知は一見愚の如くである”とは儒教の祖たる孔子サマの言ではなかったか…。

挨拶を忌避! 世間を相手にしないのが正しい理屈だ。

超脱なるジヘー人は借り物の知識を捨てよ!
素直さに傷をつけるな。

本来なら徳のエリートになれた人間だろーが君たちは。

せっかくの長所を殺し、短所だけが目立つ“多数派の
奴隷”に甘んじているとはどういうコトだ? 説明しろ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

不確定性原理

アスペルガーおじさん達(知能が高いだけで療育は受けていない中高年アスピー)は未だ学問にすがりつづけている。

人の気持ちは分からないが IQは高い。そこで他人(健常者、俗物、集団など)の行動パターンを体系化、学問化して、一定の分かりやすい法則を見出そうとしてきた。

ところがこの、予定が決まっていることに安心する自閉オヤジ達を脅かす、恐るべき魔物が立ちはだかっている!「不確定性原理」である。

1927年にドイツの物理学者ハイゼンベルクによって発見された量子力学の定理で、測定時に起きる反作用によって正確な測定値が得られないという理論。

方角を知ろうとして磁石を置いたら磁界が乱れる。

電流を測ろうとして電流計をつないだら電流が変わる。

体温を測ろうとして体温計を接触させたら体温が変わる。

心理学の心理は、被験者の心理に過ぎない(-_-;)

碩学バカのアスペルガーおじさん達がどんなに勉強しようとも、その知識は不確定性原理によって「100%の客観性」では有り得ない。ほんのわずかでも条件が違えば結果は変わってしまうから、IQ10000の超人でも未来を予測することは不可能ということになる。カオスだ。

人間関係に悩んで宗教・哲学を勉強してきたアスペルガーおじさん達の知能などタカが知れている。無駄な抵抗はやめろ!

かくて自閉人は嫌われ者であり続ける。←この予測も不確定だよ (^O^)/

不確定性―ハイゼンベルクの科学と生涯

不確定性原理と秩序

不確定性原理―運命への挑戦

不確定性原理―量子力学を語る

ハイゼンベルクの顕微鏡~不確定性原理は超えられるか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

くたばれ!アスペルガー

  “良心を欠いた学問は、魂の廃墟である”
                    フランソワ・ラブレー

高機能自閉症とアスペルガー症候群。
2つの名前があるのはなぜか。

明確な統一基準はないが、診断する医師によってはIQで振り分ける。IQが平均より高い自閉症者は、高機能自閉症ではなくアスペルガー症候群と診断されることが多いようだ。

当サイト訪問者の検索ワード・フレーズを調べると、
「発達障害 頭悪い」「知能の低い 高機能自閉」など
があった。

筆者が障害に気づかず、うつ病の治療で通常の精神科にかかっていた頃、非当事者の分際でもアスペルガーのことは聞きかじって知っていたので主治医の先生に「先生、私はアスペルガーじゃないんですか?」と問うたが、この医師は知能に遅れのない自閉症のことを何も知らないらしく、「アスペルガーの人って特別な才能があるんでしょう?あなたにはそれがあるの?」と言われ、「いいえ、ありません。私は発達障害じゃないみたいですね」と筆者は納得してしまった。筆者が障害の診断を受けたのはそれからずいぶん後のことである。

知能の高いアスペルガー(特に早期療育を受けられなかった中高年)の言動を見ていると、いつも違和感を感じる。卑屈で卑怯なのだ。

サブカルチャーで育った平凡な筆者とは違い、良きにつけ悪しきにつけ難しい本を読むことができた知能の高い中高年アスペルガー諸氏は、押しなべて宗教・哲学・自然科学などの薀蓄にすがってきている。そういうケースが多く見受けられる。考えることはみな同じってヤツだ。

くだりの薀蓄から、“適者生存“を確信したアスペルガーおじさん達は、いよいよ偏った見識を持つようになる。

優生学を拡大解釈して人間らしい理性を破棄。シタリ顔をしては「所詮この世は弱肉強食。多数派に逆らうこと勿れ」と嘯くようになる。歴史的根拠もバッチリ用意されている。

かくてアインシュタイン博士よろしく、社会性の大切さを得々と語りながらも自らは変人のままであり続け、社会的な欲求はもっぱら知識不足の弱者を蹂躙ことで満たすが、表向きは礼儀正しいスパルタ教育の態をとっているのでイジメが発覚することは無い。悪質である。

くたばれ!アスペルガー。

お前らは多数派の犬だ。
衒学オヤジに論理性など無いわ。

良い魔女・悪い魔女がいるように、自閉ギョーカイも決して一枚岩ではない。多数派に対抗しようとしても足並みが揃わないのである。

打倒 『アスペルガーの館』! ガンバレ 『自閉世界』!
                                       ↑声が小さい

 

のび太・ジャイアン症候群4 ADHDとアスペルガー症候群―この誤解多き子どもたちをどう救うか

みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症

アスペルガー症候群と高機能自閉症―その基礎的理解のために

| | コメント (21) | トラックバック (1)